ここから本文です
古時計にワニ革着せて
素人の中古時計と自作ストラップの趣味日記です

書庫全体表示

記事検索
検索

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

トモニー メカデジ シーガル
Cal.5018A
その2、組立編

先日のつづきです。
一部のパーツ以外、ドボンとベンジンに沈めて洗浄しました。
ブロアーでよく乾かします。
イメージ 1
香箱真などは個別に洗浄。樹脂パーツは一応、エタノールで洗浄しました。
イメージ 2
外した一部のパーツをもとどおり組み立てます。

イメージ 3
角穴車が上手く外れなかったので、この摩擦車を少し浮かせながらゼンマイにオイリングしました。

摩擦車なので、三角の部分と丸い真の入る部分の隙間にグリスを注しておきます。
イメージ 4

表側です
イメージ 5
香箱をスライドさせて入れて、香箱真を差し込んで、巻真入れます。キチ車の部分にグリス。
イメージ 6
輪列にも通常通り、9010を注油。
アンクル爪には9415を。
ダイヤショックには9010を。
イメージ 11
香箱真や丸穴車を受けるカバーをかけたら、とりあえず様子をみます↓
イメージ 8
ちょっと進み過ぎなので修正します。
イメージ 9
緩急計何も書いていないけど、ここをいじって。
イメージ 10
こんなもので、まぁいいか。
裏へ行って、
イメージ 7

筒車や、躍制レバー(ジャンパー)をとりつけます。
イメージ 12
ご存知のとおり、メカデジは、そこが重要です。
時間が切り替わるときが重要でアナログの時針と同じようにゆっくりと切り替わると、何時なのか判別できません。
時ディスクがジャンパーで、なるべく、○時50分ぐらいまでは頑張って動かないでいてもらって、オクロックにばちんと切り替わってもらわないといけません。


時分ディスクをさせばおわり。軸が大きくていつもの針入れではできないので、ちょうどよさそうなタガネでさしました
イメージ 13
まずは、時ディスク
イメージ 14
もちろん、分ディスクとの位置関係も大事です。

リューズを引いて、時刻合わせにして時ディスクがぱちんと切り替わる時に、分ディスクが00分になるように、セットします。
イメージ 15
ちょっとわかりにくいですが、6時をちょっと過ぎたぐらいのタイミングです。6:03ぐらいかな。


スペーサーを入れて、文字盤を乗せます。
イメージ 16

リューズを一度、抜いてからケースに入れます。
イメージ 17
裏蓋を占めたら、完成。
イメージ 18
裏蓋は圧着式でわりかし固いわりに、ケース形状が普通じゃないので、裏蓋閉め機でやるときに注意が必要です。

じつは、私は、ケースの表側を傷つけてしまいました↓
イメージ 19
本当は、ナイロンストラップとか、ポップなレザーとか、いろいろ楽しめそうですが、さしあたりペラっとした社外品のブレスを取り付けて使用しています。
そのうち、ベルトで楽しみましょう。




今日は、こんなところで。
読んでくれてありがとうございました。


この記事に

今日は、トモニーのメカデジの分解掃除です。
イメージ 1
SEIKO
Tomony
Cal.5018A
7石
手巻き
21600回/時
デジタル表示機構

社外薄手ブレスを着せて


セイコーの50系には、50A・C、5002A・B・C、5005A・C、5006A・C、5018Aのファミリーが存在します。5005と5006が自動巻きです。

スクールタイムやトモニーといった子供向け等の安い時計に使われていました。
廉価ムーブと言いながらもピンレバーではなく、7石使われています。

今の超チープクォーツとは違って、使い捨てではなく、メンテができる構造で、最大の特徴は、輪列を分解しなくてもオーバーホールできちゃう、という点です。

むしろ、分解してしまうと、総受けでアンクルからテンプまで受けているというおっかない作りです↓先輩は敢えて分解していましたが、
ちょっと、めまいがしたので、マニュアル通り、輪列は分解せずに洗います。

50系の中でも特徴的な、トモニーのメカデジ。愛称はシーガルです。
メカデジと言えば、スイスのHOGAをやったことがありますが、こちらのトモニーの方がシンプルで壊れにくそう。


では、分解に行きましょう。
イメージ 2
トモニーのカモメマークも黄緑/黄の色合いもがかわいい。形も面白いです。
メカデジは、時分針をディスクに置き換えた楽しいデジタル表示です。でも秒針だけは普通の機械式と同じようにグルグル回って愛嬌があります。

