ラジオ大阪「笑顔で元気」井草克一

すべて表示

海のものと山のもの(野菜、海草、根菜類とミネラルの働き)

日本人は縄文時代から海藻を食べてきました。
日本人の腸内細菌は欧米人と違い、海藻の繊維を分解する酵素を造る様になりました。
日本人は海苔などの海藻を消化吸収し、海藻を栄養にする事が出来ますが、欧米人は消化吸収出来ません。
最近の日本人は海藻の摂取量が低下しています。
海藻にはカロチン、ビタミンB12、アミノ酸、アルギン酸ナトリウム・アルギン酸カリウム・アルギン酸カルシウムなどの食物繊維や、多糖類のフコイダン、アミノペプチドの海苔ペプチド・わかめペプチドなどの栄養素やカルシウム・亜鉛・鉄、カルシウム、ヨウ素(ヨード)などのミネラルが多く含まれています。
海草物語の原料について
「アッケシ草」は塩田の周囲に群生し、塩が引くと海面の上に出てきます。
ほうれん草の仲間「アカザ科」ですが、海水を吸い上げて、水分を蒸発させ海の栄養素「海水酵素とミネラル90種類以上」を全て凝縮しています。一番比重の重い植物。
「青のり」植物では少ない、ビタミンB12を豊富に含有血圧降下作用、肺粘膜の保護再生、血行促進、口臭予防
「ヒジキ骨粗鬆症の予防、解毒作用、髪の毛や肌の美容効果、動脈硬化の予防、自律神経を安定させる
「メカブ、ワカメフコイダン(免疫活性)胃腸粘膜保護、アンチエイジング、育毛、美白、眼精疲労予防
「昆布ナトリウム排出(アルギン酸)、動脈硬化、高血圧、脳卒中の予防
「アルファルファ」土中に7m根を伸ばし土中の微量ミネラルを蓄える。葉緑素を含有し、カルシウムを保持、増加
アルファルファの「イプリフラボン」は「エストロゲン」と同様
「レンコン」胃壁保護、咽喉、鼻、気管支の粘膜を強化
「生姜」咳を鎮め、痰を切り、嘔吐を抑えるほか、解熱や消化器系の機能亢進、腹痛、胃痛や便秘の解消、血行促進
★海草物語は「鉄分」の含有量が多く、15粒で必要量を確保出来ます。
今月のラジオ大阪・プレゼントの顆粒なら2g入りですから12包で良いですね。
★鉄分の働き
・酸素を運ぶヘモグロビン、筋肉に酸素を蓄えるミオグロビン、脳に酸素を蓄えるニューログロビン・脳内ホルモンのセロトニン、ドーパミン、メラトニンの生成・体温上昇や筋肉運動のエネルギー源(ミトコンドリアのATP生産に必要)・活性酸素の除去(SODの働きを活性化)・免疫機能(リンパ球、好中球の働きの維持)・美肌効果(皮膚、爪、毛髪の形成)、体力増強、ダイエット効果(基礎代謝)
★不足すると
貧血、低体温、体力低下、肩こり、疲れやすい、眠気(脳の酸素不足)、感情の減退、イライラ、集中力低下、認知機能低下、学習機能低下、爪が割れる、抜け毛、肌荒れ、抑うつ、睡眠障害、不妊など
ラジオ大阪1314OBC かっちゃん&みゆき                                           
放送音声 http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC161130_Dr_K_Egao.mp3

その他の最新記事

すべて表示

海のものと山のもの(野菜、海草、根菜類とミネラル)

高脂肪食は病気の原因 「糖尿病は大腸の炎症が原因」 食欲の秋ですが、高脂肪食には気を付けましょう。 食べ過ぎると様々な病気のリスクになります。 高脂肪高蛋白の食事は腸内フローラが腐敗型に変化して、腸粘膜の炎症や血液 ...すべて表示すべて表示

冷えは万病の元(入浴や温熱療法で冷えを解消


.


みんなの更新記事