生涯現役?の生き証人 84歳のデモンストレーター

この土曜日は、日本海に面する京都北部の舞鶴で仕事。かの「岸壁の母」の舞台であることでも知られる港町だ。 現場は、東舞鶴駅を降りて徒歩3分の場所にある総合スーパー。 もう一人デモンストレーターがいて、昼の休憩時間に 「どこから来たの?」 と尋ねたら、 「(京都市内の)二条から」 と答えたので、 「それなら、(やはり京都市内の)山科から来た私と、帰る方向は同じだね。帰りはご一緒に」 ということになった。 途中駅の綾部で特急電車待ちをしていた時、彼女が私に質問した。 「私、幾つに見える?」 「えっ、あー、70代前半、、、くらいですか?」 これは、お世辞ではない。 実際にその外見から見えた年齢である。 彼女はクスリと笑った。 「ありがとう。私、実は84歳やねんよ」 「えええすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

ガメラ3 邪神イリス覚醒

2010/4/13(火) 午前 9:47

 アメリカのメールフレンド、ジムの強い薦めで観、それまで偏見を抱いていた怪獣映画を見直すきっかけとなった、我が映画鑑賞史の上で記念碑的な位置をしめる本作。  ツタヤのネットレンタルに予約して、待たされること一年。やっと観ることが出来た。  1999年。「人を食う」悪玉怪獣ギャオスが、世界各地で発生。被害が多発。  その一方で、四 ...すべて表示すべて表示

幸せになるための27のドレス

2010/3/11(木) 午後 9:14

 本国アメリカでは「ブリジット・ジョーンズの日記」以上のヒットを記録した、 「幸せになるための27のドレス」。  久々に平均点以上のラブコメディに巡り会い、満足度は100%。  子どもの頃、従姉妹の結婚式の華やかさに感銘を受けて以来、 「いつかは自分もあのような美しい花嫁になりたい」 と願いつつも、現実にはブライダル会社の仕事で花嫁 ...すべて表示すべて表示

ゴジラの逆襲

2010/2/2(火) 午前 9:09

 女性でゴジラファンは珍しいと言う。  私も以前は大嫌いだった。  まずは、あのルックス。  トカゲだか恐竜だか知らないけれど、全身ゴツゴツしていて、背中にヒレまで つけて、グロテスクそのもの。  ゴジラ以外の怪獣や自衛隊や警官とのバトルシーンも眉をひそめた。  何よりゴジラが一足歩き、尻尾を一振りするたびに、建物が破壊され、道路が ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事