正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

真実の歴史を認識し、国益最優先の外交や日本の核武装の実現を目指します。維新政党・新風を応援します。

全体表示

[ リスト ]

「維新政党・新風」の「『憲法』政策方針」の改正の方法は、一旦現行憲法の失効させ、帝国憲法(明治憲法)を復元させ改正する方法だ。

明治憲法も完璧ではなかったが、現行憲法と比べれば遥かに良かった。


さて、昭和天皇の戦争責任について考察する。

そもそも戦争責任のある日本人は誰も居ない。

居るとすれば尾崎秀実や松本重治ら、戦争拡大の画策や和平工作妨害をした共産主義者だが、連中はソ連の手下だった。

戦争責任は、ソ連、支那、米国などにあって、日本にはない。

ましてや、天皇に戦争責任があるなどという奴は、「はだしのゲン」など極左プロパガンダに洗脳された馬鹿だけ。












Yahoo!掲示板より






服部剛という中学の社会科教諭の書いた『先生、日本のこと教えて』という本


まず最初に書かれていることは明治憲法についてです。
現在の教科書では今の日本国憲法は主権在民だが、大日本帝国憲法は天皇主権で天皇には強力な権限があって何でもできたかのような記述があるが、それは間違いだという意味の記述があります。
むしろ当時としては非常に進んだ立憲君主制を謳った憲法で、行政・立法・司法において天皇は実際に権力を行使するのではなく、行政・立法・司法において決まったことに署名をするのが仕事であったとあります。

しかし今の教科書では天皇を最高権力者とし、それがひいては侵略戦争へとつながっていったというようにわい曲しているというのが著者の意見です。
明治憲法下で天皇が絶対的な権力を行使していなかったことはちょっと調べれば確かにすぐわかることで、日清・日露戦争において明治天皇は終始反対していたけど、内閣で決定したことには従っています。
昭和天皇も自らの意志で政治的決断を下したのは終戦の決断をしたのとニ・ニ六事件でだれも反乱軍を鎮圧しないなら自ら近衛兵を率いて鎮圧すると意思表示をしたときだけで、しかも後にこういう意思表示をしたことを反省しています。














「天皇主権」の実態


 まず根本的な話として、明治憲法下の日本は文明国家であり法治国家であった。したがって、天皇といえども国法には従わなければならない。いや、君主という地位にあればこそ、なおさら厳粛に法を順守しなければならない。
 そして昭和天皇は、歴史上の事実として、明治憲法を遵守しようとされていた。端々の発言の記録から、これは明らかである。

 それでは、明治憲法における天皇制とは、法的にはどのように規定されていたのか?

 まず、統治も統帥も天皇が行うものと、明治憲法には定められている。政治も軍事も天皇の権力であるというわけだ。
 なのだが好き勝手ができるわけではなく、明治憲法の第八条に、「天皇は憲法の規定に基づいて統治を行う」と定められている。これは立憲君主制の法治国家において、当前の規定である。

 そして第五十五条に、「国務大臣は天皇を補弼する」、「天皇の詔勅には国務大臣の副書が必要」と定められている。「補弼」というのは耳慣れない言葉だが、要するに「天皇といえども自分勝手に国を動かすことは出来ない。天皇が統治を行う際は、必ず国務大臣の助言や支援を得なければならない」ということだ。
 そして第三条に、「天皇は神聖にして侵すべからず」という規定があり、これは天皇の政治的無責任(無答責)を意味しているものとされている。


 と、条文上の規定は、ざっと以上のようなものだ。(なお、記述の都合上、言葉自体は作者が若干手を加えている。明治憲法の原文は、これとは違う)。

 そして問題は、これらの規定をどう解釈するかにある。
 すなわち、権力と責任の関係である。



 第一に、天皇の政治的無責任を定めた第三条の規定から、天皇は実際に権力をふるうことができない。ふるってしまえば、そこには責任が生じるからである。
 そしてそこに、「天皇は補弼により統治を行う」の第五十五条が加わる。天皇は常に国務大臣の上奏を受け入れなければならないという規定である。

