廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック


「国債を刷れ!」平積み目撃情報です。

(平積み目撃情報、ぜひ「コメント」下さい!ありがとうございます!!)

「国債を刷れ!」の書店での分類・キーワードは
 「ビジネス」、「経済」、「法律・経済」、「経済・財政政策」などです。

【東京都】
 旭屋書店 池袋店(09年3月16日)

 三省堂 有楽町(09年3月15日)

 ジュンク堂 池袋本店(09年2月19日) →在庫情報はこちらをクリック

 ジュンク堂新宿店6階(09年2月18日)

 BOOK EXPRESS ディラ上野店(JR上野駅改札内3階)(09年2月17日)

 BOOK EXPRESS ディラ東京店(JR東京駅南口改札内)(09年2月17日)

 丸善 丸の内本店 1階に2箇所(09年3月18日)

 八重洲ブックセンター 1階と2階(09年3月18日)

(以下、道府県は「あいうえお順」です)

【愛知県】
 [名古屋市]
 三省堂名古屋高島屋店(JR名古屋 高島屋11階)(「ビジネス新刊」)(09年2月21日)

 ジュンク堂名古屋店(JR名古屋駅付近)(入り口すぐの「新刊・話題書」と「政治・経済」)
  (09年2月21日)

【大阪府】
 [大阪市]
 紀伊国屋書店梅田本店(阪急梅田駅1階)(09年3月19日)

【沖縄県】
 [南風原町]
 宮脇書店南風原店(09年3月20日)

【兵庫県】
 [神戸市]
 紀伊國屋書店神戸店(三宮LOFT5階)(「経済」)(09年2月20日)

 ジュンク堂三宮店(センター街)1階、2階、5階(「経済 新刊書・話題書」)(09年2月19日)

 ジュンク堂三宮駅前店(ダイエー7階)(「経済・財政政策」の書棚に2冊)(09年2月20日)

 福家書店三宮店(さんちか)(「経済」)(09年2月25日)

 ブックファースト三宮店(阪急三宮東口1階)(店舗奥の方「経済」)(09年2月23日)

 [西宮市]
 ブックファースト西宮店(阪急西宮北口駅2階改札内)(09年3月21日)
 宮脇書店 西宮店(09年2月18日)

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

はじめまして。著書を購入したので御礼を兼ねて書き込みさせていただきました。

ところで、貴殿の御主張と同志?である三橋貴明氏の主張で重大な食い違いが生じていると感じたので念の為私見を述させていただきます。

貴殿は赤字国債発行による積極財政に加えて、日銀による国債買いオペ増額、次善の策として政府紙幣発行を訴えておられます。この御主張にはまったく異論はありませんし、大賛成です。

しかし三橋氏は金融政策には触れずに円高を無条件に賛美しています。これまでの三橋氏の主張を目にした限りでは、はっきり言って正気の沙汰とは思えません。以下そのわけを述べます。

国債買いオペ増額・政府紙幣発行は金融政策の量的緩和・質的緩和による政策金利ゼロ以上の緩和効果を狙ったものであるわけですが、こんなことをする話が出てくるのは要するに金融緩和がまだまだ足りないからです。

つまり現在は景気後退なのに金融引き締めをしているような状態です。ですから金融緩和が足りないことによる実質金融引き締めにより円高とデフレが進んでしまい、外需依存度が低かろうと対外購買力も落ちてしまいます。 削除

2009/2/20(金) 午前 7:55 [ MT ] 返信する

顔アイコン

国内経済がシュリンクしてる状態での通貨高が何を意味するか。一国内の購買力すら本来のパフォーマンスを発揮出来ていない状態であるわけで、その状態で通貨一単位当たりの購買力が増加をしたとして何か意味があるのでしょうか。「買える権利」だけを保持することが経済状況を好転させるならば無限に貨幣を退蔵することで経済が好循環するということになってしまいますが、もちろんこんなことは永久機関と同じく有り得ません。

三橋氏はこうしたことを分かった上で1ドル70円台大歓迎などと主張されているのでしょうか。もしかしたら、金融政策の知識が無いまま1ドル70円台大歓迎などといった強気の発言をしているだけなのではないでしょうか。

仮に、三橋氏と彼の信奉者が1ドル当たり何円という額面にこだわらず、年間インフレ率2±1%で成立する為替レートが仮に1ドル130, 140, 150, 160円台でも受け入れるならば結構な話です。しかし、それが円安では受け入れられないと考えるようなら廣宮様からの説得をぜひともお願いいたします。 削除

2009/2/20(金) 午前 7:55 [ MT ] 返信する

顔アイコン

電波小僧さん、本屋さんでわざわざご注文頂き、ありがとうございますm(_ _)m

2009/2/20(金) 午後 7:21 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

右巻き猫さん、
>大変面白くて一気に読んでしまいました。今は改めてじっくりと読み直しています。

そう言っていただけると、嬉しいです^^
何せ半年間、ひいひい言いながら書いていましたものでして^^;

目撃情報、ありがたく反映させていただきます!

