ここから本文です
おとうさんのブログ
徳島に住むおとうさんのひとりごとです。 写真は徳島市のシンボル「眉山」です。

書庫全体表示

お稲荷さん(稲荷神)を熱心に信仰し祈願すると,どんな願い事でも叶えてくれるが,作法にしたがってお礼参りをしなければ狐に取り憑かれる,あるいは罰を下されるなどと恐れられ,その理由は,稲荷神は狐の動物霊であるからだといわれている。
  
徳島市北山町の稲荷神
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はたして,稲荷神とは恐ろしい神なのだろうか!?
 
そもそも神道における稲荷神は御饌津神(ミケツカミ=食べ物の神)で,別名は宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)である。
 
食べ物の神であるのなら,私は日本人の主食たる「稲」との不可分性から,稲そのものが御神体だと考えている。
 
尊称についても「稲が成る」ことを祈願して「稲成神(いなり)」とされ,「稲束」が「稲の荷」に通じることから,「稲荷神」と表記されたのだろう。
だから,伊勢の外宮(豊受大神宮)も食べ物の神であるゆえ,例え信仰対象は異なっていても,実際は同一の神格だと思う。
 
また,狐が稲荷神の使者というのも農耕と大いに関係があって,人々が農耕をはじめるころに狐は里に下りてきて,稲の害獣である野ネズミやハタネズミを捕食する生態系から,そのような信仰が生まれたのだろう。
 
ただ,大自然を信仰対象とする日本古来の神道に,密教の荼枳尼天(ダキニテン)が習合したことにより,ダキニテンはヒンドウーの女鬼であり,またダキニテンがジャッカルに跨っていることなどから,ウカノミタマカミは鬼神であり,ジャッカルと狐を同一視した結果,鬼神を乗せたキツネは恐ろしい動物霊だと恐れられたのだろう。
 
食べ物の神は人々に祟りや罰を下すはずもないが,食べ物を粗末にすると餓死するのは自然の摂理である。
 
なお粗末にするという行為は,神がするのではなく,罰を与えられる側の人間が行うものであって,すべては身から出た錆である。
 
 
 
しかし,汚染された「稲わら=稲荷神」は今後どのような方向に展開するのだろうか・・・
 
 
 
 
 

閉じるコメント(12)

  • 顔アイコン

    あ〜あ恐ろしや〜〜(>_<)
    そういえば
    実家の敷地の隅っこにお稲荷さんがあるような??
    油揚おまつりしてましたが・・・!!

    ☆葉月☆

    2011/7/29(金) 午前 11:31

  • 顔アイコン

    稲藁が稲荷神とするならば、牛を通して、
    人間に取り付き、少しずつ人を病魔により侵していく。
    っていうことでしょうかね。
    その汚染された稲藁を作ったのも人間、
    稲藁を食べないようにしなかったのも人間。

    早く解決するといいのですが・・・。

    [ ようちゃん402 ]

    2011/7/29(金) 午後 0:49

  • 顔アイコン

    葉月さん,こんにちは

    大丈夫!
    恐れることはありません!!

    ただし,屋敷神を放置するのは悲しいことですから,続けてお祀りするか,魂を抜くかのいずれかを選んだほうがよいと思います。

    神だけではなく人間も放置されるのは厭ですから。
    「ほっとけさん」はダメですよ(^u^)

    [ おとうさん ]

    2011/7/29(金) 午後 0:53

  • 顔アイコン

    ようちゃん,こんにちは

    とどのつまりは,人が神に近づきすぎて,聖域とされる核融合反応を都合よく利用したことにはじまっています。

    「想定外」の文言で許されるべきではありません。
    困ったものです。

    [ おとうさん ]

    2011/7/29(金) 午後 1:18

  • 顔アイコン

    こんにちは、
    お大師様も伏見稲荷で加持をしていたとつたえられていますね。
    高野山を開基するに当たり、立里の荒神さんと伏見のお稲荷さんのお陰ですね。おとうさんの解釈に私も近いです。
    稲荷大神秘文の内容がまさにその通りです。

    [ ゆきちゃん ]

    2011/7/29(金) 午後 2:35

  • 顔アイコン

    ゆきちゃん,こんにちは

    御賛同ありがとうございます。
    八百万の神々や仏たちと農業はとても深い関係がありますね。

    農業と信仰に励んでおられるゆきちゃんは,まさしく大自然と一体とになっておられますね。

    [ おとうさん ]

    2011/7/29(金) 午後 3:38

  • こんばんは。

    お稲荷さんと言えば、京都の伏見稲荷を思い出します。
    お正月、凄い人手です。
    ポチ☆

    まいめろにゃん

    2011/7/29(金) 午後 7:13

  • 顔アイコン

    まいめろにゃんさん,おはようございます。
    いつもありがとうございます。

    伏見稲荷は神道系ウカノミタマノカミの総本社ですから,正月となると大勢の方々がご参拝されているようですね。
    初詣は日本人の伝統的な行事ですからぜひ続いてほしいです(^v^)

    [ おとうさん ]

    2011/7/30(土) 午前 9:04

  • 顔アイコン

    お稲荷様も奥が深いんですね。勉強になります。

    ワッキー

    2011/8/6(土) 午後 0:58

  • 顔アイコン

    ワッキーさん,おはようございます。
    返事遅れてゴメンナサイ<(_ _)>

    そう考えていただけると嬉しいです(^_^)v

    [ おとうさん ]

    2011/8/8(月) 午前 9:19

  • 顔アイコン

    ウチは最上のお稲荷さんをお迎えしています。
    商売の神様だと思ってました^^; みじんこは年に一回最上稲荷でお祓いして貰ってお札を戴いてきますが、お返しする迄祀りっ放し、旦那さんが毎日出勤前にお水を替え、榊の水を取りかえて、柏手打って出かけてます。そのすがたに感心しています。

    みじんこ

    2011/8/9(火) 午前 7:44

  • 顔アイコン

    かんまんぼろんさん,こんにちは

    お稲荷さんは食べ物の神ですから,その糧となる商いの神と考えてもよいと思います。
    何事でも解釈が大切です。
    ご主人も篤い信仰心をお持ちなのですね。

    ご立派!

    [ おとうさん ]

    2011/8/9(火) 午後 0:42

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事