廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


まず最初は、
当ブログ始まって以来、初の試みです。

竹中さんを褒めてみます!!!

昨日の読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」で、

竹中さんが↓こんな趣旨のことを話していました:
政府が赤字ということは、
他の誰かがプラスになっているということです。

その他の誰かに回ったおカネしっかり世の中に回って活用されることが重要です。

素晴らしい!!!


まさに、

政府の赤字は民間の黒字、貯蓄投資バランス

の話そのものですね。


この前提に立てば、

・政府の借金それ自体は何の問題もない。

・民間に回ったおカネがしっかり活用されるには、
 例えば、社会保障を充実させ、個人が安心しておカネを使える環境を作るべき。

なのですから、


もし竹中さんが更に突っ込んで

だから
・プライマリーバランスの黒字化は政府の歳出削減ではなくて、
 民間の支出を増やすことによって達成されるべきです。
 よって、
 私がかつて策定したプライマリーバランスの黒字化そのものが目的化
 してはいけません

とか、

・私が策定した、「社会保障費を毎年2200億円抑制」という指針
 バッサリ見直すべきです


とまでおっしゃってくだされば、もう本当に言うことはないのですが^^;



さて、「竹中さんウォッチ」はこれくらいにしまして、

政府の赤字は民間黒字の世界バージョンです。


【世界GDPまるごとハウマッチ】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/18506672.html

の回で、↓世界のGDPの算式を出しました

世界GDP=民間消費+民間投資+政府支出

(単に、世界全体では、各国の純輸出が合計するとゼロになって消えるだけでしたね^^)


で、
これに基づいて、世界全体の貯蓄投資バランスの式を出しましょう。

世界GDP(支出アプローチ)
=民間消費+民間投資+政府支出

世界GDP(所得処分アプローチ)
=民間消費+民間貯蓄+税

ということで

民間消費+民間投資+政府支出=民間消費+民間貯蓄+税


左辺と右辺の「民間消費」を打ち消すと、

0 = (民間貯蓄−民間投資)+(税−政府支出)

となり、

民間貯蓄余剰+政府貯蓄余剰 = 0


です。または、

民間貯蓄余剰(民間黒字) = −政府貯蓄余剰(政府黒字)

民間黒字 = 政府赤字


となります。

要するに、

世界中の民間黒字は、世界中の政府赤字と一致するわけです。


世界中の政府が景気対策で財政出動

→世界中の政府の財政赤字が増えて大変だー!!!


という報道がちらほらありますが、その時は


世界中の政府が景気対策で財政出動

→世界中の民間の貯蓄余剰が増えて大変だー!!!


という報道もあって然るべきです。


ところで、
今朝のNHK日曜討論でも、導入部分
「増え続ける国の借金」
てのをやってましたが、

以前も示しましたように、
↓民間の借金は減り続けています
http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/9f/c5/eishintradejp/folder/725004/img_725004_16048508_0?1243765853
【与謝野大臣、小泉路線に決別!】に掲載したグラフ(日銀「資金循環統計」で、負債に計上されているが、本来負債ではなく純資産である企業部門の株式・出資を負債から控除して作成)

「『増え続ける国の借金』を言うなら、『減り続ける民間の借金』も言ったらんかーい、NHK!!!!」と世界の中心ないし政界の中心で叫びたい今日この頃、と思われた方は↓こちらのリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/dp/4883926788/

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(27)

顔アイコン

また、金利は中央銀行がベースマネーを増減することで調整できるものです。

よって、国債発行の増加が即、金利上昇というのは全くの誤りです。

ただ、金利は、マネーの量だけで決まるわけではなく、信用力にも左右されます。その辺りの話も、最近、このブログで何度も書いていますが、
とりあえずは、↓こちらをご覧いただければと思います
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/17910896.html

2009/6/15(月) 午前 9:47 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

補足です。

>日本では1990年をピークに国債金利も銀行貸出金利も下がり続け、国債発行が増える中、却って金利全般が低下する「逆クラウディングアウト」とでもいうべき現象が起こっているのが現実です。

