全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全401ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


腸内フローラは一生を通じて小刻みに変動しています。
大きく変動する時期が3回あります。
最初は生後1週間。哺乳類は無菌で生まれて、生後直ぐに大腸菌やブドウ球菌、腸球菌など腐敗菌や日和見菌が増殖します。
初乳を飲んで生後1日目から小腸の善玉菌「乳酸桿菌」が増殖します。
生後2日目から大腸の「ビフィズス菌」が増殖して、健康な赤ちゃんは、生後1週間で健康な腸内フローラを形成します。
帝王切開などで衛生管理された出産が原因で、大腸菌のいない新生児は乳児湿疹などを発症します。
2回目の腸内フローラの変動は離乳期です。一生の健康を左右する大事な時期です。
腸の食べ物の受け入れが出来るようになると、歯が生え始めます。
最近の離乳食は早すぎて、腐敗菌が繁殖して腸に傷をつけたりして、アレルギーの原因にもなっています。
離乳食を始めて湿疹が出たら、離乳食を中断すれば、直ぐに良くなります。
乳児の腸には母乳を発酵させる乳児型の乳酸菌やビフィズス菌が棲んでいます。
離乳食が始まって半年程で穀物を発酵させる大人型の腸内フローラに変化していきます。
離乳期にお腹に棲み付く乳酸菌やビフィズス菌は両親から受け継ぎ、先祖代々遺伝しています。
成長期に入る一番大事な時期です。
離乳食は歯の成長に合わせて進めるのが理想的です。(昔は咀嚼して食べさせていた)
前歯が生えたら味噌汁の上澄み、重湯、野菜の煮汁
犬歯が生えたら、炊いた魚、野菜をすり潰す
臼歯が生えたら断乳してご飯を食べさせる、油物や肉類はその後
臼歯が生え揃うまでは、すり潰して食べさせる。
3回目に変動するのは老年期
40代後半から小腸の栄養吸収が低下して、腐敗菌が増殖します。
この時期から食事には気をつけないと血液が汚れて、様々な病気を発症します。
老化現象は25才から徐々に始まり(各駅停車)、45才から加速(急行)60代から急加速(特急)
腸内フローラは様々な働きをしています。
牛や馬は草しか食べません。蛋白質の摂取量が少ないのに、筋肉質です。
蛋白質はどうして補充するのでしょうか?牛には胃が4つあります。
第一の胃(ルーメン)は、要領が150リットルもあり、繊維を発酵させる細菌が1ml中に100億匹、原虫は100万匹、とても沢山棲んでします。
繊維質を分解発酵させて、酪酸やプロピオン酸などの有機酸を作り、脂肪酸はルーメンで吸収されて牛のエネルギーの70%を賄っています。
沢山の微生物や原虫は死んでいき、第2〜4の胃でアミノ酸に分解されて腸で吸収されます。
草⇒発酵⇒有機酸(エネルギー)+微生物の蛋白質⇒アミノ酸⇒筋肉
微生物の働きは素晴らしいですね。
逆に栄養価の高い濃厚飼料を与えすぎると、胃や腸の微生物のバランスが崩れ、病気になります。
人間も人種や食習慣によって腸内フローラが違います。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

