ここから本文です
のんびり生物部の植物観察日記
私たちが部室で塩分濃度実験をしている、植物の“今”をお届けします。 随時更新

途中結果報告

 
 
 
 
こんにちは!!
寒さも厳しくなり始めてきました今日この頃…
生物室で育てている植物たちもすっかり大きくなり、この寒さを乗り切ろうとしています。
 
 
 
 今回の研究では、アブラナ科植物の除塩効果を確かめるべく、実験開始の土壌中の塩分濃度と、実験を終えた時の塩分濃度の測定結果をまとめてみました。
 ここでは、“始”の文字の付いたものは1031日に測定したもので、“終”の文字が付いたものについては1219日に測定した土壌中の塩分濃度の数値です。なお、各グラフの縦軸の数値は土壌中の塩分濃度(%)を表しています。
 なお、塩分濃度の測定については、プランター内の土壌50gに淡水20mlを加え、それを濾過したものを塩分濃度計で測定しました。
 
 各実験区における測定結果は以下の通りです。
イメージ 2
このグラフは、塩分濃度0.75%の塩水をかけた各実験区の土壌中の塩分濃度の測定結果です。グラフからは、コマツナ以外の植物2種において、塩分濃度が上昇していることが分かります。
 続いてのグラフです。
イメージ 1
このグラフは、1.5%の塩分濃度の塩水をかけた各実験区の土壌中の塩分濃度の測定結果です。グラフより、いづれの植物も“終”における塩分濃度が、“始”に計測したときよりも上昇していることが分かります。
 0.75%の実験区では塩分濃度が上昇していなかったコマツナに関しても、1.5%濃度の実験では塩分濃度が上昇しています。
 続いてのグラフはこちらです。
イメージ 3
このグラフは3.0%の塩分濃度の海水を用いた際の結果です。3.0%の塩水がかかるとほとんどの植物が生存できないと聞いていたので、それを実際に確かめるべく、今回は一つのプランターに3種の植物をまとめて植えてみました。
 ところが、前回のブログに記載した通り、ほとんどの植物が枯れてしまっているにもかかわらず、ハクサイについてはなぜか生き残ってしまいました。
 そこで、今回は生き残ったハクサイの根元付近の土を“右”として、植物が全滅している方の土を“左”として、土壌中の塩分濃度を測定しました。
 結果、生き残っていた植物のある区分“右”の方が植物が枯れた区分“左”よりも塩分濃度がなぜだか高まっていました。
 
 今回の実験データから読み取れることは、
・アブラナ科は塩分を吸収する植物のはずであったが、実際には土壌中の塩分濃度は下がらず、反対に高まってしまっている。
 
なぜこのような結果になったのか、色々と考察してみたのですが…なぜ塩分濃度が高まったのか…
 
 いずれの実験区での土壌の乾燥具合を見てみると、実験開始時よりも終了時の方が明らかに乾燥の度合いが高かったことから、土壌の乾燥によって塩分の濃度が増してしまったと推察します。
 アブラナ科植物の除塩効果は目に見えて高いものではなかったというのが現実でした。
 
今回の実験の発展として、
・継続して生育させることで、除塩効果の高まりを今後も追跡調査する。
・他の植物についても同様の実験を行い、より塩害に強く、除塩効果の高い作物を選定する。
 
このことを胸に、今後も実験・調査を進めていきたいと思います!!
 
 話は変わりますが、今回実験に用いたアブラナ科植物を部員みんな、そして校長先生を含めた複数の先生方に試食してもらいました。
 そして今回の試食でわかったことは、各植物の子葉はしょっぱいが、その後成長していく本葉に至っては、子葉から離れていくごとにそれぞれしょっぱさが薄れいてくということでした。
 子葉がとてもしょっぱかったというは、土壌中に含まれる塩分を吸収する際には、子葉の段階が一番塩分を吸収・蓄積しやすいということです。今後も継続して植物を生育させていくことで、本葉にも塩分が蓄積されていくのか検証していくたいと思います。
 
 また、このブログに掲載してきた実験内容や、地元での活動の様子を、東京都台東区にあります「アサヒビールアートスクエア5F」にて、発表してきました。これは、アサヒビール株式会社と、公益社団法人日本環境教育フォーラムが主催する「日本の環境を守る若武者育成塾」のプロジェクトの一貫で行われたもので、当日は各方面のメディアの方々がおいでになり、そんな中やや緊張気味で成果発表を行いました。
 
 発表内容において、私たちの活動が今後も継続的に行われるという点が高く評価され、今回「サスティナビリティ賞」を受賞することができました。私たちの活動をこのように讃賞して頂いたことはとても嬉しかったことから、今回の受賞を糧に今後も様々な実験や校外における活動を充実して行い、より住みやすい仙台市にしていきたいと考えています。
 
 今後も時々ブログの内容を更新しますので、乞うご期待ください。

この記事に

途中結果報告

 
11月29日(金)途中結果報告をします!!
 
