正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

真実の歴史を認識し、国益最優先の外交や日本の核武装の実現を目指します。維新政党・新風を応援します。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

フリーアナの厳しい現実

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080602-00000001-gen-ent


川田亜子アナの悲惨な最期でわかった!フリーアナの厳しい現実
6月2日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 全国に約1000人いるとされるフリーのアナウンサーは、元TBSの川田亜子アナ(享年29歳)の自殺にうそ寒い思いをしたのではないか。
 川田さんはさまざまな悩みを抱えていたとされるが、要因のひとつは仕事が不安定なことだ。報道志望という理由で昨年4月にフリーに転身し、「サタデースクランブル」(テレビ朝日)などで司会を務めていたのだが……。
「川田さんはフリーの中では恵まれていた方です。『サタデー』のように報道系情報番組も担当できたわけですから。それでもイベントの司会などもこなさなければならず、理想と現実のギャップに苦しんでいたようですが」(関係者)
 中には、元フジテレビの内田恭子のように順風満帆でオファーが殺到するフリーアナもいるが、それはほんの一握り。
 女子アナ評論家の高島恒雄氏はこう言う。
「テレビ局は局アナを抱えているため、よほど人気と実力がない限り、フリーを使う必要がない。そこで彼女らは仕事を選べず、イベントの司会などもこなす。そのうちに、個性と特色が薄れ、ますます仕事が減っていくのです」
 しかも、キー局で年収1000万円以上稼いでいた局アナの多くは、収入も激減する。仕事も減り収入も減る、負のスパイラルというわけだ。

●高島彩でさえ他人事ではない
「元日テレの魚住りえはテレビ東京でナレーションなどを担当していますが、年収は500万円程度。元フジの深澤里奈、富永美樹はテレビの仕事はほとんどなく、イベントの司会などがメーン。川田さんが所属する事務所の“先輩”大神いずみはアニメの声優などもこなしている。いずれも収入はあまり多くはないはずです」(女子アナウオッチャー)

 川田さんも局アナ時代に比べて一時的に年収はアップしたが、所属プロの取り分を引くとそれほどではなかっただろう。フリー転向がウワサされるフジの人気アナ、高島彩や中野美奈子でさえ、今回の一件は他人事とは思えないはずだ。
――――――






>川田さんも局アナ時代に比べて一時的に年収はアップしたが、所属プロの取り分を引くとそれほどではなかっただろう。



川田アナの場合、この所属プロに創価学会の谷口元一という鬼畜が居た。

というか、谷口元一が、川田アナに、「キミには才能がある。僕ならキミの才能を大きく伸ばすことができる。TBSをやめてうちにこないか」と言ってTBSを辞めさせた。

報道志望だったのに、「ゴローズバー」や「ネプ理科」など、深夜のバラエティ番組ばかり担当させられていた川田アナは、この鬼畜の誘いに誑かされた。

私は、川田アナはバラエティ向きであり、報道向きではなかったので、TBSの起用は正しかったと思う。

しかし、そこに鬼畜の付け入る隙が生じた。


【サイバッチ!】TBS女性社員も自殺していた1138[06/01//08]

◆配信数:74614◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3CA3323935BAC
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間〜1年分

●川田亜子自殺とそっくり!! TBS女性社員も自殺していた

 TBSの女性社員も自殺していた。「タカハシマナミ」……。
 あの「鬼畜」から「キミには才能がある。僕ならキミの才能を大きく伸ばすことができる。TBSをやめてうちにこないか」と誘われていた。
 川田亜子とまったく同じケースである。
 自殺の経緯や状況など詳細は不明。TBS関係者複数名にあてたが、いずれも口を開こうとはしない。「あの男はヤクザそのものです。本当に危険なんです」とだけ語った関係もいた。




ちなみに、1995年、創価学会に批判的だった朝木明代東村山市議が東村山駅前の雑居ビルから転落して死亡した「怪死」事件では、警視庁東村山署は事件発生当初から碌な捜査をせずに彼女の死を「自殺」と吹聴。
事件後4年を経過して明らかとなった司法解剖の鑑定書に、法医学上「争った痕」と推定される皮下出血痕が上腕の内側にあったことが記載されていた。

また、1997年、伊丹十三は、伊丹プロダクションのある東京麻布のマンションから落下して死亡した。
警察は、碌な捜査もせずに早々と「投身自殺」と断定した。
彼の映画次回作のテーマは、「創価学会」だった。



私は、朝鮮人ソン・テチャク(成太作、池田大作)率いるカルト集団「創価学会」が、政界、官界、法曹界、警察、芸能界、マスコミ等を支配していることが、このように繰り返される悲劇の元凶だと考えている。