と書きましたが、

ということは、民間がカネを借りるときのの金利が下がって、民間がカネを借り易い状況になっているわけです。

ということは、政府の借金が増えていることが民間が金を借りる邪魔をしていることにはなりません。

アメリカでも、政府の借金はどんどこ増え続けていますが、とりあえず07年までは、民間もドンどこ借金を増やしていました。

つまり、政府の借金が増える=民間が借金するのが邪魔をされるというような現象は、この現実世界では起こっていないのです。

2009/6/15(月) 午前 9:53 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

いわゆる教科書的な「クラウディングアウト」という意味ではおっしゃるとおりでしょう。しかし、あなたが奇しくも提示した深尾先生の図(http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/14847802.html)を見れば、財政赤字の増加と民間投資の減少は対応していませんか?金利自体は、国全体の貯蓄投資バランスで決まりますが、金融機関から見れば、政府が国債を発行してくれるのであれば、リスクのある民間企業への貸し出しよりも安全資産である国債に資金を向けやすくなり、民間企業に要求する金利水準は高くなるでしょう。実際、市場金利が低下しているにもかかわらず銀行による民間企業への貸し渋り・貸し剥がしのニュースの絶えない現状をどうお考えですか?アメリカで民間と政府の借金が同時に増えているのは、経常収支の赤字=資本収支の黒字があるからこそ可能な話であって、あなたの説の助けにはなりません。 削除

2009/6/15(月) 午前 10:15 [ というか ] 返信する

顔アイコン

>実際、市場金利が低下しているにもかかわらず銀行による民間企業への貸し渋り・貸し剥がしのニュースの絶えない現状をどうお考えですか?

じゃあ、この不況で国債の発行を絞り、緊縮財政をすれば、民間企業はカネを借りて、景気が良くなるのですか?

この不況のときに、銀行はリスクをとってでも業績が悪化しそうな企業に金を貸すのですか?国債の増発がなければ、銀行はリスクをとってでもそういった企業に貸すのでしょうか?貸さないでしょう。貸し剥がしをするのは、リスク回避行為であって、国債増発があったから貸し剥がすということではないでしょう。

また政府は、30兆円もの保証枠をつけて中小企業への融資を助けています。これがなければ、もっと悲惨なことになっています。違いますか?

そして、財政出動で景気が回復すれば、銀行の貸しはがしは緩和するでしょう。そりゃそうです。リスクが減るのだから。

国が借金をして、財政出動で民間に吐き出せば、お金が世の中に回るのですから、別におカネの量が減るわけではありません。それが現実です。

2009/6/15(月) 午後 0:04 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

>財政赤字の増加と民間投資の減少は対応していません
か?

当たり前です。政府赤字=民間黒字と繰り返し申し上げている通りです。
そして、あなたのおっしゃることは、順番が逆ではないでしょうか。バブル崩壊で、民間が投資意欲をなくし、金を借りなくなったまたは借りれなくなり、民間の投資が減ったから、政府が支出を増やしてGDPを維持したんです(というよりは政府支出が増えている間はGDPはバブル崩壊後も一貫して増えていましたが)。それで政府の赤字が増え、民間の黒字が増えたのです。


不況のときに、民間が投資を減らし、政府も支出を控えたら、それこそ大恐慌でしょう。それが1929年に起こったことです。

もっと現実を見て下さい。あなたのおっしゃることは、順番が全く逆です。

また、企業経営者の立場というものを少しも考慮してみて下さい。誰が、不況の真っ只中で、死ぬほど借金を増やしてまで投資したがると言うのですか?

2009/6/15(月) 午後 0:06 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

ミクロでは余裕のある企業が、ここがチャンスとばかりに投資するでしょう。それも現実に起こっています。

ただし、多くの場合は、不況のときはリスクを減らすためにひたすら借金を減らし、貯蓄を増やし、投資を減らす。それが現実の世界です。

なお、名前を変えて何度も書き込まれておられますが、もうそろそろそういうことはお止め下さい。

また、それほどご自身のお説に自信があるのであれば、そろそろ実名を名乗られてはいかがですか?

2009/6/15(月) 午後 0:06 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

>アメリカで民間と政府の借金が同時に増えているのは、経常収支の赤字=資本収支の黒字があるからこそ可能な話であって、あなたの説の助けにはなりません。

国の借金がひたすら増え続けている。これは事実です。

その中でも、別に民間の借金が増えていた。これも事実です。

よって、国の借金が増えることが、民間が借金して投資をすることを阻害するようなことはなかった。

これが現実です。

私は、その現実の結果をその通り書いただけです。まず、この現実を認めて下さい。

そして、資本収支うんぬんに何の意味があるのですか?

