廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト ]

http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iN5BfVzDL._SL500_SS75_.jpg

「国債を刷れ!」好評発売中です。ご購入は↓こちらをクリック    http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883926788




貯蓄率低下で財政破綻?【1】
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/20393615.html

からの続きです。



ちなみに、

上記の資金循環、資金のフローのうち、

生産活動に関係したものが、

国内総生産(Gross Domestic Product GDP)ということになります。


そして、ついでながら

日本のGDPが伸びないのは、

GDP = 民間消費 + 民間投資 + 政府支出 + 純輸出

各要素が、98年以降は基本的には変化していない(増えていない)からです。


また、
政府の支出が変わらない(というか減っている)のに政府の借金が増えているのは、
支出フロー(赤字)の絶対額はあまり変化ないけど、政府の毎年の支出フロー(赤字)が累積しているからであり、

民間(家計+非金融企業)の純資産が増えている(=純負債が減っている)のは、民間の毎年の収入フロー(黒字)が累積しているから

ですね。

この、GDP増えない症候群(またの名を「失われた10年病」)は、誰かが支出を毎年毎年しっかり増やさない限り、決して治療はできません。


さて、
その支出を毎年毎年しっかり増やせるのは誰でしょう?


http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/9f/c5/eishintradejp/folder/725004/img_725004_17540321_2?1244921711

に向かって、
「支出を増やせ!消費を増やせ!!しかも、GDP成長のために毎年消費を増額しろー!!!」
なんて
ご無体なことをおっしゃっているのは、どこの誰なんでしょうか?

ということになるわけです。



さて、
本題に戻してまとめに入りますが、

家計部門は、資金循環を構成するプレーヤーの一部に過ぎない

というのは、
資金循環統計を見ればすぐに分かることだと思うのですが…


「『家計の貯蓄率が低下すると、政府が財政破綻する』と主張されている経済学者や経済アナリストの皆さんは、日銀の資金循環統計を見たことがなかったのかな、きっと。インターネットにつながっていてエクセルの入っているパソコンがあれば誰でも見れるはずなんだけど…」 と思われた方は、↓下のリンクのクリックをお願い致しますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

【「国債を刷れ!」補足集】の一覧はこちらをクリック

この記事に

閉じる コメント(11)

顔アイコン

相変わらずの鋭い分析、私にはこのような素晴らしい説明が出来ません。
今日も勉強になりました。

傑作

2009/7/24(金) 午後 4:42 [ 鉄人4号 ] 返信する

ヨッシーニさん、今日も明解な解説ありがとうございます。
こういうことって本当は経済学者が言うべきことじゃないですか!?
「先生と呼ばれるほどのバカでなし」って言いたくなりますね。

2009/7/24(金) 午後 6:41 [ kot*m*nnd*u9* ] 返信する

顔アイコン

http://blogs.yahoo.co.jp/wasekata19/60026791.html
【日経新聞】個人マネー生活防衛色、定期預金7年ぶり高水準 消費より貯蓄に

【記事内容】
> 個人マネーが生活防衛の動きを強めている。定期預金残高は5月末時点で
>前年比5%近く増え、約7年ぶりの高水準になった。雇用や賃金への先行き
>不安から、個人が元本割れリスクのない預金などの安全資産を積み上げている
>ためだ。定期預金はこのところ月間1兆円近いペースで増えており、年内にも
>過去最大だった2001年1月末の201兆円を上回る可能性がある。 

> 日銀によると、5月末の個人の定期預金残高(国内銀行)は195兆円と
>前年同月比4.9%増えた。貯蓄志向を示す定期預金の伸びが顕著なのに対し
>主に生活費に充てられる普通預金はここ数年、160兆円前後の横ばいが
>続いている。


貯蓄率が低下してるニュースがある一方で、定期預金が増大してる
ニュースもあるみたいですが、この辺はどう考えたらいいんでしょうか? 削除

2009/7/24(金) 午後 10:15 [ かしお ] 返信する

伊藤元重さんは日本が誇る経済学の大家なだけに、彼の意見にこうも明快に異をとなえることはなかなか出来ないことだと思います。ヨッシーニさんのアプローチはかなりユニークだと思いますし、海外の経済学者でもこうしたアプローチをしている人っているんでしょうか?

まぁ、日本人は経済学といいながらも元来「節約を美」とするような風潮がありますからね。今後の経済学の展開も一つ楽しみです。

2009/7/25(土) 午前 0:48 [ 9回裏二死満塁 ] 返信する

顔アイコン

このニュースに関して私も疑問を抱きましたので解説をしていただいて嬉しいです。
疑問を抱ける程度にまでなれたのもこのブログのおかげなので感謝しています。
これからも楽しみにしています。

2009/7/25(土) 午前 1:55 [ M・S ] 返信する

顔アイコン

日本の昔からの経済学者って、マルクス経済学しかイメージできない。
何というかまともに経済学をやらずに思想に走る人が多いイメージです。
勝手な想像なんですけど。

2009/7/25(土) 午前 2:00 [ alt ] 返信する

顔アイコン

ヨッシーニさん
明快にお答えいただきまして、ありがとうございます。
大田弘子氏は、こういった具体的な数値を知らずに、経済閣僚をやっていたのですね。
彼女は、日本はすでに経済で一流国ではないとまで言い切りました。
こんな人が経済閣僚やっていたら景気が良くなる訳ありません。
任命責任は小泉氏にもあるわけですが。

2009/7/25(土) 午後 6:52 [ エイトマン ] 返信する

顔アイコン

>金利が上がれば、保有する国債の評価損となるため、
>自縄自縛となっている
なんていうのを目にしたのですけど、
国債の金利って政府じゃなく市場が決めるのですよねえ?

2009/7/26(日) 午後 1:57 [ あかさたな ] 返信する

顔アイコン

>家計の貯蓄率が低下すると、政府が財政破綻する

テレビで、誰かが、上記のようなことを言っていたのを
私も聞いたような気がします。
しかし、ヨッシーニさんは、このトンデモ理論を見事に打ち砕きましたね。
さすがです。 削除

2009/7/27(月) 午後 9:25 [ 田舎の空手マン ] 返信する

顔アイコン

あかさたなさん

>>金利が上がれば、保有する国債の評価損となるため、
>>自縄自縛となっている
>なんていうのを目にしたのですけど、
>国債の金利って政府じゃなく市場が決めるのですよねえ?

基本的には市場の需要と供給で決まりますが、日銀の買いオペ・売りオペにももちろん大きく左右されます。

バブル崩壊直前の90年で日銀の国債保有残高がだいたい20兆円、
量的緩和をやってた05年あたりで100兆円、
現在は70兆円くらいでしたね。

2009/7/29(水) 午後 10:09 [ ヨッシーニ ] 返信する

顔アイコン

借金は増えてますけどマネーサプライあんまり増えてないですよね
これはどういうことなのでしょうか?

2010/3/27(土) 午後 10:53 [ kkt_zero ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事