廣宮孝信の反「国家破産」論 ブログ

「国が財政危機と考えることこそが日本の危機」「財政黒字はむしろバブル崩壊の予兆の場合もある!」。【国債を刷れ!】著者のブログです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

※新著、好評発売中! アマゾンでの購入はこちら 

「国の借金」カバー表面

「国の借金」アッと驚く新常識 ~"年金絶望世代"も元気が出る

(技術評論社 刊)


消費税、ユーロ問題、TPP、
国の借金、破綻と繁栄の世界史、将来への展望etc…


“バーチャル立ち読みコーナー”開設しました
《「国の借金」アッと驚く新常識》の一部をPDFでご覧頂けます!
こちら





※当ブログはFC2に引っ越しています
http://grandpalais1975.blog104.fc2.com/

この記事に

開く コメント(3)

※当ブログは↓こちらに引っ越しております
 
チャンネル桜「経済討論第14弾」(2010年10月16日)
◆経済討論第14弾!上海万博以降の世界経済と日本 Part2
 

パネリスト:
 クライン孝子(ノンフィクション作家)
 廣宮孝信(作家・経済評論家)
 三橋貴明(作家・経済評論家)
 宮崎正弘(作家・評論家)
 渡邉哲也(作家・経済評論家)
司会:水島総
(敬称略)
 
廣宮の資料です。
 
    関連ブログ:
 
 
↓画像は、クリックにて拡大します。
イメージ 1
イメージ 10
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
 
 
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26

この記事に

開く コメント(0)


Yahoo!ブログではコメント欄の管理が難しい


ですので

↓FC2に引越しすることになりました。



コメントは↑こちらにお書き込み下さいませm(_ _)m。



それに伴い、こちらの記事は最新のもの以外全て当面非公開(但し、「ファン」のみ公開)とさせて頂きます。悪しからずご了承下さいませ

この記事に

諸般の事情により、コメント欄を一時書き込み不可にします。ご不便をお掛けいたしますm(_ _)m


http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました
https://twitter.com/YNHiromiya



http://bit.ly/aSelfc

「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)





またもや、1ヶ月(以上)ぶりの更新となりました。

応援コメントを書いてくださった皆様、ありがとうございました!



今回は、諸般の事情により↓これを前に持ってきつつ…


☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc





それでは、本題であります。


が今月初めにとあるところに寄稿した記事をそのまま転載してみます。



「国債、海外販売強化」の愚策

財務省は、
毎年巨額に上る国債発行を安定的に行うため、
海外投資家への情報提供などを専門に行う担当官(「国債投資情報官」)を新たに設け、
日本国債の海外販売を強化することとなった。

昨年9月のリーマンショックまでは年々増加傾向にあった海外部門の日本国債の保有比率が、
このところの金利低下により下がって来ており、
国債の引き受け手を拡大する必要性があるとのことである。


イメージ 1




確かに、
リーマンショック直後10.8%であった国債の海外保有比率は、
今年3月には6.7%にまで下がっている。

しかし、
だからと言って本当に海外への国債販売を強化する必要はあるのだろうか?

昨年9月には1.3%台であった10年物国債の利回りは7月5日には1.1%にまで低下している。

これだけ海外部門の国債保有比率が下がる中で金利が低下しているということは、
国債は海外部門への販売を減らしながら今まで以上に安定的に発行されているということである。

それにも関わらず、
財務省は無理に外国人に国債を買ってもらおうとして海外投資家を相手に財政健全化に向けたPRをするための担当官を新設するというのである。

財政健全化はインフレ抑制政策であり、デフレ期に行えば景気を腰折れさせる愚策となる。


長期的なデフレに苦しむ日本で必要なのは

歳出を削減し、国債の発行を減らす財政健全化ではなく、

景気拡大のための歳出を大幅に増やし、国債の発行を増やす財政拡大政策である。


日本は、
国債金利が世界最低、
物価上昇率も世界最低であり、
対外純資産が世界最大で国内にカネが有り余って海外にあふれ出すような状況であり、
ギリシャのような破綻国家とは正反対だ。


イメージ 2




国債増発によって金利が上昇し、物価が上昇するとすれば、
それは諸外国並みの水準になるというだけのことであってむしろ好ましいことなのである。

必要もないのに海外部門への国債販売を強化し、
このことによって無意味な財政健全化への圧力を海外投資家から受けるようになれば、
いつまで経ってもデフレ脱却も景気回復も出来なくなってしまうどころか、
多くの国民の生活が破綻することになりかねない。

現状における「国債、海外販売強化」は適正な経済政策を打つ上での障害にしかならないのだ。





さて、
補足のため、
80年代からの日本国債の利回り(先物。10年もの)と国債の海外保有比率を重ねたグラフを掲示しておきます。


イメージ 3




例えば、98年12月から03年9月までや、上記の記事にも出ていたリーマンショック後の期間

国債の海外保有比率がかなり急激に下がりながら、国債の利回りも同時に下がっているわけです。

海外保有比率と国債の利回り、あるいは国債の安定消化とは、

特に関係は無いです。


「リーマンショックのような世界的経済危機に買われる日本国債がなぜ破綻寸前なのか?ちゃんちゃらおかしいわい」と思われた方、あるいは、「リーマンショックのときは、国債の海外保有比率がなんと10%越えていたとは、驚き桃の木山椒の木」と思われた方は↓下のリンクのクリックをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!




http://bit.ly/aSelfc
http://bit.ly/8Z9KuO

というテーマの拙著「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)




☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

この記事に

http://x6.cho-chin.com/bin/ll?081850800
アクセス解析


↓ツイッター始めました
https://twitter.com/YNHiromiya



http://bit.ly/aSelfc

「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)






一ヶ月ぶりの更新であります。皆様、ご心配をおかけしてしまい、すみませんです。


今回は…、

私の著書「さらば、デフレ不況」を読んで下さった(とご本人から伺いました)、

兵庫県自民党参院議員(今回改選) 末松信介先生



がご本人のパーティーでスピーチしていた内容を少々ご紹介させて頂きたく。

#ちなみに末松先生、舞台俳優かバリトン歌手かと思うほどの美声であります。
男の私でもうっとりしてしまいそうな具合でして^^


で、その内容というのがこんな話です:

山本五十六 海軍大将

「国大なりといえども戦好まば必ず滅ぶ 国安らかなりといえども戦忘れなば必ず危うし」

という言葉を引用し、憲法9条改正の必要性を力強く訴えておられました。


戦は好んでも駄目、忘れても駄目


これは至言でありますね。

と思われた方は↓下のリンクのクリックをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

http://blog.with2.net/in.php?751771

  ブログランキングに参加しております。ご協力、ありがとうございます!

*参議院選、いよいよ明日公示であります。 
 選挙が終わるまで、更新はしばらくお休み致しますm(_ _)m




http://bit.ly/aSelfc
http://bit.ly/8Z9KuO

というテーマの拙著「さらば、デフレ不況」好評発売中!

アマゾンでのご購入はこちら→ http://bit.ly/d7Th6o (短縮URL)




☆アンチ対策に役立つ【反「国家破産」的マスコミ記事】はこちら→ http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/folder/1031019.html?m=lc

この記事に

開く トラックバック(1)

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事