2009/2/20(金) 午後 7:23 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

MTさん、ご購読、ありがとうございます。

三橋さんと私とでは、最初の入り口として注目したデータが違うので、異なる結論になっている部分もあると思います。
なのですが、「日本の国の借金は全く問題ない。政府支出の大幅増額による内需拡大が必要」という大きな結論については全く同じことになっております。
三橋さんの説の検証(あくまでも、軽く、ですが)については、本日やろうと思っていたのですが・・・。明日はこのブログで少し前に書きました国会議員の先生にお会いするので、久々にスーツを引っ張り出して着ましたところ、ズボンのウェストが全く閉まらず…。ということで、あわててスーツを買いに行ったりで時間が取れず・・・、月曜あたりに書きたいと思います。しばし、お待ちをm(_ _)m

2009/2/20(金) 午後 7:29 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさん、はじめまして。ご本がめちゃめちゃ面白かったです。あちらこちらの友人知人に奨めまくっています。

ご存知かどうか、軍学者の兵頭二十八さんという方がブログで絶賛していらっしゃいました。私はこの方が、こんなに人をほめるのを見たことがないです(笑)
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2009/02/#a000956

ブログ中に兵頭さんから質問があるのですが、お時間のある時にこちらでも兵頭さんのブログのコメント欄でも結構ですから、お考えをお聞かせいただけませんでしょうか。皆、興味津々です。

2009/2/20(金) 午後 9:11 [ e19**6 ] 返信する

e19**6さん、
お褒め頂き、かつ、周囲の皆さんにお勧めいただき誠にありがとうございます!感謝感激でありますm(_ _)m
兵頭さんのことは失礼ながら存じ申上げませんでしたが、近日中に必ず拝見してコメント差しあげたく存じますので、しばしお待ちのほどをm(_ _)m

2009/2/20(金) 午後 11:04 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、始めまして。
兵頭氏もベタ褒めですか・・・
いやはや凄いですね。

兵頭氏の著書では日本の防衛再考というのが最も素晴らしいと思いますので
お暇な時にでも、読んでもらいたいですね。

最初にこちらのブログを見た時に感じたことですけど
1年後、おそらくとんでもないアクセス数になっているのではないかと思いました。
これからも先は長いですけど、コンテンツの拡充を楽しみにしております。

2009/2/21(土) 午前 5:17 [ 太郎 ] 返信する

顔アイコン

e19**16改め、zerofighter2600です。
ヨッシーニさん、ありがとうございます。兵頭さんのご質問は江戸時代の経済に関してです。お手数おかけしますが、よろしくお願い致します。

及ばずながら、兵頭二十八ファンサイトの掲示板で私も「国債を刷れ!」を推薦させていただきました。きっと1冊か2冊は余分に売れると思います。たぶん(笑)。

http://sorceress.raindrop.jp/bbs/light.cgi?=5530

2009/2/21(土) 午前 8:57 [ zer*fig**er260* ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさん、お返事ありがとうございます。

三橋氏が昨日
■円高防止の為替介入はしない
■政府の支出を増やし、同時に日銀の国債買取により公的債務額を削減する
という主張を始めたので事実上、「金融緩和により年間インフレ率2±1%まで誘導するべし。それにより成立する為替レートが仮に1ドル130, 140, 150, 160円台でも、むしろ対外購買力は上がるから良いことだ」という考えに切り替えたと見てよいかもしれません。年間インフレ率2±1%とそれに伴う為替レートという十分条件さえ満たされれれば、三橋氏の主張に他には特に文句つけるところはないので安心できます。 削除

2009/2/21(土) 午後 4:25 [ MT ] 返信する

顔アイコン

ところで国債買い切りオペに関してですが、インタゲ・リフレ派の拠点として悪名高い(笑)苺経済板では
「やるべきは長期国債の月5兆円くらいの買い切りであり、短期資金の供給ではない」
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1397/199
「長期国債買い切りオペのリスクを避ける方法はいくらでもある」
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1397/993
という提案が出ております。

このドラエモン[va4qsJNk0c]を名乗る中年男性が苺経済板の中心人物ですが、彼によれば財務省と日銀は昭和の陸軍と海軍の関係とあまり変わらないようです。
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1390/951
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1390/953 削除

2009/2/21(土) 午後 4:26 [ MT ] 返信する

顔アイコン

今の日本では財務省と日銀の不毛な対立を止め、fiscal policy と monetary policy のポリシーミックスを行うことが必要不可欠です。財務省と日銀の反目を止められるなら経済産業官僚でも国会議員でも英雄となるでしょう。ヨッシーニさん、何卒お願いいたしますm(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m 削除

2009/2/21(土) 午後 4:27 [ MT ] 返信する

顔アイコン

今日『国債を刷れ」を入手しました。早速通読しましたが、異論はありません。知り合いに薦めます。三橋さんや広宮さんのような若くてすぐれた民間人がどんどん輩出してくるこの日本を、捨てたものではないと思います。マスコミの麻生叩きには本当に気が滅入っていました。今後のご活躍をお祈りいたします。 削除

