ここから本文です

書庫全体表示

初夏の風物詩!?田んぼの草取り、7月15日で終わりました♪
田植え後5日目(6月5日)に、竹ぼうき。その後、1週間ごとに4回。

イメージ 1


竹ぼうきで浮きあがった草が、風下に流れついたようで、
田んぼの片隅に、草がびっしりと生えてきました。
6月13日ごろから、腰に苗箱をつけて、
草を拾いまくり。

イメージ 2


日光が強くて、サングラスが必需品。
朝5時半に起きて、涼しい田んぼに入るのが気持ちよかった。

7月に入ると、草が育って大きくなり、腰の苗箱には入りきらず、
発泡スチロールの長い箱を使います。
腰に負担がなくて、浮いているので、楽です。

イメージ 3


手での草取りは、田んぼをぐるぐると、2〜3周くらい。
すっきりしました!
泳いでるみたいです ^ ^

代掻きがきれいだったおかげか、草は少なめな、8年目。

野生のカモさんのおかげかも!?
毎日、2羽のカモさんが、すいすいと田んぼの中を
泳ぎまくり、何かを食べています。
(逃げてしまうので、写真がとれません)

うしがえるくんも、いっぱい。じょぼん、じょぼん、と大きな音がするので
驚きます。

足の間をシマヘビは泳いで行くし。

空中は、ツバメが口を開いて、飛びまくるし。

賑やかなことです。

みんなの田んぼだね♪

この記事に

  • 顔アイコン

    取った草は、持ち出さず、土の中に埋め込んだらどうでしょうか?数日すると腐ります。

    無農薬米

    2013/7/20(土) 午前 1:40

    返信する
  • 顔アイコン

    以前、持ち出せずに、埋めたことがありますが、
    そのあと、大繁茂しました。。反省し、今は、持ち出しています。
    気候の違いかな。腐らずに浮き上がると、また根付いて、どんどん育ちます。
    畑の肥やしにすることはあります。

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/21(日) 午前 10:32

    返信する
  • 顔アイコン

    珠に、1、2本生き残る事はありますが、まず全部腐ります。気候の違いではないと思います。土質か土の深さが違うのかな?慣れかな?グッと深く押し込み、上に土とかを被せていますか?

    無農薬米

    2013/7/21(日) 午前 11:40

    返信する
  • 顔アイコン

    やはり、温度の差は大きいのではないでしょうか。水温がぜんぜん違うと思います。
    1,2本なんてもんじゃあ、ありません。もじゃもじゃになって、稲がまけます。それと、球根のものは、相当深く埋めても出てきます。オモダカなど。クワイのようなもので、球根ごと田んぼの外に出さないと、翌年、オモダカだらけになります。関西と北陸では、全然条件が違いますね。

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/21(日) 午後 11:18

    返信する
  • 顔アイコン

    ちなみに、佐渡で、無農薬でお米を作っている他の農家さんも、「外へ出さんきゃだめだっちゃ〜」と、いいます。私は以前、関西に住んでいました。三重や和歌山の田んぼにお手伝いにいったときは、草は埋めていたなあ、と懐かしく思いだしました ^ ^

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/21(日) 午後 11:35

    返信する
  • 顔アイコン

    草の種類が違うのですね。うちでは、埋められなくなった時、腰に吊るしたレジ袋に集めて、田んぼの外に持ち出していました。

    無農薬米

    2013/7/22(月) 午前 0:20

    返信する
  • 顔アイコン

    レジ袋!ナイスアイディアです♪そうですね。種類はいろいろだから。ヒエとか、菊みたいのとか、クサネムあたりは、そんなに強くないので、埋めればなくなっちゃうと思います。でも、青い草は、地中に入れない、のが自然かな。稲の根が伸びようとしているところで、草が腐ってるのは、よくないと思います。

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/22(月) 午前 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    マニアックな草取りの話題で、コメントいただき、うれしいです〜 ^ ^ ありがとうございます。

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/22(月) 午前 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    一杯になったレジ袋を田んぼに置いておき、後で回収しても良いです。
    腐敗ではなく、醗酵と思ったら良いと思います。

    無農薬米

    2013/7/22(月) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    醗酵でも同じく、根にはよくないでしょう。稲が小さいうちは、稲から遠いところならいいかもしれませんね。届くころに、肥やしになるといいかも。人それぞれ、いろいろ試してみればいいですね。

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/22(月) 午後 4:45

    返信する
  • 顔アイコン

    色々な人の試みを参考に、作り方を毎年のように変化させて行っています。

    無農薬米

    2013/7/22(月) 午後 5:55

    返信する
  • 顔アイコン

    私も、そういう年月が続いたのですが、
    この春は、思い立って、、
    稲としっかりと向き合おう、と決めました。

    今までにらめっこした、書物はしまって、
    毎日、稲を見ています。

    [ どじょっこ佐渡 ]

    2013/7/22(月) 午後 6:47

    返信する
  • 顔アイコン

    観察して気付く事も大事ですね。

    無農薬米

    2013/7/22(月) 午後 8:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事