これまでの情報をメモしておく。



川田亜子さんの死体第一発見者である株式会社丸運芝浦航空営業所の従業員の日吉紫光さん(61)【消息不明】は、5月26日午前6時15分頃に川田さんが死亡しているのを確認したが、前日25日夜8時頃、同じ場所に白いベンツが止まっていたのを目撃していた。
日吉紫光さんは、「覗き込むと、女性が寝たいるようだった」と語っており、川田さんは5月25日夜8時には既に死んでいた可能性が高い。

日吉さん以外に最低3名がベンツを目撃しており、警視庁三田署の事情聴取を受けている。


ベンツの目撃者として三田署が事情聴取したのは最低4名で、このうち複数名が26日未明にベンツにルームランプがついているのを見た、と証言している。

26日未明にベンツのルームランプがついていたとしたら、それは何者かが車内のスイッチを入れたと考えられる。

川田さんの死体がそこにあるのに、だ。




また、25日夜、現場近くで川田さんと待ち合わせをしていた友人の存在も浮上。
この人物は、自称・平和運動活動家のマット・テイラーでも谷口でもない第三の男性。


車が止まってあった場所は、谷口元一のペントハウスが見える位置だった。
川田さんは、谷口のペントハウスを眺めながら逝ったのかもしれない。


24日のテレビ朝日系「サタデースクランブル」の【自殺特集】は、谷口元一が番組に無理やり押し込んだという。


ベンツの中に残されていた『永遠の別れ―悲しみを癒す智恵の書』という本を川田さんに贈ったのは、谷口ではなく、自称・平和運動家のマット・テイラーだった可能性が高い。


川田さんの父親が怒っているが、理由の一つは、日刊スポーツの「川田アナは精神科医にかかっていた」という報道。
川田さんが精神科医にかかっていなかったことを父親は知っていて、悪意ある情報操作を日刊スポーツがそのまま報道したことに怒っているという。


【サイバッチ!】川田の実父、「日刊スポーツ」を告訴!!1139[06/02//08]

◆配信数:74630◆無許可転載歓迎。でも、下記記URLは入れてね
http://www.mailux.com/mm_bno_list.php?mm_id=MM3CA3323935BAC
タレコミ大歓迎。採用者には[プチバッチ!]の無料購読1週間〜1年分

●川田の実父、偽カウンセラー問題で「日刊スポーツ」を告訴へ!!

 川田亜子の実父=川田行雄さんがついに立ち上がった!!
 自らが院長を務める川田病院(富山県高岡市)の顧問弁護士を通じて「日刊スポーツ」に宣戦布告した、というのです。 
「川田さんは全国的に有名な精神科医。亜子が精神的に不安定だったのは事実だが、一般の病院には通わせず、自分がカウンセリングしていた。他にカウンセラーなどいない。もし、本当に、カウンセラーがいるんなら、すぐに会わせろ、と。
 内情を【サイバッチ!】にスッパ抜かれたとき社内は大騒ぎになったのです。まさか川田の父親が精神科医だなんて想像もしていませんでした。
 実際、あのカウンセラーはケイダッシュ関係者が連れてきたんですよ。身元は確認していません。本人がカウンセラーだというからそのまま書いただけです。局長どころか社長のクビが飛ぶかもしれません」(日刊スポーツ関係者)
 行雄さんは激怒しています。告訴も辞さない、と言っています。
 が、それ以上に怒りを感じているのはケイダッシュの某取締役に対して。
「絶対に許さない」と断言しています。詳細細は【プチバッチ!】で……。







●関連記事

川田亜子自殺に創価学会の影
所属事務所のケイダッシュ取締役は創価大学出
成太作(池田大作)率いるカルト集団を元公明党委員長の矢野絢也が提訴
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33340648.html

自殺か殺人か?深まる謎
川田亜子さん自殺信じられない…加藤浩次も衝撃
警察は成太作(池田大作)率いるカルト集団「創価学会」に都合が悪ければ隠蔽
ケイダッシュ取締役の谷口元一宛の遺書?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33366405.html

川田アナの父親が告発か
死亡は25日
創価大卒でケイダッシュ取締役谷口元一の自殺教唆罪、自殺幇助罪、殺人罪が成立か
精神科医の父は自殺に納得せず
司法解剖では殺害後に練炭炊いた疑惑も
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33394069.html

川田亜子アナを追悼
死体第一発見者の日吉紫光さんが消息不明
遺書が語る泥沼の三角関係
カルト集団「創価学会」谷口元一ケイダッシュ取締役(鬼畜)と、自称「平和運動活動家」マット・テイラー(詐欺師)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/33445270.html








「成太作(池田大作)率いるカルト集団『創価学会』は、日本の敵だ!」
「カルト教団員が、政界、官界、法曹界、警察、芸能界、マスコミなどに多数潜伏する日本は狂っている!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

この記事に

開く コメント(101) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事