廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

三橋さんのVoice記事
「負債は840兆円もあるけど、同時に資産もでかいんだよ。なにしろ政府の金融資産だけで550兆円近くもあるんだから・・・」

上記に対する、とある経済学者の批判
この金融資産は、自由に処分できるわけではない。大部分は年金の積立金だから、これで国債を償還することはできない。

上記批判に対する私の批判
日銀資金循環統計2008年4〜6月期確報によりますと、

公的年金の積立金を含む「社会保障基金」の資産は約227兆円

それに対して、

一般政府(中央政府+地方政府+社会保障基金)の資産は約507兆円

です。


ところで、

「大部分」の意味は三省堂の「大辞林」によると

”全体のほとんどの部分”です。


そして、

仮に、社会保障基金の全てが公的年金の資産とします(実際には医療保険や雇用保険の資産も含まれる)。

すると、社会保障基金の資産が一般政府の資産に占める割合

227兆円÷507兆円=44.7%

つまり、「半分以下」ですね。「全体のほとんどの部分」ではないので、「大部分」とは言えません

よって、上記の某経済学者の批判の「大部分は年金の積立金」は大間違いです。


次に、国立社会保障・人口問題研究所のサイト内にあった
先進各国の公的年金制度と高齢低所得者対策(有森美木氏:日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社社会システム研究所アナリスト)という資料の中で、

各国の公的年金積立金について書かれています。それを拾ってみると

アメリカ:給付費の2.8年分(2001 年末時点)の積立金を保有

イギリス:給付費の2カ月分程度の準備金を保有

ドイツ:年金給付費の約0.2カ月分(2004 年末現在)の積立金を保有

日本:給付費の約4.5年分(2005 年3 月末現在、厚生年金保険の場合)の積立金を保有

となっています。

日本厚生年金に限っていますが、なんと4.5年分も溜め込んでいます。

これは、上記の他のどの国よりも大きくなっており、ドイツに至ってはわずか0.2ヶ月分の積立金で年金を回しています。

日本の公的年金については、無意味に積立金を溜め込んでいて、そのせいで国債発行残高を増やしてしまっている可能性がありますね。

なお、ニッセイ基礎研究所の「公的年金資産運用の論点」という資料によりますと、

厚生年金・国民年金だけで150兆円、各共済年金を合わせれば205兆円(いずれも2005年度末)の支払準備資産を持っている。

とありますので、

上記の「社会保障基金」の資産の「大部分」は年金の積立金のようです。ただし、くどいですが、一般政府の資産の「大部分」ではありません(笑)。

日本の公的年金全体が4.5年分を積立てている仮定して、ドイツ並みの0.2ヶ月に減らしてしまえ、としたとしますと、

205兆円×(0.2/(4.5×12))=0.8兆円

で済みますので、

205兆円−0.8兆円=約204兆円

国債償還に使っちゃっても良いかも、です。

もちろん、一気に取り崩したら、年金基金で保有している株が暴落したりその他いろいろ問題があるので、取り崩すとしても少しずつにすべきですね。

まあ、昨日の記事で簡単にまとめてしまいましたように、

そもそも国の借金には一切問題がないので、そんなことをする必要もないのですが。


さて、上記某経済学者は、三橋さんのVoice記事について、
この記事は他にも間違いが多く、正しい部分はほとんどない。
と書いていますが、私、↑これを読んで
思わず腹を抱えて笑い転げてしまいました。
この方にはまず、
「大部分」と「半分以下」の区別を付けることから勉強されることを強力に推奨致します。

換言すれば、小学校低学年の国語からやり直した方が良さそうですね、と言えましょうか。

「経済学者」だというなら、せめて資金循環統計くらいは見てから批判しなはれ、と思う今日この頃でした。

日本の「厚生年金の積立が4.5年分」に対して、ドイツの「公的年金の積立金がわずか0.2か月分」!そりゃーびっくりたまげたよ、と思われた方は、↓こちらのリンクのクリックを
     http://blog.with2.net/in.php?751771
人気ブログランキングの「社会・経済ニュース 部門」で4位継続中です!
ご協力、ありがとうございます!!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg
「国債を刷れ!」は、アマゾン等で好評発売中です
ご購入はこちらをクリック→アマゾンセブンアンドワイオンライン書店ビーケーワン(目下、品切れ中。増刷待ちですm(_ _)m)
 ↓↓↓↓↓
 東京ではジュンク堂池袋本店の昨日現在の在庫が15冊あります。

 全国の多くの書店で平積みして頂いております。
書店での平積み目撃情報は→こちらをクリック(現在は東京、名古屋、神戸の情報を記載中)
 平積み目撃情報ありましたら、ぜひコメントくださいませm(_ _)m


 ありがとうございます

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

【ニュース解説】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こうやってヨッシーニさんが、一つ一つ出典つきのデータをもとに説明され続ける限り、否定は無理だと思うのですが...。

某「電波意見」の経済評論家氏は、「××は××だから」とか、妙な数式をもとに決めつけるだけですからね。その根拠を示せっちゅーんですよね。数年前に事件(死体が生き返るとか言って長期間放置)を起こした新興宗教ジジイの決まり文句「これが世界の定説です」と何が違うんでしょうか?

