廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

【「国債を刷れ!」質問コーナー】はこちらをクリック


「政府紙幣」の整理【1】』からの続きです。

前回の補足ですが、

ジンバブエでは、そもそも政府ではなく、中央銀行(Reserve Bank of Zimbabwe)が紙幣を発行しています(AFPニュース参照


インフレ率の観点と、政府紙幣でないと言う観点から、
前回の某テレビ番組の政府紙幣否定論は2重の意味でナンセンスですね。

紙幣は、政府が発行しようが中央銀行が発行しようが、ダメなときはダメ
なのです。

これに関連して:

2.「紙幣は発行主体が複数になると、ダメ」について

このテーマも整理しておきましょう。

以前も書きましたが、

香港では、民間銀行3行と、政府(香港特別行政区政府)の4主体が紙幣を発行していますが、一切混乱は起きていません

続・政府紙幣』に画像を載せています

信じられないという方は、是非、香港で飲茶してきてください^^:
HISで日程によっては、15,000円+オイルサーチャージ1,000円=16,000円で行けるようです。

政府紙幣の歴史や現状についてはWikipediaもご参照下さい。


3.専門家による反対論について

政府赤字は民間黒字!の回で引用させて頂いた、

日銀出身の経済学者・深尾光洋さんの政府紙幣反対論について、

「この問題点はこう考えれば大丈夫ではないでしょうか?」というスタンスで書きます。

(ただ、私の基本スタンスは、政府が国債増発⇒日銀が金融調節の範囲内で国債買いオペ増額問題ないと考えますので、政府紙幣は必ずしも発行しなくても良いでしょうというものです)

深尾さんの反対論は、次の2段階に分けて考えられます。

(1)小渕内閣の時に発行された2,000円札がほとんど流通せず、
   回収されて日銀に戻ってきたのと
   同じように、政府紙幣も流通せず回収されるのでダメ

(2)日銀に回収された政府紙幣は、無期限無利子国債と同じ。
   これでは、
   日銀は利子収入が得られず収益が減り、
   日銀からの国庫納付金が減って、
   政府の収入が減り、政府は増税することにつながる。

この2点から、結局、政府紙幣では政府は通貨発行益が得られない、という論法です。

以下、(1)、(2)について具体的に見ていきましょう

(1)「流通せず回収されるからダメ」について
これについて深尾さんは、
政府が新しいデザインで政府紙幣を印刷して流通させる場合でも、
大半の政府紙幣はすぐ日銀に持ち込まれて流通しないだろう。

これはATMや自動販売機が対応できる紙幣の種類に限度があるためである。

実際、2000円札については対応がなされておらず、ほとんど流通していない
と書かれています。

ところで、2000円札の発行枚数と金額はどれくらいだったかと言うと…
日銀HPではデータは見つからなかったのですが、
神戸新聞web版(05年10月)の記事
これまでの二千円札の発行枚数は八・八億枚日銀に約五・七六億枚が「在庫」
とありました。

ということは、
05年の段階

総発行枚数8.8億枚×2,000円 = 発行総額1.76兆円

流通枚数が、総発行枚数8.8億枚−日銀在庫5.76億枚=約3億枚
⇒3億枚×2,000円 = 流通総額0.6兆円

日銀の「通貨関連」統計を見ると、確かにこの時期の流通高は0.6兆円くらいです。

そして現在、千円札の流通高は上記統計によると、3.5兆円(35億枚)です。

2千円が流通しなかったのは、「ATM等で対応が無かったから」、ということについては、
・そもそも、発行金額&枚数が千円札よりもずっと小さいので、
 企業側でATM等対応のための投資意欲が湧かない
かつ、
2千円というキリの悪い金額で使い勝手が悪かったから

言えるでしょう。

それに比べて
政府紙幣については、GDP需給ギャップを埋める程度ということで「30兆円発行(つまり、30億枚発行)」というような話でした。

ということは、千円札の流通枚数とほぼ同じ規模、流通金額ではなんと千円札の9倍もの規模です。

また、2千円札と違って1万円ならキリの良い金額です

こらなら企業にとって、政府紙幣(1万円札)のATM等対応についての設備投資は、十分な動機付けが出来るはずです。

ATM等で対応しなかった2千円札を例に出して政府紙幣(1万円札)も流通しない、回収されるという見解には無理があると考えられます。

場合によっては設備投資に対する減税措置や、助成金を出しても良いのではないでしょうか?(「助成金に政府紙幣を使え」とまでは言いませんが^^;)
【3】に続きます⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/15065044.html

この記事に

閉じる コメント(3)

顔アイコン

確かに流通する枚数が多ければATMや両替機、自動販売機のメーカー
にとっては特需景気のチャンスですね。
確かにATM等の業界にはメリットあると思うのですが根本である紙幣を印刷する設備等はどのように調達するのでしょう?
偽造防止とかセキュリティの面でそこらの印刷所に頼むわけに行かないと思うので日銀の設備を間借りするのでしょうか? 削除

2009/4/15(水) 午前 8:49 [ 松次郎 ] 返信する

顔アイコン

松次郎さん、

>確かにATM等の業界にはメリットあると思うのですが根本である紙幣を印刷する設備等はどのように調達するのでしょう?

「日銀券」も実は「国立印刷局」という「独立行政法人」で印刷されているのです。つまり、日銀が「銀行券」を一種の政府機関というべき国立印刷局に発注し、それを日銀が引き取ってのち、お札の発行という具合です^^。

ご質問を受けて、いま思いつきましたが、
もし、政府紙幣を本当にやるとすれば、現行の諭吉さんのお札の「日本銀行券」という文字を、「日本政府券」とでも変更するというのもありかと思います。意外と誰も気付かずに使うかも知れませんし、そうすれば、ATMの変更も無しで済んじゃいそうですね(笑)

2009/4/15(水) 午前 9:29 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

なるほど勉強になりました。
紙幣の認識システムがどんなものかわかりませんがうまくクリアできたらATMでの対応も低コストですむかもしれませんね。
以前韓国でおもちゃの紙幣を自動販売機で使えてしまったとかいう
事件があったのを思い出しました。 削除

2009/4/15(水) 午後 4:29 [ 松次郎 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事