 
まず、二つの写真をご覧下さい
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
多少わかりづらいかもしれませんが、3.0%の土のほうがとても乾燥してることが分かります。
同じ水やり日、同じ水の量、同じ環境で育ててきた植物ですが、土壌中に含まれている塩分濃度の違いで土の乾燥にも違いが出るということが分かりました!!
 
 
また、写真からも分かるようにラディッシュには耐塩性に優れていることから成長がとても早く、どの植物よりも大きく成長しました。
さらに各プランターにおいて、同じ環境で育てているが各植物において生育の差が出ており、数本は萎れているものもありました。
 
 
今回の観察で分かったことは
 
・土壌中の塩分濃度の違いで土の乾燥具合が変化するということ
 
・ラディッシュは塩分を含んだ土壌により適応できるということ
 
 
さらに発展としては
 
・今後の土の乾燥具合は塩分濃度によってどのように変わるのか
 
・今後の植物の生育具合はどのように変わるのか
 
・最終的に土の塩分濃度はどのように変わるのか
 
 
これらのことを今度も観察し、本ブログに掲載していきたいと思います!!
 
 
 

この記事に

途中結果

 
 
こんにちは!!
途中結果をお知らせします。
 
先日より研究していた、植物を用いての簡易的塩分濃度実験(詳しくは前記ブログにて)に変化がでました!
 
以下のような状態です↓↓
イメージ 1
 
 
この写真は3%の塩分を含んだ土に左から順にラデッシュ、コマツナ、ハクサイを植えたものです。
一見、ハクサイが元気そうに見えますがこれは恐らく土に含んだ塩分にバラつきがあったことから生じた現象だと考えます。
 
そのことを証明する写真がこちらです↓↓
イメージ 2
 
 
この写真は1.5%の塩分を含んだ土で育てたハクサイです。
茎が細くなり、しおれているのが目立ちます。僅かな塩分濃度の差でこのような違いがでることに驚きました。
 
続いての写真がこちらです↓↓
イメージ 3
 
 
同じ塩分濃度の土で育てたラデッシュの写真です。
この写真からは、植物の種類によって塩に対する強さ(耐塩性)の違いが分かります。
 
 
これらのことから
・塩分を含んだ土で植物を育てると、茎が細くなりしおれた
・植物の種類によって塩分に対する強さが違う   
ということが分かりました。
 
発展として
・耐塩性がある植物は、土に含まれている塩分を吸収しているのか
・多少しおれている植物は今後、回復するかどうか  
以上、これから調べていきたいと思います。
 
 
次回の投稿にご期待ください!!

この記事に

これまでの流れ

 
 
これまでの流れとして
 
10月17日(木)
実験に使う植物の種まきを行いました。
今回用いる植物はラディッシュ・コマツナ・ハクサイです。
下の写真は実際に種まきをしている様子です。
イメージ 2
 
 
 
10月25日(金)
3.0%・1.5%・0.75%の塩分を含んだ土壌制作から始めました。
これは、東日本大震災による津波の被害を受けた土壌を模擬的に作成したものです。下の写真は模擬海水(人工海水)を作成中です。
イメージ 1
 
 
 
10月31日(木)
前回作成した模擬土壌に育てていた苗の植え替えをしました。
いよいよ実験のスタートです!!
イメージ 4
 
 
 
植え替え完了!!
 
イメージ 3
 
 
また近々に更新する予定ですのでご期待ください!
 
 

この記事に

初投稿

 
 
初めまして!
私たちはアサヒビール株式会社・日本環境教育フォーラムが主催する「第8期日本の環境を守る若武者育成塾」のプログラムで活動している高校生2人組のチームです。
 
本ブログでは主に、塩分を含んだ土壌を用いて、植物の生育の様子を掲載致します。
 
活動日に随時更新する予定です。
 
ご意見、ご感想につきましてはブログ下記のコメント欄までご投稿よろしくお願いします。
 
 
 
 
 

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事