様々な病気で悩んでいる人は多いですね。
病気の原因については、様々な事が言われています。
喫煙、遺伝、ストレス、自律神経、生活習慣、老化現象その他・・・
喫煙で病気になるのなら、喫煙者はみんな病気になります。
(血管の収縮と体内酸素不足のリスクはあります。農薬や化学物質の害もあります。喫煙者はお酒を飲む人が多い、酒のつまみが大きな原因かも?)
遺伝なら若い頃や幼少期に病気になるはず。
アメリカで1700人の100歳以上の長寿者と若年群、全ての人の遺伝子解析を行ったところ、病気のリスク遺伝子に関しては、差が無かった。
癌を発症する遺伝子リスクが高くても、100歳まで癌にならない人が多数いるという事です。
つまり癌などの病気や寿命を決めているのは「病気のリスク遺伝子ではない」ことが証明されました。   
ストレスはみんなあります。(筋肉を緊張させて血液循環が悪化する事で病気になる事はあります)
一番の原因は「生活習慣」と「老化現象」
生活習慣が悪ければ、体内の老廃物が蓄積し、糖尿病や高脂血症などで、血液循環も悪化します。
老化現象は血液と血管の減少で、やはり血液の循環不良が促進されます。
病気の原因は血液の汚れ、血液循環不良、そして体内酸素不足です。
3つの要素「心・食・体」の調和が大事です。
心(精神面)神経を使うと筋肉が緊張し、骨格の不正列が起きます。同時に腸管の蠕動運動が悪化して腸内細菌のバランスが悪くなり、血液も汚れます。
体(筋肉や骨格の不正列)により血液循環が悪化し、内蔵機能も低下します。
側湾症などは、心臓を圧迫し肺活量も減少します。首のコリにより、脳や視神経など、首から上の症状ばかりか、下肢の血液循環も悪くなり、足の冷えなどにも繋がります。
食事の内容によっては、腸内フローラが悪化して、血液の汚れや血液の異常によって、血液循環不良になります。
血液循環が悪化すれば、内蔵機能は低下し、筋肉は酸素不足で収縮して骨格の不正列や脳の機能も低下します。
病気の原因は、血液の汚れ、血液循環不良、そして体内酸素不足です。
そうなると「自然治癒力」が働かなくなり、病気も治りません。
「自然治癒力」の原点は、綺麗な血液が全身隈無く循環して、栄養と酸素を全身の細胞に供給する事
心・クヨクヨしない。結論の出ない問題は長時間考えない事。適度な睡眠。
体・適度な運動。運動は毛細血管を増やし、発汗は老廃物を排泄する。ストレッチは筋肉を解し血行促進
食・腸内で腐敗、酸化する食品を控えて、腸内発酵する食品を食べて腸内フローラを健全に保つ。
動物性食品や、炒め物、揚げ物は控える。
和食を食べる事。ご飯、発酵食品、野菜、海草、根菜類、小魚。調理は「煮る、炊く、蒸す」高温調理は発がん性物質のアクリルアミドが発生する。
油料理や肉を食べたら、発酵食品と食物繊維を多く食べる。
肉を食べるのなら、焼き肉よりは鍋物がオススメです。
ラジオ大阪1314OBC ドクトルかっちゃん「笑顔で元気」                                           
放送音声 http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC170315_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今月は大変お世話になっている先生が89才を迎えました。
昭和333日生まれの「森下敬一博士」まだまだ現役で東京のお茶の水クリニックで診療を続けられています。
昭和45年(1970年)に開院したクリニックですが、当時の日本では初めての自由診療のクリニックです。
医薬品は一切処方せず、食事指導で沢山の患者さんを治してこられました。
森下敬一博士は昭和31年から日本人の健康を守る為に自然食運動を始められました。
「西洋食の普及で、日本人は癌その他の病気になる」という理由です。
日本人の食事は1956年(昭和31年)から西洋食が普及し、2年間で日本人の死因が変わりました。
1947年の死因を調べたのですが、1位は結核、次いで呼吸器感染、胃腸炎、脳血管疾患、老衰でした。
1958年(昭和33年)から癌、心臓病、脳卒中と死因が変わりました。
現在、老衰でなくなる方は約2%以下。100人にたった1〜2人?
特に1970年以降からは食生活の欧米化が更に進み、化学物質などの影響もあって、腸内細菌がダメージを受け、アレルギーが増えています。
森下敬一博士の理論は1970年代まで理解されませんでした。
しかし、アメリカで「マクガバンレポート」が発表され支持される様になりました。
(マクガバンレポート)
1960年代後半からのアメリカでは、心臓病や癌などの生活習慣病の医療費が国家予算を圧迫し、大変な問題になっていました。
1977年、にジョージマクバガンが発表した「マクガバン・レポート」は全米に衝撃を与えました。
当時の「アメリカ人の食生活は命を奪う死病の元」として、全粒穀物、果物、野菜、鶏肉、魚、低脂肪乳を増やし、肉類、バター、卵、脂肪、砂糖、塩分を減らすことを報告しました。
報告は議論を巻き起こし、畜産業界と砂糖業界は抗議しました。
しかしアメリカでは病気にならないための食生活の目標が6つ設定されました。
1.炭水化物の比率を(全カロリーの)55-60%に増やす。
2.現在40%の脂質を30%に減らす
3.飽和脂肪酸を10%に減らす。多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸を10%にする。
4.コレステロールを1300mgに減らす。
5.砂糖を15%に減らす。
6.塩分を3gに減らす。
以後、アメリカは食生活の改善により、がんを始めとするさまざまな疾病予防に取り組み、成果を上げてきました。
でも日本人の食習慣、まだまだ問題ですね。
残された余生を健康に過ごす為には、食生活の改善と腸内細菌の改善が急務です。
森下敬一博士の著書は沢山ありますが、「癌は食事で治す」などがオススメです。
森下自然医学の月刊誌「自然医学」は昨年、600号が出版されています。
創刊から50年以上になります。
興味ある人はインターネットで検索して下さい。
ラジオ大阪1314OBC ドクトルかっちゃん「笑顔で元気」                                           
放送音声 http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC170308_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

