ここから本文です
KONのねんどろ写真館
ねんどろいどなどの写真を載せてます。

書庫全体表示

はねバド! 4巻

イメージ 1
 
 
インターハイ予選準決勝で中学時代のライバル薫子と対戦する綾乃。天性の才能に努力と戦略で立ち向かう薫子でしたが大会を通して覚醒していく綾乃の前に一歩及ばず敗退します。それを見ていた足長おじさんと名乗る謎の外国人が綾乃の前に現れて綾乃が一番会いたい人の下へ連れて行ってあげると言われます。果たしてこの外国人の正体は…
 
セリフだけ聞くと完全に誘拐犯の手口ですが高校生になっても疑うことなくついて行きそうになる綾乃も問題ですね(笑)怪しい風体ですが実は世界バドミントン連盟のお偉いさんでバドミントンの普及のために建設された施設の除幕式のセレモニーに綾乃を連れて行きます。そこには綾乃の母親、有千夏もいましたがエキシビションマッチで彼女が連れてきた中国人選手との試合に勝てば有千夏に会わせると条件を出します。
 
ついに綾乃の母親が登場ですね。WBFのオッサンはオリンピックの強化選手として綾乃をスカウトしにきましたが部活の仲間と全国優勝してから世界へ母親に会いに行くと決意します。有千夏とは言葉は交わしませんでしたが一緒にバドミントンをやる友達ができたことに嬉しそうでした。綾乃たちの試合も見ていたようでなぎさを日本人離れしていると評します。決勝では綾乃となぎさが因縁の(同チームですが)対決となりますがそれはまた5巻になります。もしかしたらいずれ有千夏がなぎさを育てて綾乃と対戦!なんて展開があるかもですね。
 
番外編ではコニーがフレ女に来た時のエピソードが掲載されています。コニーは幼い頃に有千夏にバドミントンを教わり、その頃から聞かされていた娘の綾乃にライバル心を抱くようになりどちらが娘にふさわしいかをバドミントンで決着をつけたかったようです。そこで将来を嘱望されながらも日本へ留学して合宿で初対面となったわけですが今回の話はその前日譚的な内容でした。
 
まだ見ぬ有千夏の娘に会うためだけに来たコニーはクールで大人な雰囲気を出していたので部員に心を開いてませんでしたが唯華のおかげで部員とも打ち解けるようになりました。コニーが演じていたキャラは完全に崩れ落ちましたけど(笑)お風呂で気が緩んでつい甘えた声を出してしまったコニーが可愛かったですね。そのせいですっかり妹キャラとなってしまいます。あと4巻の表紙を見て改めてコニー達のユニホームはエロいと思いました(笑)
 
おまけページでも書いてありましたがこの巻から絵柄が変わってますね。前はもっとくっきりとした感じの絵でしたが筆で描いたような細かい線のタッチになってるように感じました。試合の描写なんかはこちらの方が迫力が出そうですね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事