資本収支の黒字というのは、単に、外国人がアメリカに投資(文字通りの投資および貸付)をしたというだけのことでしょう。

あなたのいう「国債の発行増加で貸し剥がしが起こっている」というのが正しければ、

アメリカでも、国債増加が多くなったせいで、

外国人がみなアメリカの民間にカネを回さずに、
国債を買っていたはずです。

そのせいで民間にカネが回らなかったはずであり、住宅バブルもおきなかったはずです。

違いますか?

2009/6/15(月) 午後 0:20 [ ヨッシーニ ] 返信する

んー・・・誰かの借金は誰かの資産・・・つーと日本(全体)の不況はどこの日本(部分)の好況でしょう?
少なくともネトアサには好況のようですが(でなきゃネガキャンやめてますし)

2009/6/15(月) 午後 0:59 [ ス内パー ] 返信する

顔アイコン

こんちわっす!
>また政府は、30兆円もの保証枠をつけて中小企業への融資を助けています。
この事実は、見逃せませんね。教科書的な経済の話は私は、素人なので出来ませんが、現実をきちんとみれば、今回の財政支出政策で、民間が救われたのは事実ですから!
人のことを批判するのは自由だと思いますが、現実をきちんと把握できないかぎり、なにもわからないと思っています。わたしは何せ現実主義者なもので・・・

2009/6/15(月) 午後 1:07 [ 鉄人4号 ] 返信する

顔アイコン

まず財政赤字増加→民間黒字(純貯蓄)増加を述べたのはヨッシーニさんですよね。民間黒字の増加というのは、民間貯蓄の増加でも起こるし、民間投資の減少でも起きる。もちろん両方増えるケースもあるけど、そのときでも民間貯蓄の増加の伸びほど民間投資の伸びは起きない。両方減るケースでは、民間貯蓄の減少以上に民間投資が減少することもあり得る。これは、ヨッシーニさんの定義式「財政赤字の増加=民間黒字の増加」から言えることであって、それ以外のことはあり得ないでしょう。それで、実際に深尾さんの図を見ると、財政赤字が増加しているときには、民間貯蓄の割合の落ち込み以上に民間投資の割合が落ち込んでいるから、これは財政赤字の増加が実質的な民間投資の押しのけすなわちクラウディングアウトを起こしているんじゃないんですか?と聞いた次第です。 削除

2009/6/16(火) 午前 2:03 [ というか ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさんは、不況の時に民間投資が増えるわけないと言いますが、75〜85年は別に民間投資が冷え込んでしまうほどの不況でもな買ったと思いますが(正確には途中第二次石油ショックが起きているので全体的に好況というわけでもないですが)、財政赤字の割合の増加とともに民間投資の割合が減っていますが、これはどう説明されるんですか?ヨッシーニさんは不況の時に民間投資が増えるわけないじゃないかと言いますが、ということは財政赤字の増加は民間投資の増加につながらないということでいいんですね。 削除

2009/6/16(火) 午前 2:09 [ というか ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさんは、僕の指摘は逆で、民間投資が減少しているから財政赤字が増えるんだとおっしゃいますが、それは民間黒字の増加→財政赤字の増加の話であって、それこそ、これまでヨッシーニさんが散々このブログで言ってきた財政赤字の増加→民間黒字の増加の話と逆じゃないですか。そうおっしゃるのであれば、深尾先生の図で言うと2000年以降民間投資の増加とともに財政赤字が縮小傾向にありますが、これは、民間投資が回復してきたから政府が財政赤字を縮小させていったと考えていいんですね。 削除

2009/6/16(火) 午前 2:14 [ というか ] 返信する

顔アイコン

アメリカで国債発行のクラディングアウトが起こらないのは簡単です。アメリカの国債発行額以上の外国資金がアメリカに入ってきたから民間も借り入れができたということです。アメリカの金融市場がグローバル化していなかったら当然クラウディングアウトが発生したと思いますね。これは基軸通貨ドルを印刷することができる国だからこそできることでしょう。しかし、アメリカの民間は外国資金を引き入れるために高収益の金融資産を提供しなければならなかったのも事実です。それがいわゆるサブプライムローンをはじめとする様々な金融商品でしょう。そういう意味では、財政赤字拡大の悪影響が出ていると考えることはできるでしょう。実際、グリーンスパンも現役時代にさんざんアメリカの財政赤字拡大の危険性を述べていました。 削除