アホは必ず淘汰されますので、放っておきましょう。

2009/2/27(金) 午後 8:43 [ zer*fig**er260* ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです。ところで上でzerofighter2600さんが既に書かれてますが私からもツッコミを。
池田信夫氏を「経済学者」と呼ぶのはやめて下さい。「経済評論家」と呼ぶのはいいですが。
彼は苺経済板(http://www.ichigobbs.net/economy/index.html)で“駅前大学院教授”と呼ばれており、マクロ経済についての理解度はめちゃくちゃで森永卓郎氏にさえはるかに劣るという評価がされています。もちろん学会主流派からは相手にされていません。

本題の公的年金ですが、マクロ経済スライド(平均寿命の伸縮に応じた支給開始年齢変動制+世代会計補正、など)の恒久化で解決すると思いますね。 削除

2009/2/28(土) 午前 1:45 [ HM ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニ様 初めまして。
三橋様blog経由で知りました。経済に関しては
無知な素人なので見当違いもあるかもですが、
宜しくお願い致します!

今回の結果について、
平均年齢・65歳以上人口比率が共に日本より若く、
今後も順調に人口が増えていくアメリカ
http://zen.seesaa.net/article/105297572.html
(イギリスも人口増加組)
に関しては、まだ当分、賦課方式が余裕で可能かと
思っていたので驚きませんでしたが、

イギリス、特にドイツの数字は意外でした。
保険料率の高さが影響しているのでしょうか。
(その分給付水準も高いですが)

ただし積立金は多い方が運用額大きくなって有利なのではないかと。
5.7兆円も損した馬鹿もいましたが(怒)。 削除

2009/2/28(土) 午前 2:45 [ bad_news_good ] 返信する

顔アイコン

連投申し訳ありません!
http://www.esri.go.jp/jp/forum1/020930/kicho101.pdf
>2000年度末において、年金純債務は全体で644兆円
>(厚生年金は552兆円)に達している

に関してと、
(※2000年のデータなので金額が現在と違いますが)

大前研一氏の
http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/1174.php
>まず負債について見ると、負債として計上されていない
>「隠れ負債」が存在しているというのが最も大きな問題です。
>計上はされていないものの、国が「将来」支払わなければ
>ならない負債です。「隠れ負債」の代表例が年金です。
>年金は今すぐに支払う必要はありませんが、将来的に支払いが
>発生することは間違いありません。
>
>日本の場合、年金を含む「隠れ負債」は約800兆円になると
>予想されています。今回発表された負債総額は約980兆円。
>まさに負債が倍増するほどインパクトを与える約800兆円

へのご意見伺えれば嬉しいです。
過去に"隠れ負債 削除

2009/2/28(土) 午前 2:54 [ bad_news_good ] 返信する

顔アイコン

過去に"隠れ負債"について既出でしたら、大変失礼致しました。

↑3連投すいません(汗)。前回の文章の最後が切れちゃいました。 削除

2009/2/28(土) 午前 2:58 [ bad_news_good ] 返信する

顔アイコン

http://www.adpweb.com/eco/eco326.html
経済コラムマガジンでも、巨額の年金積立金の問題について書かれていました。
厚生省の利権も相当絡んでるんでしょう。
積立金が足りない!なんて言いだしても、鵜呑みにしないほうがいいですね。 削除

2009/2/28(土) 午後 8:37 [ no name ] 返信する

顔アイコン

no name様。情報ありがとうございます!
・日本は単純な賦課方式ではない
=>今まで現役世代が多 & 年金受給者が極めて少
=>給付より集まる保険料の方が多かった
=>差額が積み立てられてきた

・60%の給付はもう無理
=>50%給付が精一杯
・年金財源の確保案(2つ)
・「社会保険方式」=保険料率の引上げ
・「税方式」=消費税増税
=>両案共にマクロ経済への影響大
=>デフレ経済さらに深刻化の恐れ

・積立金が巨額過ぎ
=>民需を奪っている
=>取崩しは難しい
=>国債や株が下がる恐れ
=>解決策の1つ=日銀による一層の金融緩和や国債購入を増やす
・著者の案
=>積み立てを取崩し
=>デフレ解消に有効
=>税収の増加
=>増税額を小さく抑えることができる
=>その後「税方式」

2009/2/28(土) 午後 11:14 [ bad*ne*s*good ] 返信する

顔アイコン

HMさま
せっかくお名前は伏せていましたのに(笑)。
うーん、そうですね。
白を黒と言いくるめてしまうところは、何やら昔の中国戦国時代の「諸子百家」のうちの「一家」である「縦横家」を思い浮かべてしまいました。

弁論術、つまり、舌先三寸で国王たちの心を取って、ある国と他の国の仲を裂いたり、戦争するように仕向けたり、あるいは攻めてきたのを撤退させてしまったりetc。

経済学者というよりは、ライ○スペースも真っ青の「縦横学者」と言う方が良いかもですね。「それは定説です!」

2009/2/28(土) 午後 11:47 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

今の賦課方式から「税方式」に変更できるなら
>積み立てを取崩し
をした方が良い気がしてきました。

公の機関が運用すると「誰も責任を取らない」
という、いつものパターンに陥りそうなので。
実際に今回の損失も誰か責任取れるのか?

2009/3/1(日) 午前 1:03 [ bad*ne*s*good ] 返信する

顔アイコン

どちらにしろ「隠れ負債」が最終的にどれだけの金額になるのか?
楽観的予測から悲観的予測までいろいろな数字があると思いますが、
その金額をハッキリさせて、正しいB/Sを国民が把握する必要があると思います。

年金に関しては好景気が続いた時期、または国民の平均年齢が若かった時期に
もっと早く国民に対して問題提起をすべきでしたね。
このままでは若い世代(自分含めて)、これから生まれてくる世代が可哀想過ぎる><。

2009/3/1(日) 午前 1:19 [ bad*ne*s*good ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事