カヤックひっくり返ってんで〜!!

名人にシンキングペンシルを引いて勝つ!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ヒラスズキ卒業式

制服の胸のボタンを〜♪
下級生たちにねだられ〜♪

…知らんか

イメージ 1

前日の時化が残る、甑島最終となるヒラ釣行は午前中勝負の短期っ戦になる予定です。

朝まずめは調子が良かったと思うんですけど、朝から不機嫌なふくの散歩が長引き、まず目を逃してしまいました

イメージ 2

本日一発目はタマメ!(タバメ…って言うかフエフキダイ?タマン?)

このゲストもまた恐ろしい位の引きを見せるスーパースターで、50cm程度の魚体に似合わず、組んだばかりのリーダーをボロボロにされてしまいました。

こう言ったゲストが釣れ出す4月に入ってからの釣行では、リップルフィッシャーのモンスターインパクトとかが絶対的な威力を発揮するんですが、基本的にゲスト少なめの冬や初春では、少し軟らかめの竿の方が釣りが楽しいのかも知れないね。
ただ、ブリとかヒラマサとかも多くいてるんで、甑島の釣行に限って言うとやっぱし一年中硬めの竿が良いのかなぁ〜♪
…どっちやねん!

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
本日も絶好調でございますっ

甑島にはいろんなシチュエーションのポイントが存在しますけど、今回のポイントはゴロタ場メインのポイントで、こう言うポイントの特徴として、時化が強すぎると釣りが成立しにくくなると言うウィークポイントと、満干の潮位差の関係性が、岩場のポイントと比べてややつぶしが利くと言うセールスポイントがあります。
だからこの逆が岩場のポイントって言う事になりますね。

岩場のポイントと言うのは、総じて足元から深場が比較的多く、時化が膨らんでもサラシが届く範囲に広がるので、時化がひどい場合は岩場のポイントを選択するのが吉と出る場合が多い。

やや時化、ジャスト時化、鬼時化の別で、それぞれにポイントを自分なりに振り分け、この風向でこの波なら…ここやね!見たいな行き方が出来れば、絶対的な釣果向上に役立つと思います。



イメージ 8

車の中にある、遠征初日に購入したお菓子類をまとめて持ってきました

ウチに居ったらこんなくらいのお菓子一時間も持たへんのに…
遠征中はTVも見ない、お菓子も食べない、飲みの物も飲まない…酒は飲む
普段の生活からしたら考えられない事なんやけど、ホントにそんな事する暇がない程に釣りに集中してるっていう事に我ながら感動を覚えます。

おやつタイムを終えたら今度は折り返しです…



イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

引き返しでは、この日最大となる80cm、5キロのランカー(?)も飛び出してくれて一日中楽しませてくれました。



イメージ 14

因みに、釣り上げたヒラスズキは超弱ってるんで、出来る範囲内で良いので逃がす時は、酸素が十分に供給される様なタイドプールで体力を回復させてあげてから逃がすようにしてあげたい。

まぁ合理的に考えるなら、行きがけにタイドプールで活かしておいて、帰りに元気な奴はリリースして、弱ってるやつをもって帰る的な?考えだと、強い個体はまた舞い戻り次回また、アングラーを楽しませてくれ、そうでない個体は、晩御飯の有難いおかずとなる

勿論キチンと今現在の潮加減を知っていなければ、体力回復どころか干上がった岩場に野ざらし…みたいな超残酷なことになる場合もあるので、そこん所はしっかり考えてあげましょう



















今回の甑島遠征で釣り上げたヒラスズキはトータル72本。

カヤックキャスティングのも合わせると74本釣らしていただきました。

4月までに50本と言う目標は、甑島だけで達成した形なんやけど、天草のも合わせると

99本!

・・・おしいっっっっ!!

流石俺!!






という事で、ヒラスズキ釣りは十分堪能いたしました。

これからはこのヒラスズキ釣りに要する時間を、子育てに費やしていきたいと思います。

ヒラスズキ釣りに傾けた情熱と忍耐力をもってすれば、きっときっと素晴らしい育メンになるのではないかと私信じて疑いません!


とは言え、ヒラスズキ釣りと言えば、自分が中学の時からやっていたライフワークだもんですから、子供がまぁまぁ他人に預けられるようになったら、また再開するとは思いますけどね

少なくともここ数年間は育メンとして頑張っていきます!


あっ、カヤックフィッシングは仕事の要素もありますので、こっちはもちろん続けていきますから悪しからず。





















因みに、甑島から熊本に帰って何が一番したいかと言えば…


マクドが喰いたいっ!!!

コンなんで大丈夫か?…俺よ



この記事に

俺的には…100点!

イメージ 1


海迄の道すがら、波音を聞くのが楽しい。

「 今日はどれくらい時化てんねやろ… 」とか、「 今日の魚さん達の活性はイイかな… 」とか。

毎回毎回同じ道を通るのに、その毎回が楽しいって、俺のオツムが悪いだけなんかなぁ〜(´∀`)

朝イチからは時化弱く、まぁ9時頃ち釣り始めんのが良いのかもねぇ〜、と今朝は遅めのスタート。

…には訳があって

前日の不甲斐無い釣りを振り返り、夜は1人反省会。
もっとあぁやっとけばとか、あの時こう考えられればとか、1人で脳内会議してました。

更に翌日のイメトレ含み、やく2時間強の物思いを決め込み、気が付けば日を又越しておりました。

イメージ 2


ワォ!時化繰り替えっております(*´-`)


イメージ 3


1発目はブリさんがお出迎えしてくれました。

前日のイメトレ通り、
合わせはキチンと入れる!
取り込みは大胆かつ繊細に!
糸のテンションは波に同調させ一定に!

