全体表示

[ リスト ]

国内製薬首位の武田薬品工業は10日、がん治療を得意とする米バイオ企業のミレニアム・ファーマシューティカルズ(マサチューセッツ州)を株式公開買い付け(TOB)で買収する、と発表した。買収総額は約88億ドル(約8800億円)で、国内製薬会社による買収では過去最大だ。

 ミレニアムは米ナスダックに上場している。TOB価格は1株25ドルで、直近の終値に53%上乗せした。買収資金は、武田の手持ち資金で賄う。

 国内製薬大手は、患者人口が多い糖尿病や高血圧、かいようなどの治療薬の研究開発と販売を主力に据えてきた。しかし、これらの治療薬で効き目を高めるのは難しいため、最近はがん治療薬へ力を入れている。ただ、がん治療薬は世界的に競争が激しい。

 武田も昨年以降、米国の複数のバイオ企業から、がん治療薬の新薬候補などを買い取ってきた。ミレニアムはがん治療薬候補を五つ持ち、買収によって武田の開発品目は10以上に増える


★武田薬品がまたまた 米国バイオ社 買収です。

それも8800億円、凄い金額ですね。

つい先日、米国アムジェン日本法人買収 900億円

武田薬品は手持ちの豊富な資金を将来性のあるバイオ企業買収に当ててますね。

金持ちの企業は違いますね。


ちなみに今年のエーザイの米国MGIファーマ買収金額4300億円がこれまでの最高額です。

この記事に

開く コメント(6) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事