2009/2/21(土) 午後 4:56 [ fe3c2 ] 返信する

顔アイコン

おめでとうございます。

売れ行きもとても好調のようで、なによりですね。

上記の書店に連絡をとってみます。 楽しみだなあ〜

2009/2/21(土) 午後 7:15 [ YARRA BAY ] 返信する

顔アイコン

国債を刷れ、今日読み終えました。目からウロコぼろぼろ状態でした。
私たち日本人は、なんだか要らない苦労をしていたんですね。
貧しいのを政府のせいにするのは好きではありませんが、国民の努力だけではどうにもならないこともあるのですね。
政府紙幣についても懐疑的な人がまだまだ多い現状ですが(私もそうだった)、ご本がもっともっと売れて、多くの人に廣宮さんの考えが理解されると良いですね。 削除

2009/2/21(土) 午後 10:57 [ sils ] 返信する

顔アイコン

もう平積みじゃないぞ。高田馬場の芳林堂では、一番目立つ場所の平積みがなくなり、奥に少し縦積みにしてるだけだ。これは売れてる本で増刷が間に合わない場合に、目立つ場所からはずすときにやることだ。かなりで照る証拠だぞ。ガンガレ。

2009/2/21(土) 午後 11:33 [ kaz**kbo20*2 ] 返信する

顔アイコン

えーと、なんか面倒な表現になってしまっていますが、結局三橋さんの論立てでよくわからなかったのは以下の2点です。

1、通貨高は基本的に「国内経済がシュリンクしている状態では、外需経路での雇用と設備投資を圧迫する」こと。
失業の増加や設備投資の激減は、当然ながら内需にも直撃するので、現状では外需内需ともにダメージ。
2、日銀の国債買いや政府紙幣などを利用したシニョリッジ政策(統合政府政策)は事実上円の通貨安を併発する。
従って円安誘導。金融政策を併用した財政支出はとてもスタンダードな経済政策なので提言自体は素晴らしい。

1、は製造業の減益や派遣切りを見れば自明だと思います。2、は簡単な話で、政府の財政支出を紙幣増刷という
金融政策でファイナンスするわけなので、基本的に当該政策の効果として結果的に通貨安方向に誘導されます。
勿論、国内景気が過熱している状態(国内での投資・消費が活発である)ならば通貨高が購買力の増加を通して
景気に正の効果を発揮するということは言えるかもしれませんが、現実問題そうなってないですよね、日本。 削除

2009/2/22(日) 午前 5:24 [ 派遣の人 ] 返信する

顔アイコン

あと国債発行についてですが、金融政策(例えば紙幣増刷→国債買いオペとかですが)を伴わない政府財政支出は
通貨高を併発し、政策効果が相殺されゼロになるという話があります。マンデル・フレミングモデルっていう奴です。
まぁもちろん常識的に考えてマンデル・フレミングモデルが100%成立するとは思わないんで、単独財政では効果が
減衰するというのが正解でしょうけども。(あと他国が一定条件ならマンデルフレミングモデルが発動条件を満たしますが、
現時点では他国も財政拡大してるわけなので、財政拡大してもマンデル・フレミングモデルのような経路での
相対金利差が生じず、通貨高も発生しないという可能性も現時点では充分にありますね) 削除

2009/2/22(日) 午前 5:26 [ 派遣の人 ] 返信する

顔アイコン

んでもって、三橋さんは国債買いきりでの政府支出というわけですから、実行すると紙幣増刷による通貨安を必然的に併発します。つまりMFモデルの通貨高マイナスを抑止する=政策効果大ですね。非常に素晴らしい提言だと思います。
ただ、「それならば円高にすべきなのか円安にすべきなのか、主張の立ち位置がよくわからないなぁ」というのが、経済学系の多くの人の感想だったんじゃないかな?と思います。

まぁ為替なんかきちんと金融政策と財政政策(つまりはマクロ政策)やるなら、その結果として付いてくるものなので、いちいち気にするものでもない、といえばそれまでですが。そうなると日本の政府と日銀は何やってるんだ、ということになるんですけれども。
全世界が金融緩和と財政政策打ちまくってるのに景気対策何もしないんですから、当然日本だけが猛烈に不況、失業を起こしますし、各国が事実上の通貨安誘導競争をしてるのに日本だけ通貨暴騰方向に誘導されてますます国内景気はマイナス方向に振れるでしょうね。 削除

2009/2/22(日) 午前 5:29 [ 派遣の人 ] 返信する

顔アイコン

とまぁ、論旨としてはこんなところです。なんだかここを覗いたら自分が某掲示板に書き込んだ内容がほぼそのまんま書かれていたので(MTさん、貴方のことですよ(笑))、ちょっと責任を感じまして、補足として書かせていただきました。

以上、長文失礼いたしました。 削除

2009/2/22(日) 午前 5:35 [ 派遣の人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事