槍ヶ岳から奥穂高岳縦走

昨日の続きで、南岳小屋から北穂高岳、奥穂高岳です。 朝起きると、外はガスっていて何も見えません、これでは、もう一泊かとガッカリしていました。  少し時間が経ってガスが薄くなりましたが、一人ではと迷っていました。 そうこうしていると秋田山岳会のチームが縦走されると聞いたので、後ろに付いて行く許可を得ました。   感謝・感謝です。 南岳小屋から鉄バシゴを降り、大キレットの半ばで休憩です。 向こうには、北穂に建つ白い北穂高小屋が見えます。 長谷川のピークは難なく過ぎ、飛騨泣きでは、足の置き場を間違えフリーズし恐怖を覚えましたが、結果無事越えました。 後を振り返ると、手前の三角の南岳の奥に、昨日登った槍が小さく見えます。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ガビサンカンアオイの花

2017/3/28(火) 午前 8:27

中国原産のカンアオイ、ガビサンカンアオイの花が咲いています。 中国名は长毛细辛で、日本ではチョウモウサイシンと言う人もいるようです。 学名は、 Asarum pulchellum です。 青軸素芯の花ですが、 昨年、名古 ...すべて表示すべて表示

ヒレガイ属のオザワイの化石

2017/3/28(火) 午前 1:12

更新世の掛川層群の腹足類、巻貝のアッキガイ科 (アクキガイ科) Muricidae に属する、 ヒレガイ 属  Ceratostoma の オザワイ の化石です。   工事したばかりの切通し横にあった畑の脇での採集です。 ここでは、普通種でした。 絶滅種で、ozawai は、小澤博士 ...すべて表示すべて表示

富山県のオサワノボラの化石

2017/3/27(月) 午後 0:20

富山県の中新世の巻貝、クダマキガイ科 Turridae の スルクリテス 属 Surculites に属する、 オサワノボラの化石です。 川の小さな崖での採集品です。 シノニムに Surculites ( Megasurcula ) osawanoensis ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事