頭に入っておりました(´∀`)

まぁ俺様クラスだと、イメージ通りに事を運べるんで、集中力さえ切らさなければ、ザッとこんなモンですわ

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16




その後も引っ切り無しに釣れ続け、又してもの二桁釣行となりました。

ただ今回は二桁釣行が良かったのではなく、これだけ釣り上げて、ランディングミスがたったの3回

しかも後半の、ランディングミス必死の無理やりポイントでのミスだけて、これだけの時化具合に相反し、ほぼほぼノーミスで釣り終えると言う、自分的には100点あげたくなる様な素晴らしい釣行が出来ました。

イメージ 4

オマケ

この記事に

あゝ無情

だけど心なんて〜
お天気で変わるのさ〜

…は、六本木心中か


イメージ 1


本日、雨、東の風13m

甑島には東寄りポイントも多く存在してて、この時期なかなか吹かない東風が吹くと、どこに行こうかまた更にワクワクするので有ります。

それらの中でも、やや時化ポイント、ジャスト時化ポイント、鬼時化ポイントと俺なりに分析してる場所があるんやけど、今回は時化が弱いと言う予想で、やや時化ポイントをチョイス!


鬼時化、見たいな
…見事にハズレました

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


到着1発目でセイゴちゃんが挨拶に来てくれましたけど、その後も今回はセイゴちゃん多めの釣行。

今遠征始まって以来のセイゴちゃん祭りで取り込みが雑になってんのか、大物はことごとくランディングミスを繰り返し、ブリにもランディング間際にルアー持ってかれるわ、丁寧にやろうと思えば時間かけ過ぎて魚を波にさらわれるわ…なんか何しても歯車があってない感じ。

時化過ぎて入りたいポイントにも入れんし、注意散漫で何回か大波にさらわれかけるし…

甑島遠征はダイエットも兼ねてて、遠征中は1日500gづつ位体重が減ってるんやけど、冬、初春の魚釣りで急激に体重を落とすと、今日みたいな雨交じりの釣行中は、体温が下がり過ぎて、注意力や集中力も下がってしまいがちになります。

こんな時にこそ、尚更に集中して釣りせんとですね!

イメージ 7

イメージ 9



自分に喝を入れるべく、釣行終わりの泣きの一釣り!!


イメージ 8


明日はまた大時化模様…

とこ行こかな

この記事に

イケマン

イメージ 1


まぁ脳ミソが少ししか入ってないんでしょうがないと言えばしょうがないんやけど、釣り行く時、いっつも忘れ物をします。

ある時はフラッグ忘れてカヤック乗ってたり、ある時はスニーカーのまま釣りに行こうとしてたり。
ヒドイ時には、パドル忘れてたり…どうやって漕ぐねんっ!見たいな。
竿持たずに出て見たり…何しに行くんじゃ!見たいな。
この間はばっちし用意ができたと思って出たら、魚探の電池が入ってなかった…

イメージ 2


今朝はシーアンカーをバウに結ぶの忘れて漕ぎ出してて、波も高かったから船上で結ぶんしんどかったんで、いっかい近くの瀬に乗って波かぶりながらアンカー結びました

イメージ 3



でも、何を忘れたらあかんかって言うんは、やっぱしなんと言うても「 釣り運 」を忘れて行ったらあきません!

イメージ 4



…イケス満タン!
今朝の俺は、それだけは忘れずに持って行ってたみたい

イメージ 5



朝の波の高い時間にスズキさん釣って、流れのある深場で真鯛さん!駆け上がりでハタさん!そのどれかでゲストさんを挟んで、最後は足が早い青物さんを釣る。

全てが予定通りの展開

おかげでみんなピンピンに元気でした
(´∀`)

この記事に

イメージ 1


時化た日にはヒラスズキ、そして凪いだ日には(時化以外と言うべきか…)カヤックフィッシングに興じて居ります甑島遠征

イメージ 2


外洋に面する甑島では1.5mは凪です。
2.0m程度位がやや一般的な釣り日和と言った感じで、本島でのカヤックフィッシングとは一線を博したハードな環境がMのハートをくすぐります

イメージ 3


そして何と言っても得体が知れん大物との出会いがある事。

まぁ腕が伴ってないもんで、遊ばれるだけで遭ってはくれないんですけれどもね〜

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


諸事情につき、釣行時間に制限があるもんで、大漁とはいってませんけど、3時間ソコソコの釣行でこれだけ釣れれば十分と言うとこじゃ!?

イメージ 7


甑島のカヤッカーと一緒に釣りする事もあったりして…

イメージ 8

イメージ 9


やはり腕が伴ってる人と釣りすると、断トツで釣り負けるところは、さすが俺って感じでしょうかね〜(´∀`)

イメージ 10



まぁ、そんな時はふくに慰めてもらいます

この記事に

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事