全体表示

[ リスト ]

「六甲山」  名前の由来は?



イメージ 1

今朝(5:45)の六甲山、梅雨空の霧が、重く立ち込めていました。


この、「六甲山」の名前はどの様にして付けられたのでしょうか。


これには沢山の説があり、その各々が成る程と思われるところがあります。

例えば、大阪から見て、向うの山で、武庫(むこ)山、地名も武庫郡など、

武器の倉庫(武庫)があったとか、埋められたとか、

そして、武庫山が六甲(むこ)になったとか。


万葉集には、「牟古山」、「務古山」、「六児山」などと記されており、

いずれも「むこやま」と呼んだものとか。


でも、〜〜ここでは、次の由来を信じておきたいですね。


「六甲山」という地名は、

    『六(むつ)の甲(かぶと)に 因(ちな)みある     

     山の高き名 負いもちて

     むこの広野に そそり立つ  わが学び舎に 集う子よ』


これは、神戸市立「六甲小学校」(六甲山の山頂に現存しています)の校歌です。


この校歌に歌われているように、

神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐からの帰途、

六つの甲(かぶと)をこの山に埋めたという伝説に基づいて、

名付けられたと言われています。


六つの甲(かぶと)???。そうです〜〜、

神功皇后の子供(応神天皇)を亡くす謀略にたずさわった者

6名の甲とか〜〜〜だんだんと面白くなるのですが、続きは次の機会に!!。



眺望景観形成誘導基準が施行されます。




神戸は、海と街、そして、街は六甲山を背にして栄えてきました。


その美しい六甲山の緑の山並みは、神戸の港の青と白、そして中間調の街並みが

うまく調和して神戸独特の眺望・景観を作りあげています。


イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

この素晴らしい眺望景観を、崩さないようにするため、

神戸市は、景観法と都市景観条例に基づき、規制誘導が行われてきましたが、

さらに、眺望景観形成誘導基準が制定されて、新築する建物によって、

この美しい眺望が隠されないために、高さと幅が決められて

来月(平成22年7月1日)より施行されることになりました。








この記事に

開く コメント(25) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事