2009/6/16(火) 午前 2:20 [ というか ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさんは実名を名乗れと言いますが、ネットの世界は怖いので止めておきます。そんな臆病者の意見にはコメントを返せないというのであれば、それで結構です。私は単に財政赤字拡大に伴う民間黒字(純貯蓄)の増加は必ずしも経済にとって望ましいことじゃないんじゃない?と言いたかっただけで、そのことについてのコメントがほしかっただけですから。答えたくないとおっしゃるんであれば仕方ないと諦めるだけですから。長々と失礼いたしました。 削除

2009/6/16(火) 午前 2:25 [ というか ] 返信する

顔アイコン

>深尾さんの図を見ると、財政赤字が増加しているときには、民間貯蓄の割合の落ち込み以上に民間投資の割合が落ち込んでいるから、これは財政赤字の増加が実質的な民間投資の押しのけすなわちクラウディングアウトを起こしているんじゃないんですか?と聞いた次第です。

というか さんは、財政赤字が増加するに従い民間貯蓄の割合の落ち込み以上に民間投資の割合が落ち込んでいるから、実質的なクラウディングアウトを起こしているのでは?とおっしゃる。

というか さんは、財政赤字を減少させればいいのでは?とは思っていませんよね???もし実行したら、民間はもっとひどくなります。

というか さんが問題にするべきなのは、財政赤字なんかではなく、民間貯蓄>民間投資の1点なんですね。 流動性選好から問題への意識を持つべきです。 削除

2009/6/16(火) 午前 7:23 [ HM ] 返信する

顔アイコン

HMさん、いつもありがとうございます。

>というか さんが問題にするべきなのは、財政赤字なんかではなく、民間貯蓄>民間投資の1点なんですね。

ということであれば、私もすんなり受け入れられるのですけどねぇ^^;

これまでも、「民間支出の呼び水になるような政府支出のあり方」というのを何度か書いているのですが、というかさんにはなかなか伝わっていなかったようです。

今般のエコカー減税や太陽電池の補助金は、まさに、民間支出の呼び水となる類の政府支出(というか正確には財政出動)なのですが…

2009/6/16(火) 午前 9:15 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

あと、おさらいですが、

世界のGDP
=世界各国の民間消費+世界各国の民間投資+世界各国の政府支出

なので、
民間消費も民間投資も落ちている中、世界中の政府が支出を絞れば、もちろん目出度く大恐慌突入です。

2009/6/16(火) 午前 9:34 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさん、こちらこそどうも…

私が というか さんの立場でヨッシーニさんを攻めるなら 「政府赤字は民間黒字。でも貯蓄>投資、需要<供給じゃ、民間黒字は必ずしも経済にとって望ましいことじゃないんじゃない?」 というロジックを使いますねえ。

でもこれは政府赤字のせいじゃなくて、金融緩和・信用緩和が中途半端でまだまだ足りないせいでしょう。ここで銀行券ルールの是非や"seigniorage"の活用の是非の話になるわけです。さらに、日銀の金融支援を受けた政府の財政出動は減税メインか?公共事業メインか?という方向性の違いの話にもなってきますね。

アメリカの国債発行額以上の外国資金がアメリカに入ってこなくても、アメリカはクラウディングアウトを防げます。外貨建て外債はほとんどありませんから。ただし"強いドル"ではなくなり、通貨の大幅な減価を招くでしょう。

というか さんは貨幣論や金融・信用の仕組みについてもう少し詳しくなれば、問題点をよりクリアーに見ることができるようになるはずです。 削除

2009/6/16(火) 午前 11:20 [ HM ] 返信する

顔アイコン

というか様

ヨッシーニ様は、実名を公表するのではなく、毎回違う名前で書き込むのをやめて欲しいと言っているのではないのでしょうか?
トピックが変わるごとに違う名前にしてもアクセス解析ですぐわかりますからね。

2009/6/16(火) 午後 1:09 [ alt ] 返信する

顔アイコン

altさん、

>アクセス解析ですぐわかりますからね。

altさんに教えていただいたお陰です。まことにありがとうございますm(_ _)m

2009/6/18(木) 午後 5:14 [ ヨッシーニ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事