イメージ 3

いかにもチープな感じがします。でもちゃんとダイヤショックもついていますね。
イメージ 4
巻真はけっこう複雑な形。血みたいなグリスが付いています
イメージ 5
しっかりしたスペーサーを外して、ムーブを取り出します。イメージ 6
ケースはこういう感じです↓
イメージ 7

横から見たところ。秒針の高さをなんとなく覚えておきます。文字盤はスペーサーの上に乗っているだけです。
イメージ 8
秒針はこの形ですから変形させたり4番ホゾを折ってしまわないようによく注意して外します。
イメージ 9
無事に取れました。
イメージ 10
四番車のさきっちょが見えます↓
イメージ 11
リボンのマークが見えます。クレストマークっていうらしいです。

文字盤はこのとおり、そっけなく足もありません。
イメージ 12
ちょっと油なのか、ヤケなのか、文字盤側のスペーサーが変色しています。
イメージ 13
スペーサーを外してムーブメントだけにします。時ディスクと分ディスクがこのようにはなってます
イメージ 14
横から見たところ、この画面で見えるのは外側の時ディスクです。中央の軸に向かって、斜めに6本のアームが伸びてます。
イメージ 15
いつもの針抜きは使えません。ピンセットで、しっかり、時ディスクの裏側の根本と、分デォイスクの表面を支えて、そうっと上へ持ち上げて抜きます。
イメージ 16
無事に取れました。
イメージ 17
このように時ディスクは分ディスクの下にアームが6本あって、中央で軸にはまっています。
イメージ 18
表面に見えるのは筒車オサエ
イメージ 19
腕は「時ジャンパー」で、これが筒車を支えて、時ディスクを躍制しています。
イメージ 20
筒車の左の樹脂パーツは「時送り車」という耳慣れぬ歯車です。
筒車の陰に隠れてる(真下にある)ツツカナの歯が、この時送り車を回しています。これらを外したら、裏側はおしまい。
イメージ 21
輪列は特殊で、いわゆるオーソドックスな本中三針とは違います。
力の伝わり方はこのようになっています。
香箱車(画面下方)⇒ツツカナ(分)⇒時送車⇒筒車(時)

普通は、ツツカナがムーブ中央にある二番車とマサツなんですが、
このムーブは、香箱にマサツ車が付いているのです。


ムーブ表側です。
イメージ 22
香箱(1)から始まって、二番車は中央にはありません。どちらかというとETA輪列に似ている、、と言ってはいけないのかな。
イメージ 23
香箱の上にあるプレートを外すと、
イメージ 24
このように香箱真を抜くことができます。

香箱をスライドさせて、抜き取ります。
イメージ 25

角穴車
イメージ 26

裏側(文字盤側)が、マサツ車です。これが時刻合わせでスリップします。イメージ 27

今回、なぜか、うまく角穴車が外れなくて、真もないのグチャーっとゼンマイが飛び出るのが怖かったので、このままにしました。
イメージ 28

ということで、このまま、ドボンとベンジンにつけて、よーく超音波洗浄しておしまいです。
イメージ 29


組み立ては次回に続く。。。

読んでくれてありがとうございました。
ブログ村に登録しています。応援クリックうれしいです↓

この記事に

一年で最も忙しいのではないかという一週間を乗り越えて本日ようやくホッと一息。
ストレスと疲労で、思わず金もないのにクリックしてしまいそうになりました。

先週の主な時計↓
イメージ 1
年度末は会議的なナニが多く、特に先週のピークでは重要な場面がありました。西洋では馬蹄のお守りが縁起物だとブログで知って、、ここぞというときに、オメガを着用しました。本当は30ミリキャリバーで、と思いましたが、天気が悪かったので、シーマスタープロフェッショナルで↓
イメージ 2
コイツのおかげか、仕事はうまくいきました。ありがとうございます、オメガさま。


それから、けっこう前ですが、スピードキングを売却し、別のロレックスをコレクションに入れたのですがこれがたいそう気に入りました。
イメージ 3
70年代の物にしてはかなりいいコンディションの文字盤でピカピカしています。でも、いい具合に年を重ねた顔つきで、トリチウム夜光もちょっと疲れています。
薄い手巻きのRef6426. デイトなしで超シンプルで、毎日つけていても飽きなそうな時計です。

そうそう、仕事で通った駅前の質屋。
イメージ 4
高価買取格安販売って商売にならんじゃないか、とつまらんツッコミをいれて、あそうか、このキャッチフレーズは、あくまで他店と比べた相対的なことを言ってるんだね。まぁどうせどこも同じだよな。もちろん入ってみることすらしませんでしが。。。

