萤火虫飞来飞去

萤火虫(HOTARU)出来了!
我们MICHINOEKIASO举办看萤火虫活动。
在阿苏市北鄒鄰篭现在萤火虫的季节来了。
现在日本看得到萤火虫的地方不多了。这地区团体保存环境,养殖萤火虫。今年我们怕地震的影响,幸亏他们开始飞来飞去了。虽然这活动用日语说明,不懂日语的人也请大家踊跃参加!要参加的人不用报名,当天来集合地点就算了。
期日6月3日、4日、10日、11日、17日、18日
费用免费(包括保险)
联系电话:0967-35-5077 
イメージ 1

 
以下的是我MICHINOEKI ASO的微博以及英文网
link:

http://www.weibo.com/denkuaso
https://www.facebook.com/eng.michinoekiaso/ (English)

 

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

交通信息

今天的阿苏的天气非常好。天气好,心情也舒服了!
虽然发生地震,几个农家已经开始插秧了。
看着水满着水田,感觉日常生活渐渐地恢复了。
我们在这样的情况下,所以更应该珍惜日常生活。

517日的阿苏的交通情况
【产交巴士运行情况】
 
路线巴士
以下的路线以外都运行。(一部有迂回)
■由于地震的影响,火口线暂时停运。
◆阿苏市内:阿苏下町-ASOVIVA前 利用停止(迂回)
◆阿苏杖立线:山下 利用停止(迂回)
 
YAMABIKO 
5月16号(星期一)起根据时间表开始运行。
 
由于迂回在立野不停。
根据道路情况,有可能发生长时间延误。
 
九州横断巴士
516号起暂时根据特别时间表运行。
特别时间表
 
根据道路情况,有可能发生长时间延误以及有不停几个巴士站。
立野 内牧之间由于迂回不停。
其他的巴士运行情况,最新消息是 →  产交巴士网站
 
 
JR九州运行情况】
 
■九州横断特急以及阿苏男孩
特快“九州横断特急”(别府〜熊本),特快阿苏男孩”(熊本〜宫地)都暂时停运。
※但是,特快“阿苏男孩”将以临时运行的方式,运行于博多到门司港之间。
“阿苏男孩”的临时运行日程:5/141521222829
 
■丰肥本线 肥后大津〜丰后荻
暂时停运
宫地〜丰后荻 之间由巴士代替运行。
 
丰肥本线 【熊本〜肥后大津】
  减少班次运行。
立野〜赤水 之间发生路线灾害(土砂流入),暂时停运。
 
※关于其他的路线可能因地震的影响,运行计划也会有所变动。
 
其他的JR九州的最新运行消息

以下的是我们MICHINOEKI ASO的微博以及英文网站
link:

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

  今天和阿苏田园空间博物馆的员工去了阿苏的国造神社。在国造神社旁边,举行了每年一次的手野名水会,阿苏的水很有名,国造神社周围的水更是阿苏当地最有名的水。手野名水会举办了十二年了,会长是第四代。今天手野名水会的会员们在一起举办了今年的会议,讨论新的一年度的计划。在日本的四月是重要的一个月,因为新年度的计划和工作都在这个月开始,所以日本年轻人四月入社,四月入学的传统一直延续至今。手野名水会的欧巴桑们制作了美味的日本便当,还有炸鱼,大家在樱花树下一边赏花一边吃饭。手野这个地方风景优美,泉水丰富,并且在国造神社有保存完好的具有两千年历史的树根,周围还有和鲇鱼传说有关的古墳。来到这个地方可以感受阿苏的历史,并且也可观赏到品尝到有名的泉水。阿苏国造神社是为了感谢并且纪念阿苏的神仙和先祖为阿苏的住民开拓土地,实施水利工程,教会住民农耕和造林事业而建造的,具有两千年的历史并且受万民敬仰。同时,阿苏神社还是古代民众祭祀神灵,乞求风调雨顺,五谷丰登的地方,寄托着古代阿苏住民的信仰。一直以来不仅被当地住民信奉,而且外来的参拜者也络绎不绝,在明治七年被列为县社。现在更是被日本政府指定的重要文化遗产。来阿苏的朋友们大多都去阿苏神社游览,如果大家有时间,希望能来比阿苏神社历史更加悠久的国造神社来参观,同时品尝一下阿苏最有名的泉水。
 