 だから実際に行われるのは、「内閣がすべての決定を行い、それを天皇に上奏し、天皇はそれを裁可する」という形の統治となる。
 その内閣の決定に天皇が関与することはできない。それどころか、たとえ自分の意志に反する場合でも拒絶できないし、天皇自らが代案を立てることもできない。(ただし、意見や感想や質問としての発言ならば問題ない。冒頭の「平和を望む」という意思表示は、その一例だ)。
 これが、天皇も遵守しなければならない明治憲法の規定なのである。



 したがって、である。
 もうお分かりだろう、天皇の実際の仕事は「単にはんこを押すだけ」となってしまう。しかも、はんこを押すことを拒絶することも、実質的にはできない(「輔弼によりて統治を行う」の規定から)。
 天皇の意志は、臣下が積極的にそれを汲んで従おうとしない限り、実現されない。そして昭和においては、ほとんどそれは実現されなかった。
 これが、明治憲法下の天皇主権の実態だったのである。



「私的レポート・太平洋戦争」













天皇には戦争を始める権限がなかったことは明白。

と言うか、支那事変は勿論、大東亜戦争を始めたのも日本ではなかったので、「天皇の権限」以前の問題だが、きっちりした結論が出た。


明治憲法における天皇は、憲法の条規に従っている存在。
そして、憲法改正権があるのは帝国議会。


――――――
例えば昭和天皇の“憲法の師”であった清水澄(学習院教授、行政裁判所評定官を歴任)は昭和天皇の憲法の教科書として使用された『帝国憲法』(刊行は大正14年6月から同15年12月までと考えられている。『法制・帝国憲法』と題され、原書房より1997年に復刻)において明治憲法第四条の規定の趣旨を次のように解説している。


 「我が国体の観念によれば、天皇は国家の中心なるが故に、また統治権の総攬者たる地位を保有せらるること、まことに当然の事理なりとす。天皇は、統治権を総攬せらるるも、各般の政務を一々親裁せらるるものに非ず」

 すなわち清水は、明治憲法第四条にいう「統治権ヲ総攬」とは何も天皇が政務すべてにわたって「親裁」することをいうのではない。司法権については裁判所に、行政権については各種の行政機関に委任し、立法権の行使については帝国議会の「協賛」を必要とすることが明治憲法の趣旨であるというのである。

 また、「国務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス 凡テ法律勅令其ノ他国務ニ関ル詔勅ハ国務大臣ノ副署ヲ要ス」という憲法第五十五条の趣旨についても清水は、「専制政体にありては、君主は必ずしも大臣の輔弼によることを要せざるに反して、立憲政体にありては、君主各般の政務につき、必ず大臣の輔弼に頼ることを要す。


すなわちもし天皇が、国務大臣の輔弼なくして、大権を行使せらるることにあらば、帝国憲法の正条に照らして、畏れながら違法の御所為(=行為)と申し上ぐるの外なし。

故に国務大臣が、憲法上大権行使の機関たることは、帝国議会が、憲法上立法権行使の機関たると、敢えて択ぶところなきなり」として、憲法上の大権行使についてはすべて必ず国務大臣の輔弼を必要とし、輔弼なくして天皇が独断で大権を行使することはできず、敢えてそれを行なうとすれば憲法違反と言わなければならないと解説しているのである。

八木秀次著『明治憲法の精神』176頁
―――――



独断の大権行使は憲法違反行為。

2・26事件の場合、明治憲法起草当時に想定されていない非常事態で、内閣自体がクーデターにより機能していなかったので致し方ない処置だった。














―――――
天皇は連盟脱退に際し出された詔書において世界平和への願望とともに軍部と政府とが各々その区分を守るべきであるとの趣旨を表明するようにと指示した。またこの詔書の草案には、「上、下其ノ序ニ従ヒ」という一節も含まれていたが、詔書を検討した閣議の席上、荒木陸相が強硬に反対したため採択されずに葬られるという経緯もあった。
(『木戸幸一日記』参照)

