久保雅文のワイドショー★富裕層ブログ

久保雅文が富裕層の資産設計,資産運用について書いていきたいと思います
久保雅文さんに学ぶ「資産家」になるには??


資産家である久保雅文さんに、資産家とは何かをお聞きしました。

まず資産の種類ですが、
・経済的資産(価値がある物、金融資産)
・精神的資産(キャリアや心の豊かさ)
・生活文化資産(楽器が演奏できたりスポーツができる等)
・健康資産(健康である)
・人的資産(様々な人とのつながりがある)
・環境資産(地球環境は人類共通の資産)
と、6つあります。

精神的に豊かでなければ、お金や土地がたくさんあっても資産家とは呼べないのです。

次に、資産を増やしたい人が乗り越えるべき5点です。

・恐怖心
・臆病風
・怠け心
・悪い習慣
・傲慢さ

これらは資産家には当てはまらないことだと、
久保雅文さんはおっしゃっていました。

そして、お金は動かさなければ幸せにはなれません。

ある程度の貯蓄は大事ですが、
知識を得るために本を読んだり、
人付き合いにお金を使ったり、
自分に投資することが重要なのです。






久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この記事に

開く コメント(2)

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用


〜絶対に損を出さないで資産を増やしていきたい場合〜

これは万人の理想となる資産運用でしょう。
基本的にどの資産運用にもリスクは生じますが勝ちに徹することは意外と簡単におこなえるのです。
具体的に言えば一千万円以下のお金を定期預金に預ければ元本は保証されます。銀行が潰れても、です。

しかし、この低金利時代に定期預金のみで資産を増やしていくのは少しリターンが少なすぎるかもしれません。
確かにリスクはほぼないのですが(インフレリスクは除く)、資産を大幅に増やすのは難しいと言えるでしょう。
定期預金を否定しているわけではありません。
定期預金は優れた資産運用方法でありますが大きなリターンはあまり期待できないと
捉えておいた方が無難だと久保雅文は思います。

これは絶対とは言い切れませんが、日本国債購入も勝ちに徹したい場合に有効な資産運用手段となります。
日本が破たんしなければ利息付きで購入した分のお金が戻ってきます。
十年変動金利にしてしまえばインフレリスクにも強くそこそこのリターンが期待できます。

このように絶対に損を出さないで資産を増やしていくことは不可能ではないのです。
私がお勧めするのは資産を分散することです。
資産運用の一割は株や社債購入などに運用し大きなリターンを期待し、
残りのお金は定期預金に預けて着実に資産を増やしていくという方法です。

これはバランスを非常に重視している資産運用と言えるでしょう。
勝ちに徹したい場合は無理に株や社債に手を出す必要はないと久保雅文は考えます。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その5


〜多少のリスクには目をつぶる〜

大きなリターンを得たいのならば多少のリスクは許してしまいましょう。
「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」の言葉通り大きく儲けたいのならば
多少のリスクは背負わなければいけません。

定期預金や普通預金はほぼノーリスクで金利を受け取ることができます。
資産運用はこれでもかまわないのですが、やはり大きなリターンを得たいのならば株式投資や社債購入。
もう少しリスクを低くして国債購入などを検討すると良いと久保雅文は思います。

勝ちに徹するというのは意外と簡単におこなえます。
リターンの幅は気にせずに資産だけを増やすことを目的とした場合、
定期預金加入が一番現実的かもしれません。
元本割れをすることなく着実に資産を増やすことが可能になります。

定期預金のリスクは資金が拘束されてしまう点にありますが勝ちに徹する場合、
これほど向いた資産運用はありません。
資金が拘束されないというリスクを排除すれば普通預金を久保雅文はお勧めします。
しかし利息は低くなってしまうのです。

投資をおこなうときは多少のリスクには目をつぶるしかありません。
リスクを受け止めるのです。特に外国債券などは債券であっても為替リスクなどが生じます。
社債であっても会社が倒産してしまえば大きな損失を被るのですから、
やはり高リターンを期待したい方はリスクを受け入れるしかないと久保雅文は考えます。

堅実に勝ちに徹するか。リターンを大きくするか。
この辺りが悩みどころと言えると久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その3


〜投資と投機の違い〜

資産運用をされる方は投資と投機の違いについて学んでおかなければいけません。

株で例えさせていただくとデイトレードのように短期で株を売買するのが投機。
株を長期で保有して会社の成長を待ち、配当金を受け取り株価の値上がりを待つのが投資です。
投資と投機は全くの別物なので覚えておくと後々役に立つことでしょう。

私がお勧めさせていただく資産運用方法は「投資」です。
働きながら資産運用する場合には投機は不向きです。
また資産運用とはお金がお金を生み出すためのシステムが理想的とされており、投資がそれにあたります。
投機も立派な資産運用の一つなのですが
人が軸となって動くためお金がお金を生み出すシステムとは言い難くなります。

資産運用は不労所得を目的としておこなうのが良いでしょう。
デイトレードは人がパソコンの前で株価の動きを見続けなければならないため、
不労所得と定義付けるのは厳しいかもしれません。しかし投機も資産運用の一つなのです。

投機を批判するわけではありませんが一般の方は投資をおこなうのが良いでしょう。
投資ならば自分の時間を束縛される必要もなくなりますし、
日にちが経つごとに資産はどんどん増えていきます。
これこそが資産運用の醍醐味なのです。

まずは投資から始めてみてください。
国債や債権を購入するのも自分の時間を必要以上に使わずにすむため久保雅文が大変お勧めしています。

投資と投機の違いを理解しておくと資産運用をおこなう際にきっと役立つと久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

富裕層の久保雅文さんに学ぶ「資産運用」の知識と運用その1


〜投資資金は多ければ多いほど良い〜

投資資金は大きなリターンを期待する場合、多ければ多いほど有利です。
資産運用はお金の額が大きいほど得るものが大きいといえるでしょう。

投資を始めたい方はなるべく多くの資金を用意するよう努力してみてください。
しかし少ない資金でも投資をおこなうことは可能なので、あくまでも余裕資金で投資はおこないましょう。

資産運用は使い道のないお金を効率的に増やすためにおこなうのが基本となります。
いくらお金を増やしたいからといって余裕のない状態で投資を始めるのは大変危険です。
突拍子もない支出が現れた場合、対応できなくなってしまうからです。
電気料金を支払うためのお金を投資に運用してしまったら電気が止められてしまうのです。

投資資金は多ければそれほどリターンが期待できるのは事実ですが、
余裕資金以外でおこなうことは久保雅文はお勧めできません。
絶対に余裕資金の範囲内でおこなうようにしましょう。
間違っても食費を投資に運用してはなりません。
下手したら飢えてしまうのですから。

投資資金は余裕のある範囲で集めるのが良いでしょう。
国債を買う場合は毎月一万円を国債購入用に分けておくのも良策です。
お金に余裕のある月はいつもよりちょっと多くの株を購入するというのも久保雅文はお勧めします。

資産運用は長い目で見ておこなっていくのが良いでしょう。
焦って投資用のお金をかき集める必要はないと久保雅文は思います。




久保雅文 億の富の作り方 久保雅文 本 久保雅文 富裕層 久保雅文 一刀両断 久保雅文 義援金 久保雅文 資産設計 久保雅文 資産運用 久保雅文ボランティア 久保雅文 寄付 久保雅文 支援 久保雅文 保険 久保雅文 復興 久保雅文 被災地 久保雅文 ブログ 久保雅文 画像

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事