金曜日はちょっとイレギュラーだったので、あまり一分一秒を争わない出勤だったので、メカデジをチョイスしました。ここんところブログ友達がディズニー時計なんかをアップしていたので、我も、と着用してみました。
イメージ 5
ということで、次回はこいつの分解でもアップしようと思ったり思わなかったり。



本日、土曜日は、プロマスターが久しぶりに見たら2秒運針だったので、日光浴に連れ出しました。
イメージ 6
梅雨&真夏用なので、この時期は放置しがちです。たまには充電しないとねー。


今日は、こんなところで。
読んでくれてありがとうございました。ブログ村に登録しています↓応援クリック、励みになります

この記事に

3月の多忙と疲労困憊で、肩が悲鳴を上げていて、昨日は針を刺してきました。
イメージ 1
鍼灸師には、まずは体質改善をいつも指導しています。と怒られてしまいましたよ。
まぁわかっちゃいるのですが、パソコンやりすぎ、運動不足、糖質過多
と、この最後のヤツ、最近、流行の諸悪の根源が糖っつう、アレです。
科学的にも正しいみたいだけど、そんなブームになる前から、過剰に摂取しているのはわかっていたので、、今度こそ、減らそうと誓った昨日。
イメージ 2
今日は親戚の家へ行ったのですが、登戸駅を通ったので、記念撮影。
イメージ 3
スモールライトでパネライが南京虫になる。エニカは小ぶりです。
イメージ 4
ドラえもんものび太も居ました。コロ助もバケルも好きです。

イメージ 5
それで、京王のレールランドというやつにも行ってきました。
1階は体験モノ、2階は滑り台とかプラレールを組み立てて遊べるところ。
250円であの内容は充実しているな、と感じました。
ただし、どんどん混んでくるのでなるべく早めが良さそうですね。
イメージ 6
年度末の大忙しも来週が山場。頑張ります。来週末には時計がいじれるかなぁ。

ブログ村に登録しています。応援クリックうれしいです↓


この記事に

肩回しストレッチしながら、キネティックの充電に勤しむドラのび太です。

このヤツ↓あちこちで紹介されている肩甲骨まわりのストレッチ法で、気持ちいのですが、手に握りしめるだけでセイコーKINETICの充電もできて一石二鳥。
肩回し

今日の時計は、そんなに躍起になってグルグル回さなくても十分満タンになる、普通の自動巻き時計。
イメージ 1
セイコーの2つ目クロノCal.6138.

12時間積算計は、香箱と連動しているので、30分積算計と独立しているんですが、写真のように↓ちゃんと、30分積算計が59分のころには、12時間計もおよそ1時間の目盛にきています。なんだか楽しくなるね!
イメージ 2
この機械、オーバーホール後も調子良く、バシっとしっかり帰零するし楽しいクロノグラフです。
ブレスは、新品の当時の安物社外品だけど、純正品とも雰囲気がちょっと似ているかな。
イメージ 9


それにしても分厚い!さすが、自動巻きの2レジスタークロノですね。デカ厚です。
イメージ 3



ところで、ここんところ、喫茶店で、電車でちびちび読んでいるのが、会社の先輩にいただいた古本です。「100円だったんだよ。あげる。」って。

男のグッズ100シリーズ①腕時計 松山猛 1987年初版
イメージ 4
松山猛の時計本はよく見かけるけど、この文庫本、楽しめます。
イメージ 5
内容はぎっしりで写真も多い。たくさんの種類の舶来のウンチクも楽しい。

80年代の本だからか、「チソット」だし、「リバーソ」だし、
イメージ 6
デジタル時計がまっさかりなので、そういうコーナーもあります

イメージ 7
この本、アマゾンで1円で出てました。通勤電車が楽しくなりますので、よろしければぜひ。

イメージ 8
アンティークのロレックスもたくさん。私の持ってるRef6580に顔つきのにている3,6,9ダイヤルのオイスターが出てました。




ところで、今夜はうれしいことがありました。つい鼻歌が出るような。
イメージ 10
先週、分解時に、誤って折ってしまったマキシン。
これを除去するのは相当面倒だし、むりかもしれないなぁ、と落ち込んでいたのですが、今日、ほとんど同じ形のリューズをパーツ箱で発見したのです!!というか専用のリューズなのかというぐらい似ています。
あきらめていたのに。
巻真もパーツ屋さんで手に入ったので、無事に洗浄・組立をやることができそうです。


さて、今日はこんなところで。
ブログ村に登録しています↓応援クリック、励みになります!

この記事に

全85ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事