ここから本文です

デーモン閣下の地獄のWEB ROCK

書庫全体表示

「そんな姿勢がいつか陽の目を見る」
そんな日がやってきた。
 
まず第一に「明日(千秋楽)の相撲が大事だ。今はまだ喜びに浸るな」と述べたい。
次に「初優勝、おめでとう」と述べたい。
 
稀勢の里は決して器用な相撲を取る力士ではない。
奇をてらうような相撲は一切取らず、いつも真直ぐな相撲。
『ばか正直』という言い方もできる。
それゆえに、その真直ぐさを突かれ、巧みな策略に今まで屈してもきた。幾度も。
実力があることは誰もが認めている。しかし真直ぐでありすぎるがゆえに肝心な大勝負をモノにできない。それが何度あったことか。
『シルヴァーコレクター』と言われ、結局この『愚直なやりかた』では永遠に栄光は手に出来ない、と揶揄する声もあったことは事実だ。
 
それでも本人は、何度も何度も壁に当たりはね返され失敗しても、へこたれずに黙々とコツコツと前を向き努力する。
頑固なまでに『真直ぐさ』を捨てない姿。
そんな、現代の若き成人になかなか見られなくなった『愚直さ』『純粋さ』。
ある意味『プロ』ぽくない…、高校球児が甲子園で優勝を目指すような姿。
大相撲ファンだけでなく多くの日本人の潜在的な心を次第につかんでいった。
 
『そんな姿勢がいつか陽の目を見る』、『陽の目を見てほしい』
稀勢の里はいつしか、色々な艱難辛苦に直面している全国の…例えば被災者の、例えば病と闘う人々や厳しい経済状況にある人々の、希望の星になっていたのかも知れない。大げさな言い方だがそういう部分はあったと思う。
 
大相撲ファンだけではなく日本中が待ちに待ったこの日は、思いがけず早いタイミングでやってきた。
白鵬が敗れたことで『棚からぼた餅』的にやってきた。
ファンは、本土俵で白鵬を破り優勝を勝ち取る姿を期待していただけに、やや肩透かしであったことは否めないが、これは本人のせいではない。
しかし、千秋楽の白鵬戦は重要であることに変わりはない。
良い内容で勝てば、吾輩が横綱審議委員であったら、間違いなく稀勢の里を横綱に推挙する。
負けたら…? 内容にもよるので、また改めてコメントする。
 
米合衆国で新大統領が誕生した同じ日に、大相撲界でも『新しい展開』が起きた。これは単なる偶然ではないと考える。
 
最期に。
実は吾輩はこの顛末を場所前に予想していた。
場所前に行われた『初場所を展望する』インタヴューでも、
「稀勢の里の初優勝が有りうる。横綱もある」と述べた。
だが、ナナナナナナ何と残念ながらそこは放送ではカットされていたのだがな、

ウッシッシ〜!

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事