DRANG NACH OSTEN

asasinのアンプラグド・ウォーゲーム出戻り東部戦線不始末記

ウォーゲーム雑感

すべて表示

GCACWと言う名の愉悦

さて、GCACWなるゲームシリーズがあります。
これだけ聞くとまるで暗号みたいですが、タイトルが余りにも長いのでその頭文字をとってこう書かれる事が多いのでした。
・・・それでも長い略称だなと思っていましたが、現在は早口言葉みたいに言えるようになってます(笑)
正式な名称は「Great Campaign of the American Civil War」と言います(今風に訳せば、「戦役級!南北戦争」って感じでしょうか)。
2010年1月の時点で同シリーズとして8つのタイトルが出版されています。
イメージ 2

大雑把に言えば、シリーズ共通のルールでもって南北戦争を作戦級スケールで再現したゲームシリーズです。しかも各ゲーム毎に結構な量のシナリオがあるので、一度ルールを覚えてしまえば様々なシチュエーションが同じルールで楽しめちゃうってのが大きな魅力(ASLを羨望の眼差して眺めていた作戦級ゲーマー的にはポイント高いです!)。シナリオの長さも長短色々とあるのでその時の都合で選べたりするのも良い点です。
更には複数のゲームマップを連結した「グランド・キャンペーン」なる壮大なシナリオもやろうと思えば出来ちゃったりします。(場所の問題が大変だけど・・・)

実はワタクシ、昨年からこのゲームシリーズにズッポリとハマりました。
南北戦争なんて、ほとんど全くと言って良いほどな〜んにも知らなかったのになんでまた?
二次東部戦線モノ専(こんな言葉あるのかw)じゃ無かったっけ?
と自分でも突っ込みたくなるほど、これまでの流れから思い切り外れていますが、理由は簡単。

マップがキレイ!

ただ単にそれだけです(笑)
ですがその美しさがハンパじゃないんですよ。
もうそれだけで知ったその日から、実はずっと気になっていたんでした。
イメージ 1

見てるだけで溜息がでます・・・

このGCACWシリーズ、今は亡きアバロンヒル(名前だけ生き残ってるけど)から第一作の「Stonewall Jackson's Way」が出版されたのが1992年。最も最近出版された第七作「Grant Takes Command」でも2001年とほぼ10年近く前。なので当然、買おうと思っても全部絶版!(昨年末、久々の最新作「Battle Above the Clouds」が出ました!)
こりゃまあ縁なさそうかなと思っていたんですが、たまたまヤフオクで安い出物があって飛びついたのが運の尽き(笑)

買ったらどんなゲームか気になるってのが人情です。いくらマップ目当てと言っても眺めてるだけじゃ勿体無いし。
幸いにも我が国、実はプレイする為の環境は本国アメリカに劣らないくらいに恵まれているんですよ。

ウォーゲーマーなら知らない人など居ないであろう、みんながお世話になっている日本最大のウォーゲームポータルサイト、「A Home of Game Ape」の管理人(で良いのかな?)であるたかさわ氏がなんとぜ〜んぶ和訳してくれてるんです。
後に追加されたシナリオやエラッタ等も全て反映されているし、訳文は細心の注意で持って曖昧さも廃されているので、ルール読む際に良くある「???」ってなっちゃうこともまず起きません。更にチュートリアル的プレイガイドも氏のサイトに多数アップされているのでまさに至れり尽くせり状態です。
なのでやろうと思ったら、和訳ルールやチャートをダウンロードすれば良いだけ!
もしわからなくなっても氏のサイトを探せば大抵の答えは書いてあります。

と言うことで「すんごくルール複雑で難しいんじゃなかろうか?」との勝手な先入観から、おっかなびっくりではありましたが、意を決して(おおげさ)手を出してみたのでした。

初めてみるとこれがなんと意外なほどルールはシンプルで、(とは言っても他のゲームとはかなり異なるモノが多いので、それなりに慣れは必要そうですが・・・)お〜、なんだオレでも出来るじゃん!って感じです。
しかもそれぞれのルールが、実際にコマを動かしてみるといちいち膝を打ちたくなる様な説得力で、私好みの不確実性の高いシステムとも相まって、やればやるほどドンドンとハマりにハマったのでした。

その後、全く知らなかった南北戦争に関しても、調べれば調べるほど興味深い事象が次々と発見できてこれまたドンドンと深みにハマり現在に至る(笑)

まだまだ語りつくせませんが・・・長くなったのでゲームシステムなどに関してはまた改めて(ホントか?)・・・


Great Campaign of the American Civil Warデータ
出版年順に以下
Stonewall Jackson's Way (第二次マナッサス戦役)
イメージ 3

Here Come the Rebels (アンティータム戦役)
イメージ 4

Roads to Gettysburg (ゲティスバーグ戦役)
イメージ 5

Stonewall in the Valley (シェナンドー渓谷戦役)
イメージ 6

Stonewall's Last Battle (チャンセラービル戦役)
イメージ 7

On To Richmond! (半島戦役)
イメージ 8

Grant Takes Command (オーバーランド戦役)
イメージ 9

Battle Above the Clouds(チカモーガ・チャタヌーガ戦役)
イメージ 10

の計8タイトル。
*現在入手可能なのは最後のBattle Above the Cloudsのみ。
それ以外はヤフオクやebayなどで。
急がないならMMP社から再版が予定されているのでそれを待ちましょう・・・

サポート誌として
Skirmisher vol.1
Skirmisher vol.2
の二冊が出ています。追加シナリオや追加モジュール、追加ユニット、リプレイ記事など。
*こちらは現在でも入手可能(全て英文)。

参考サイト
GCACWシリーズ - A Home Of Game Apes 日本人ならここ見てればOK!

Great Campaigns of the American Civil War 本家サイト。でも新作出たのに更新されてない・・・

GCACW Replays 初心者のためのチュートリアル。でも英文・・・

Board Game Geek おそらく世界最大規模のゲーム情報サイト。ゲーム紹介、画像、フォーラムなどてんこ盛り!

その他の最新記事

すべて表示

ボックスアート百花繚乱その2

2009/12/23(水) 午後 7:29

さすがに一年以上も放置したまま年を越すのもアレなので、(MustAttack日記の転載ですが・・・)久々に更新。 で、ネタはタイトルの通り、またまた箱絵です。 webで色々と見てるうちに、また溜まってきたのでここらで整理も兼ねて、 ...すべて表示すべて表示

帝国海軍第三艦隊現在進行中

2008/8/27(水) 午前 4:42

えらくゴツいタイトルですが、現在手掛けているゲームのコンポーネントの事でした。 整理の意味も兼ねて、ひとまずこれまでで概ね出来上がった物をアップしてみます。 (と言っても詳細は サンセットゲームズ のサイトにアップされるでしょうから、あ ...すべて表示すべて表示

シルエット出来たて。

2008/7/3(木) 午後 7:49

・・・と言う訳で、分からない人には何の事か全く分からないネタです。 さて、どれがどれだか分かった人は、ぜひ帝海を買いましょう!?(・・・って言ってもまだ出てませんが) 使うかどうかも分からない物をシコシコ作ってしまった・ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事