緒方貞子『満州事変と政策の形成過程』10章、287-8頁
―――――



天皇の意志というのは、輔弼の任にある者によっていくらでも拒否できるという証明だよ。













>君は天皇が戦争を終わらせたと言っているが、終戦の決断をする権限が有れば始める権限も有ると言うことだ。




そうではない。
政策決定グループ「6首脳」(最高戦争指導会議。首相、外相、陸相、海相、陸軍参謀総長、海軍軍令部長で構成)の中で降伏に反対するものは一人もいなかった。
指導部の中で3人(陸軍参謀総長、海軍軍令部長、陸軍大臣)だけが、内容が「あまりにも不名誉」であるという理由から、交渉抜きの受諾に難色を示した。
彼らは、連合国側が領土条件を緩めてくれることを期待したからではなく、天皇の地位が不明確のまま残されていること、また占領を回避し、武装解除と戦争犯罪裁判を日本政府の責任で行うことを求めていたのである。

つまり、最高戦争指導会議の6首脳の全員が降伏に賛成していた。
ただ、その6人の内、3人は即刻ポツダム宣言受諾、残る3人は即刻ポツダム宣言に躊躇していただけだった。
そこで彼らは天皇の御聖断を仰いだのだ。
その結果、天皇は、ポツダム宣言をすぐに受諾する御聖断を下されたのだ。
もしも、3対3ではなく、4人以上が交渉抜きの受諾に難色を示していたら、誰も天皇の御聖断を仰ぐことはなかった。









人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525


くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

この記事に

閉じる コメント(115)

顔アイコン

責任の所在はどうでもいい。早い話、国をぶっ潰して自分がのし上がろうとしている連中が喚いているだけだヲ?

2009/5/7(木) 午後 6:36 [ IB ] 返信する

顔アイコン

戦争責任は、ソ連、支那、米国などにあって、日本にはない。
---

こういうのを強盗の居直りと言うのです。
よろしいか、中国に21箇条の無理難題を吹っかけ、上海を武力占領して、南京で30万人に及ぶ無防備な市民の虐殺をやって、真珠湾を宣戦布告もせずに攻撃したのは大日本帝国軍でしょうが。しかも、これはもちろん天皇が命令したのです。
あなたがたは、

「黒いカラスを白いといい倒せ」

ではいかんのです。それでは日本は世界中で孤立させられ生き残れません。もし日本が憲法9条を破棄すれば、その後、日本はアジア諸国から閉め出され、中国からは仕返しスイッチがオンされて地獄に生きる大和民族となってしまうでしょう。どうするのか? 後々を正しくイメージできない無知ではいかんと言うのです。

2009/7/20(月) 午前 3:45 jimmy 返信する

顔アイコン

憲法は憲法です。書いてあることがすべて。実際はどうだった、こうだったとかは関係ない。会社で言うなら天皇は社長です。いくら役員会議で決めることだから・・・と言っても、会社のトップは社長。平和を望んでいたから・・・とかも無関係。トップは誰か。憲法には何と書いてあるか。それだけだ。 削除

2010/8/21(土) 午前 2:22 [ 書いてあることがすべて ] 返信する

顔アイコン

その通りですよね。
まあ、昭和天皇は共産主義革命の防波堤として生き残ったが、本来は絞首刑が当然です。ヨーロッパでも負けた国の王様は死刑でギロチン台の露でした。天皇はやくざの勝ち組である国家が建てた偶像に過ぎないが、やくざな国家が負ければその偶像も処分されるのが普通のことです。まして、自分を神だと主張して神ではないと言いなおして生きたのはなぜか?共産主義の攻撃から自分と自分ら一族の資本家を守るためでしょう。これは国民のためではない。
まあ、国民が無知な時代は国が国であるために偶像が必要だとしても、国民の教育が行き届いた現代では国に偶像はいらなくなる。いやいや、これはあくまで筋を通した基本としてはです。
幸い天皇は敵国である勝者のアメリカの理解が得られ日本国憲法で国民の象徴として生き残られたのですからそれはそのままで良い。先の戦争で戦死した親を持つ人々は天皇を親の敵だ殺してしまえと主張をする権利を持つが、仕返しをしない甘さは再び戦争に繋がらなければ許されるでしょう。平和をくずしてまで天皇の生命を求めるべきではない。ただし、これは軍国主義の台頭で偶像の復活がなければの話です。