  日本語訳  今日は阿蘇田園空間博物館の理事長と酒井さんと一緒に阿蘇国造神社へ行きました。国造神社の隣で手野名水会が行われました。阿蘇の水が全国で有名ですが、国造神社の周りの湧水が一番いいと言われています。手野名水会はもう十二年間が行われました。参会者または会員は全部阿蘇の住民です。日本で四月は重要な時期ですから、毎年、四月に入社または入学の人が多い。ゆえに、新年度の仕事と計画はだいたい四月から始まります。手野名水会の参会者は今日も新年度の計画を話し合いました。阿蘇田園空間博物館の私たちは参会者と一緒に花見しながら弁当を食べました。外輪山の裾野に位置する手野集落は美しい景色と湧水あふれる名水の里です。由緒ある国造神社には樹齢2千年以上もあった手野の大杉が保存され、鯰伝説で有名な鯰宮や石室に入ることのできる上倉古墳などがあり、阿蘇の歴史を感じることができます。主神国造速瓶玉命は、肥後一ノ宮阿蘇神社の主神健磐龍命の第一の御子神 にして、延喜の制式内社(官社)に列せられて、阿蘇神社と同格の御社で、父神健磐龍命の聖業を嗣がれ、阿蘇の開拓に水利にと国土開発の大業をなされ、庶民に農耕を教え畜産に植林に万幸を与え衆民を愛撫し、仁徳を施されました。この御聖徳と御功業により、第十代崇神天皇の朝に、阿蘇初代国造と定められ、同十八年(紀元五八一年)御子惟人命(彦御子神)に勅せられて、阿蘇国造の神として、御居住の地(現在地)を卜して鎮祭せられ、茲に二、〇〇〇年以上の歴史ある古いお社です。此の間上歴朝の尊崇はもとより、下万民の敬仰する所で、国司、藩司の崇敬も亦篤く、中世以降に於ても肥後の大守細川氏も阿蘇神社と共に造営に、祭典に、代々藩費を供進せられ、現在の社殿は寛文十二年、細川五代綱利公の御造営のものです。古来、農神としての信仰厚く、五穀豊穣に晴に祈り、雨に乞ひ、又害虫消除に頗る霊験新かであり、近郷近在より其の時折りに祈願参拝も多く、近年には阿蘇の古名社として、遠来よりの参拝も沢になりゆき之大神の偉大なる御恩頼を渇仰する故に外ならないです。明治七年十月には県社に列せられました。今、阿蘇に来る外国人観光客は阿蘇神社へよく行きますけど、皆時間があったら、阿蘇神社より歴史長い国造神社へ行ってください。それと同時に、手野の有名な湧水を召し上がってください。

イメージ 1




イメージ 2
イメージ 3

link:







この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

     今天周六,刚到阿苏田园空间博物馆,東谷前辈就告诉我们现在阿苏市 波野 仁田水牧野的牛神樱现在是满开状态,待会儿大家一起去赏花拍照留念。据说这里的樱花树已经有四百多年的历史,总共有十一条枝干,见证了四百多年历史的变化。去年因为天气太冷了,樱花只是开出了花蕾。一听到这个消息瞬间心里充满了期待,特别想去看看!于是,東谷前辈带着国小伙伴マルコさん和我坐车出发啦!一路上尽情地享受阿苏的绝美的风景,呼吸着新鲜空气,高山耸立,绿树丛丛,中间还点缀着粉红的,白色樱花树,真是美极了!好想就这样一直往前走下去//大约过了半个小时左右终于到了。虽然早就知道这里的牛神樱经过历史的变迁,现在已经成为著名的风景点,当自己亲眼看见的时候还是被震撼到了!!四周充满了绿色,只有那棵樱花树静静地伫立在悬崖旁边,不知道已经有多久了,树下依偎着零星的野菊。樱花树已经是满开的状态,真漂亮!那种强烈的历史感,强悍的生命力让人佩服,这样的景象深深地让我感动,瞬间眼泪都要喷涌而出!拿出相机小心翼翼地拍了几张照片,生怕打扰到它的静谧。最后离开的时候满满的不舍,好想一直呆在那里,感受大自然的鬼斧神工!今天真的很开心,希望来年有机会还可以去感受它的美!

