DJカートン.mmix

パズル作家「DJカートン」のブログ『DJカートン.mmix』へようこそ。 質問・作品創作依頼などは随時受付中です。

全体表示

[ リスト ]

先が読めない将棋界

今回の件は時間が経つにつれてどんどん変な方向に進展しているような気がする。

まず渡辺竜王が自身のブログで今回の件についての「行動意図」について説明している。

10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高いことを知りました。このまま竜王戦に入れば七番勝負が中断になる可能性もありますし、将棋連盟にとって最悪の展開は後に隠していたと言われることです。七番勝負が始まってから対応するのでは遅いので、この状況を常務会に報告。報道が出ることを知っていながら放置して最悪の状況を迎えるリスクを取るか、事前に三浦九段に話を聞くかのどちらかしかないわけで、後者を選ぶまでは止むを得なかった思います。 (文字背景が水色の文章は「渡辺明ブログ」より引用。以下同様)

「放っておいても報道が出る可能性が高い」というのは重大である(※1)。これは言い方を変えると

「奴等」にしてみればもっとも劇的な──ぶっちゃけ言うなら「最も販売部数を稼げそうな」──タイミングで報道を出せる、という選択肢を手にしている

という事になる。そして

その報道によって竜王戦や将棋界がどういう事態に陥ろうとも「奴等」には全く関係も責任もない

事でもある。もしこれが「まごう事なき物証」を基に話しているのならともかく、

三浦九段の対局中の行動及び、棋譜の観点からも疑問が生じている(ソフト指しがあったと断定はしていない)

というだけで、つまり「物証が何もないただの憶測」で将棋界と最高の棋戦が傷つけられてしまうわけで、ハッキリ言って洒落にもならない。下手したら(下手しなくても)名誉棄損罪及び偽計業務妨害罪であろう。

ともかくこのままでは最悪のタイミングで「奴等」に素っ破抜かれて最悪の状況を迎えてしまう、と考えた渡辺竜王が行動を起こした、という事は間違いないと思う。そしてそれは現時点で考えられる「最善手」だと思う。何と言ってもここ最近は企業が長年にわたって隠していた不正(データ改ざん、違法な就業条件の強要、その他諸々)が公になって信頼を失墜させる、というニュースをそれこそ「聴き飽きるほど」聴いているから(※2)。もし将棋連盟が彼らと同じ行動を取っていたら前述のように「絶好のタイミング」で記事を出されて将棋界は信頼回復のチャンスを失って崩壊の一途をたどる、言ってみれば「投了までただ指しているだけ」の状態に陥っていたと思う。
そういう意味では最善手とは言っても劣勢時における「比較級的最善手」(他の手ではもっと悪くなる)のようなものかも知れないが、こうやって「奴等」に素っ破抜かれる前に「行動(三浦九段への聴取から続く番勝負の挑戦者変更など)」に踏み切っただけでも日本将棋連盟という団体は長年不正を隠し続けていた企業などよりよっぽど「信頼できる」のではないか、と思う。

一方で渡辺竜王の釈明(?)によって今度は渡辺竜王を悪者扱いしている人が(ネット上には)多くなったような気もする。だが、上でも述べたように渡辺竜王(と日本将棋連盟)は「現時点で考えられる最善手を指した」だけだと思う(それが「本当の最善手」であるかどうかは別として)。それが非難に当たると言うのは「事態好転のための策を講じる事を非難している」、極端に言うなら「ちょっとでも劣勢になったら諦めて死ね」と言っているようなものではなかろうか。確かに昨今は「見苦しい悪あがき」も多いが、プロ棋士は盤外でも「悪あがき王手」のような事はしない、と自分は信じている。…「信じたい」が本音かも知れないけど(笑)。

ともあれ、現在は確かな情報・物証よりも推測・憶測(それも感情的・煽情的なもの)の方が多すぎて何が事実か読めないし、今後についてはもっと読めない。…まぁそれもこれも「奴等」が絡む(不明瞭・誇張・虚偽のネタをばら撒く)からなのかも知れないけど。

最後に、島九段はこの件の対応で10月10日から寝る暇もなく動いていたという。だとしたら先月の両国イベントを欠席されたのも仕方ないし、もしかしたら来月に予定されていたイベント(現時点では森下九段に代わる「代替イベント」は発表されていない)は中止になるかも知れない。もしそうなったら自分は「第3期両国将棋学術会員」の特典を何一つ使わずに終わる事になってしまうが、だからと言って「年会費が無駄になった」という風には思わないんだよなぁ…(笑)


※1…よくよく考えると渡辺竜王はどのようにして「10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高いことを知った」のか、という疑問も生ずるのだが、それを考察するには情報も時間も足りなすぎるのでここでは触れない事にする。

※2…以前に似たような事を書いたがどうも彼らは「自分(たち)だけはバレずにうまく隠し通せる」と考えてる(根拠のない自信を持って)いるように思う。「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉があるというのに…

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして。

>渡辺竜王はどのようにして「10月上旬の時点で放っておいても三浦九段に対する報道が出る可能性が高いことを知った」のか

おそらくですが、10月20日に発売された「別冊宝島 将棋名勝負伝説」
https://www.amazon.co.jp/dp/4800263506
がきっかけと思われます。この号は三浦事件発覚の一週間後に発売されたため、当然のことながらそれに間に合ってはいません。
これに掲載されている渡辺竜王のインタビューを行ったのが週刊文春の中村記者(文春の三浦事件記事執筆者)です。
インタビューの中にはもちろん直接三浦事件を示唆するような内容は一つも入っていませんが(他社誌に抜きネタを臭わせるわけがない)、このインタビューの過程で竜王が記事のことを知らされたのかもしれません。

2016/11/5(土) 午前 8:42 [ til*iz ] 返信する

顔アイコン

自分はこれを書いた後に「渡辺竜王がその可能性を知った経緯」を考察したブログの記事を発見、拝見しましたが、そこでも中村記者と接触した時に知ったのではないか、と書かれていました。
ただ、「知らされた」というよりはそのインタビューでの中村記者の物言いから渡辺竜王が「察知した」のかも知れません。直接知らせると今回のように「渡辺竜王に先手を打たれる」→「もっとも部数を稼げるタイミングで報道を出せる選択肢を失う」でしょうから。
そう考えるとその中村記者とやらも迂闊というか「棋士の危機察知能力を甘く見ていた」のか…(笑)

2016/11/16(水) 午後 11:18 [ DJカートン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事