epsanのブログ

太陽の光、無礙光を浴びて・・・日々日が短くなっていく。それだけいっそう濃く味わっていきたい。

全体表示

[ リスト ]

五木の「〜の発見」という対談シリーズの最新作。
いつものごとく、自分が関心をひかれた部分を一部書き出してみる。

仏教の核心:
仏教とは要するに「仏になる」ということ(梅原)
「神は在るもの、仏は成るもの」宗教学者鎌田東二のことば(五木)

天台本覚思想が鎌倉仏教の前提:
平安時代の末に天台本覚思想が生まれ、それが鎌倉仏教の思想の前提になる。天台本覚思想は「草木国土悉皆成仏」という言葉に端的に表現される。これは台密という天台密教から来た思想で、天台宗と真言宗が合体したもの。天台宗は人間がすべて仏性をもっていると説くが、人間以外のものについて仏性があるかどうかははっきりしない。真言宗になるとすべてのところに大日如来があらわれているから、植物も動物も全部大日如来の霊を分有しているから仏性の範囲はひろがる。この天台本覚思想を共通の前提として、浄土、禅、法華の鎌倉新仏教ができた。この思想は日本の仏教独特の思想だ(梅原)
いい意味で自然界のあらゆる者には固有の霊魂や精霊が宿るというアニミズムと、さまざまな思想や宗教を融合するシンクレティズムは日本の財産んだ(五木)
縄文時代や弥生時代の翡翠は植物の霊で勾玉は動物の霊で、そこに「山川草木悉皆成仏」という思想が先駆的に含まれる(梅原)

現代:
いわゆるヒューマニズムの限界が見え始めてきている(五木)
人間中心主義を批判しないと、これからの人類はいきてゆきない(梅原)

悪の救済というテーマ:
悪にまみれた人間がどうして成仏できるのか。この悪という問題に真正面から向き合ったのが法然、そして親鸞。悪人の救済を追求した悪人正機説を説き、その基となる阿弥陀仏信仰を発展させ、世界にも稀有な救済思想を確立させた(五木)
法然はどっちかというとお父さんお母さんが悪人。親鸞は自分が悪人だと強い悪の自覚を持っている。そこが現代人の心を強く惹きつける(梅原)

キリスト教にしても仏教にしても、殺すなかれを説かざるを得ないのは、宗教が非常に鋭く、人間の根源的にある存在論的な殺人意識とでもいうべき悪が存在していることを見抜いているから(五木)
殺すなかれ、というのが仏教の一番基本重要な戒律だ、人間がそういうものだという自覚が仏教はいちばん深い(梅原)
仏教というのは徹底的に絶望し、その底からドンと足を踏みしめてとびあがるための悪の自覚を示す(五木)

念仏の諸相:
最初の念仏は「お頼み申します。お願いします」
法然、親鸞になると、他力で向こうから救われるので「ああ、ありがたい。もうおまかせします」という帰依の念仏。
蓮如になると、もう往生はむこうがきめてくれているのだから、報恩感謝の念仏。(五木)

仏教革命:
妻帯ということは仏教の革命。釈迦仏教の根本的革命、大乗仏教の革命、もうひとつの大きな革命が親鸞仏教(梅原)

臨終待つことなし:
悪人正機は法然の思想。「臨終待つことなし」に救われるといのが親鸞の到達した思想(五木)

信と念仏:
信を得た時に仏と「等し」といのは、同じような地位にあるのだが違う。だがその地位に「等し」いところに言った瞬間、人は新しい光に照らされて生まれ変わることができる。つまり親鸞は、念仏を得た時に人間は新しい人間として誕生し直す、といっている。ただ人間はその信頼が揺らぐ。繰り返し迷う。念仏はその度に自分を励ますために、向こうから回向される励ましのことばだ(五木)

一神教:
仏教思想家の金子大榮は、浄土真宗を「選択的な一神教」と言っている。単なる排他的な一神教ではなく、万の仏が疎む、その疎まれる者こそ自分は救う誓を立てた、救済の対象なのだ、という意味での一神教(五木)

五木の「青春の門」に対して、梅原は「まったく観念的に作り上げられた自伝的小説、フィクティブな自伝的小説」と言及している。五木の若い時代からの「悪人」としての意識がどのように生じたかについても、五木はこの対談の中で言葉をセーブしつつも説明している。凄絶な物語がそこにはあったようだ。

物語といえば、五木はつぎのようなことを言っている:
生まれた時から「神様は死んでいる」という状況の中で、自然科学の最後の限界のところに何かがある、ということを感じている科学者の感覚に対して、いままでどおり浄土とか阿弥陀如来とかいっても全然通じない、感覚的に受け付けない、何か従来と違った物語が必要だ。必要とあらば、新しい大乗仏教を作り出さなきゃいけないのではないか。

そんな「仏教」が誕生するとすれば、どんな衣裳・意匠をまとっているのか。




この記事に

閉じる コメント(2)

ハードが老朽化してソフトが使えないから、新しく次世代機種を必要としている!と云う事でしょうか(笑) しかし、その需要はあるのでしょうか?「選択」したのではなくて「選択」されているのかもしれないと感じる日々であります

2011/3/28(月) 午前 2:17 [ 竹光侍2008 ] 返信する

顔アイコン

う〜む、ドラクエ8からドラクエ9、というようなソフトのバージョンアップではなく、ハードの問題になるのでしょうか。ソフト自体は変化ない、というのか、ゲームの本質?は残しつつ、変えていく部分をもつのか。どちらのイメージが近いのでしょう?
能動と受動の軸なのか、自然の計らいの軸なのか、信は何処にあるのでしょう?

2011/3/28(月) 午後 5:26 epsan 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事