2010/8/21(土) 午前 6:15 jimmy 返信する

顔アイコン

仕返しスイッチがオンされて地獄に生きる大和民族となってしまうでしょう。
---

だから、これを分かりやすく言うと、
【傑作】

「9条を排除したあと日本は地獄に生きる大和民族」

となるのです。
日本は滅亡を望まないなら日本国憲法の前文と9条を排除してはならないと言うのです。

2010/8/21(土) 午後 2:09 jimmy 返信する

顔アイコン

そこで彼らは天皇の御聖断を仰いだのだ。
その結果、天皇は、ポツダム宣言をすぐに受諾する御聖断を下されたのだ。
---

其処は幾ら理屈を並べても無理です。ポツダム宣言の受諾でも、天皇陛下の御聖断を仰ぐと言うのは、戦争を始めた張本人が天皇陛下だったからでしょう。戦争の決断はいちいち天皇の決断だったというのが真実です。
上官の命令は天皇の命令だと言って兵士は戦場で戦わされて死んでいったのです。
だから、先の戦争の責任は日本国のトップであった天皇陛下にありです。
結局、先の戦争は天皇陛下の決断で始められ、天皇陛下の決断で終わったのです。大日本帝国の国体の本体は現人神を主張する天皇陛下だったのです。
しかし、敗戦でその仮面を剥がれたら残るのは責任のみです。戦争は正義の闘いや聖戦で言うように神に名を借りた嘘がなければやれない。

2010/8/21(土) 午後 2:56 jimmy 返信する

顔アイコン

結局、こういう正義の戦いや聖戦は、世間で権力者が使う基本的な誤魔化しに過ぎない。だから、負ければ責任を取らされるのは常識に基づく当たり前のことですよ。この当たり前が当たり前に処理されなかったから、日本に右翼の軍国主義が復活し、日本に民主主義政治がなされなくなったと言うのです。
日本では共謀罪が法律で作られようとして憲法21条に言う「検閲は、之をしてはならない」がまったく無視されようとした。これは国民が権力者(天皇の勢力)に弱みを全部にぎられて小沢さんでもそうですが、マスコミにこづき回されてしまうのです。マスコミのジャーナリストは「黒いカラスを白い」と言わなければ仕事を干されると聞く。
しかし、情報がインターネットでこれだけ早く広く伝わっている時代に再び戦争が起きるとすれば、その責任は今度は天皇陛下ではなくジャーナリストにありです。

2010/8/21(土) 午後 3:04 jimmy 返信する

顔アイコン

ジャーナリストは権力者に弱みを握られ、軍に都合が良い情報だけを世間に報道する。だから、それで国民が戦争に傾く。これはイラク戦争でも95パーセントのアメリカ国民が「イラクは撃つべきだ」とマスコミ報道に誤魔化されて強盗戦争に突入させられたのと同じです。

いやいや、戦争はみなこのパターンで何処でも同じ誤魔化しの構図がなければできない。
ちなみに韓国の哨戒艇沈没(これは米韓合同軍事演習の事故によるもので北朝鮮は無関係でした)の嘘は韓国国民やロシアや中国がだまっていたら戦争になるところでしたよ。

2010/8/21(土) 午後 3:07 jimmy 返信する

顔アイコン

[ 書いてあることがすべて ]さん
だから何?
いずれにせよ、碌な理由もなく無理矢理戦争をしてきたのは米英蘭支ソなのだから、日本人全員に戦争責任はない。
したがって、先帝陛下にも戦争責任はない。

2010/12/25(土) 午後 1:19 益荒男 返信する

顔アイコン

[ jos*u*2j*n200* ]君

>まあ、昭和天皇は共産主義革命の防波堤として生き残ったが、本来は絞首刑が当然です。ヨーロッパでも負けた国の王様は死刑でギロチン台の露でした。

日清戦争で日本が勝利した際に、日本は清朝皇帝を処刑したか?
日露戦争で日本が勝利した際に、日本はロシア皇帝を処刑したか?