 今日は、田園空間博物館に来たばかりで、東谷先輩から今阿蘇市波野 仁田水牧野の牛神桜を見に行きます!今満開な状態ですって言われました。牛神桜はもう四百年の歴史を経って、地面から11本の幹が出ているような、それが1本の木としてまとまって不思議さを感じさせてくれる桜であるといわれています。幹が枝分かれした桜とはすごくおもしろいですね。去年は寒くすぎて蕾みだけ咲きました。今年の満開状態は珍しいですよ。めっちゃ行きたいです!一瞬間にどきどきしているという感じです!それで、東谷先輩はマルコさんと私一緒に出発しました。途中で、窓から阿蘇の絶景を見て、新鮮な空気を吸って、緑とピンクに包まれていい感じですね。車でおよそ30分かかってやっと着きました。見たら、めっちゃ感動されました!あの桜は今満開状態ですごく素敵ですね。この姿は一所懸命生きているという感じで、泣きそうまで感心しました。帰りたくないけれども、帰るしかなかったんです。今日は本当に楽しかったです!チャンスあれば、来年絶対また来ますよ!!

                                     
イメージ 1

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

神楽民俗活动

 今天去阿的波野村看了叫神楽的民俗活非常有意思,是我在日本四年以来第一次看种本地的活熊本每年有很多日本或者祭祀,但是和神楽不一市的波野是日本有数的神楽的故每年都会举办和神楽有关的活波野流至今的以中江岩神楽和“横堀岩神楽”中心的神楽,经传到大分并且每年也会上演。中江岩神楽已被日本政府制定非物文化遗产它上演的故事情也是以“天的岩中心,日本的神话传说等内容。以天的岩话为中心,再吸取雅就形成了中江岩神楽。每年四月开始到十一月的每个月的第一个星期天都会在中江岩神殿上演。上演的一般都以笛子和鼓来伴奏。看神楽的候,我不是很明白其中要的内容,当地的不是很了解,但是感的确很有日本特色。表演的人有的面具,并且打扮的很夸演奏开始前是当地的小孩子跳舞,与其舞蹈不如是某种式,小孩子跳完之后就是神楽的开始。听日本人说这是日本的一种祭祀活是古代日本人神仙而的祭祀。表演的有五个左右,但都是大同小异,会出来啊日本的妖怪,出来戴面具穿和服的日本女人,日本的妖怪最后抓小孩,有的抓席上的小孩,有的抓围观的小孩,有的席上的父母故意把小孩交妖怪,年大的小孩会一起去妖怪手中的枝,表示并不害怕。具体的神楽活的内容,因我是第一次看,所以表达非常困大家看了照片应该就能明白。日本每年的祭祀活很多,有的也很隆重,大家在网应该经看到日本的祭祀,有的文化能理解,但有的可能很接受,希望大家以客的心来看待间风俗。大家以后有机会来阿可以来一下神楽祭祀活



日本語訳  今日は阿蘇の波野村で神楽という民俗活動を見ました。日本でもう四年間に住んでいますから、神楽みたいな祭りが初めて見たのです。熊本に毎年祭りが多いけど、神楽と違います。阿蘇市波野は、全国有数の神楽の里です。国道16号沿いにある道の駅「波野」通称「神楽苑」では、年に一度、「神楽フェスティバル」が開催されます。波野に今日まで脈々と受け継がれる中江岩戸神楽(なかえいわとかぐら)」と「横堀岩戸神楽(よこぼりいわとかぐら)」をはじめ、大分県や島根県に伝わる神楽も上演します。国の選択無形民族文化財に指定されている中江岩戸神楽の中心となるストーリーは、神話「天の岩戸(あまのいわと)」です。弟であるスサノオノミコトの悪行に怒り、窟屋に隠れてしまった天照大神(アマテラスオオミカミ)は闇に閉ざされてしまった世をなんとかしようと、ほかの神様たちが窟屋の前に集まります。神話「天の岩戸」を主体に雅楽などを取り入れ、三十三座で構成されるのが中江岩戸神楽です。春と秋に波野の荻神社に奉納されるほか、4月から11月の毎月第一日曜日には、地区内にある中江岩戸神楽殿で定期公演も開催します。神楽を見たとき、内容がよくわからないけど、日本っぽい民俗と感じられます。皆マスクも神様の衣服をつけて、踊りを踊ったり、子供を捕まったり、面白いです。日本人の友達によると、神楽は日本人が神様に感謝するための祭祀活動です。舞台の上に着物をつける日本人女性と日本っぽいお化けがでます。神楽についての民俗が詳しくわからないから、今言葉でそういう民俗活動は説明できないけど、みんな写真を見たら多分わかります。日本で毎年祭祀が多く行いますから、ネットで見たことがある外国人が多いと思います。日本文化または民俗が詳しくわからないけど、皆客観的な視角でご覧に下さい。これから阿蘇に来るとき、日本民俗に興味を持っている観光客は神楽という民俗活動をご参加してください。




イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3




link:

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事