最近の日本人の魚料理は、骨の無い切り身を好んで、小魚をあまり食べません。
大きな魚の切り身より、小魚がお勧めです。
理由は海洋汚染・・・
日本はマグロ消費国ですが、妊婦さんは特に気をつけて頂きたいですね。
天然のマグロやメカジキなどはメチル水銀を比較的多く含みます。
水銀は地殻や土壌に含まれ、火山噴火や石炭の燃焼、金の採掘などに伴って排出されます。
これが水中や土壌中で微生物の働きなどによって化学変化し、メチル水銀が生成します。
当然、海水に含まれて、食物連鎖によって徐々に濃縮されて、上位に位置するクロマグロなどで濃度が高くなります。
メチル水銀の事故では水俣病が有名です。水俣病の原因は工場排水中の高濃度のメチル水銀でした。
魚をよく食べている東北地方沿岸で母子約800組を2002年から、継続的に調査した資料があります。

母親の出産時の毛髪に含まれるメチル水銀濃度を測定して、生まれた子供が1歳半と3歳半になった時点で運動機能や知能の発達を調べて、母子の関係を分析しました。

お母さんの毛髪のメチル水銀濃度は、低い人が1ppm以下だったのに対し、高い人は10ppmを超えていました。

WHO世界保健機関などでは、神経障害を引き起こす下限値を50ppmとしています。

毛髪の濃度が最高レベル(10ppm以上)の人たちの子は最低レベルに比べ、1歳半時点で実施した「ベイリー検査」という運動機能の発達の指標の点数が約5%低かった。
乳幼児期の運動機能は将来の知能発達と関連があります。
3歳半時点の知能指数検査では男児のみ約10%の差がありました。

海外の研究でも、メチル水銀は男児の方が影響を受けやすいことが知られています。

2005年に厚生労働省が定めた妊婦のメチル水銀摂取目安があります。
妊婦に対しメチル水銀の1週間当たりの摂取許容量を体重1キロ当たり100万分の2グラム。
クロマグロ、メバチマグロ、メカジキ、キンメダイなどの摂取は週80グラム未満
キダイ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、クロムツ、マカジキなどは週160グラム未満。
刺し身なら1人前、切り身なら1切れが約80グラムです。
水銀以外の重金属や環境ホルモンなどの汚染物質も影響するかもしれません。
サバ、アジ、サンマやイワシの方が安心ですね。
一番のオススメは、シラスの釜揚げかしら・・・
大根おろしとネギとポン酢に、すり胡麻をかけて召し上がって下さい。
オメガ3脂肪酸の宝庫ですね。
その他、魚や肉料理に食物繊維などを沢山食べれば、デトックスの排泄にも有効です。
今月のプレゼントの「オリゴハイブレンド」は食物繊維が豊富に含まれています。
1包5gの顆粒分包ですが、1包5g中に食物繊維が4.5gも含まれています。
 大腸の善玉菌をどんどん増やしてくれます。
原材料の主原料はビートオリゴ、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、難消化性デキストリン。2種類のオリゴ糖と2種類の食物繊維に乳酸菌生産物質を配合しています。
ラジオ大阪1314OBC ドクトルかっちゃん「笑顔で元気」                                           
放送音声 http://www.bione.co.jp/tenpo/OBC170301_Dr_K_Egao.mp3

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

全401ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事