もう少し考えてからコメントしてね。

2010/12/25(土) 午後 1:24 益荒男 返信する

顔アイコン

joshur2jpn2005は単に責任転嫁したいだけ
反応すると付け上がるだけなので、消去か退避を勧めます

2010/12/26(日) 午前 2:55 [ IB ] 返信する

顔アイコン

COFFEEさん ご無沙汰してます どこにコメント書いてよいのやら…

あなたと私の共通点は反アメリカによる日本支配ですが(違った?)
残念ながらアメリカのしたたかな日本支配を崩すのはほぼ不可能かと思われます
あの敗戦から以降 日本人の国粋の魂は完全に抜き取られてしまってます
右も左も関係なくアメリカの手玉にされてて いちばんの献身者は官僚でしょう
つたない作文ですが本日ブログの更新しました ぜひ一読を かしこ

2010/12/27(月) 午後 1:16 [ sas*rai*ot*b*bito*yuki ] 返信する

顔アイコン

「不可能かと思われる」奴は黙ってろ!

2010/12/27(月) 午後 5:46 [ IB ] 返信する

顔アイコン

IBさん
相変わらずお元気ですな でも黙らないのがわたしです
『 不可能かと思われる 』
わたし流の憤りの表現です

2010/12/29(水) 午後 10:11 [ sas*rai*ot*b*bito*yuki ] 返信する

顔アイコン

ではせめて「難しい」と表現すべし
不可能と思われても、むしろ困難であるからこそ、やらねばならないことは幾らでも有る
例えば、joshur2jpn2005の責任転嫁は思い切り楽だろうし、昭和天皇のように己の責任を全うするのは、ものすごく難しい

2010/12/30(木) 午後 7:51 [ IB ] 返信する

顔アイコン

なるほどですね
ここはIBさんにゆずって訂正しましょう『 難しい 』
良いお年を!!

2010/12/31(金) 午前 11:55 [ sas*rai*ot*b*bito*yuki ] 返信する

顔アイコン

大人しそうだったのにいざ始まると豹変しましたよ彼女!!
ほとんど全部相手に主導権取られっぱでしたがな…
…とは言っても7万ギャラゲットできた!
別にいっかなー(゚∀゚)なんて思っちゃってる俺・・・ 削除

2011/1/1(土) 午後 5:08 [ あんなにガッツく女は初めてだったな・・・ ] 返信する

顔アイコン

gingadan44が取って代われば責任転嫁も出来るのに・・・もう辞めたのかな?

2011/1/2(日) 午前 4:46 [ IB ] 返信する

顔アイコン

≫gingadan44が取って代われば責任転嫁も出来るのに・・・もう辞めたのかな?
>IB、お前に言ってる意味がわからねぇ。責任転嫁?もう辞めたのかな?・??意味がわからねぇ。

2011/1/2(日) 午後 2:42 masao 返信する

顔アイコン

いつも楽しみに読ませて頂いております
さて、この天皇の戦争責任について少し教えて頂きたくてコメントします。

僕は、天皇や皇室に対しては普通に好感を持っていますし、尊敬もしている平均的な日本人ではないかと思います。
また、戦争など近代史もちゃんと勉強していないのも平均的だろうと思っています。

その平均的な日本人が昭和天皇の戦争責任というときに、当時日本のトップとして戦争責任はあった、しかし、それは国民の総意として無くなった、と感じています。
昭和の戦争の責任者としての戦争責任はあったが、免責されたと考えている。
その後人間宣言で別の人間になった。だから戦争責任を取る必要がないんだ。
その様に考えているのではないでしょうか。

昭和天皇に戦争責任がない、というのは多くの日本人には受け入れにくいのではないかと思いますが如何でしょうか。

2012/8/12(日) 午後 6:56 [ koredeiino345 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


みんなの更新記事