三流映画レビューと小野次郎厩舎応援ブログ

地震が半端無いです・・・。更新無くなったら死んだと思ってください(笑) コメ返遅れます

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「ジャージの二人」

製作年度;2008年

製作国:日本

上映時間:93分

イメージ 2

【主な出演者】
堺雅人
鮎川誠
水野美紀
田中あさみ
ダンカン
大楠道代
イメージ 3

【解説】
仕事もプライベートも冴えない父と息子が、ひょんなことから始めた山荘での奇妙な二人暮らしの日常を綴った芥川賞作家・長嶋有の同名小説を、シーナ&ロケッツの鮎川誠とTV「篤姫」の堺雅人という異色の顔合わせで映画化したオフビートなコメディ・ドラマ。監督は「アヒルと鴨のコインロッカー」「チーム・バチスタの栄光」の中村義洋。
 暑い夏のある日、会社を辞めたばかりの32歳の息子は、グラビアカメラマンの父に誘われ、北軽井沢の山荘へと避暑に向かう。そして山荘に着くや、古着のジャージに身を包んだ二人。息子は妻に浮気をされているらしく、一方の父親も三度目となる結婚生活にまたもや危機が訪れていた。そんな悩み多き日常から逃げるべく、こののどかな山荘で、のんびりしたスローライフを満喫してリフレッシュをと決め込む二人だったが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

この映画見ていたら、自分が学校で着ていたジャージを思い出しました。
小・中・高と、私が通っていた学校のジャージは紺色だったり水色だったり青系でしたが、絶対着たくないと思っていたのがあずき色のジャージ(笑)
あれはほとんど罰ゲームですからw
この映画で、あずき色のジャージ出てきたときに、妙にツボにはまりました^^

って言うか、なんで学校のジャージ着てんのか・・・。
堺雅人・鮎川誠親子が、普通に違和感なく学校のジャージを着るのに対して、堺雅人の妻の水野美紀、腹違いの妹の田中あさみは躊躇して(当然でしょ・・・)買ってきたジャージを着るのが本当におかしかったです^^

で、この映画、特に何かが起こるわけでもないんですよね。。。
ゆる笑ともちょっと違いますが、何も起こらない感じがなんだか心地良い感じ?
何事にも真正面から世の中の荒波に突っ込んで生きてきた人には、この映画は心に響かないかもしれません。
でも、何か悩み事や逃げたくなることを抱えている人は・・・・なんとなくこの空間にドップリ浸かってしまう・・・そんな映画だったのではないでしょうか☆
疲れた心を癒す空間と言うかなんと言うか・・・。
少しだけ重い荷物をコインロッカーに預ける感じでしょうか。

流れもスローで登場人物も少ない。
皆何かしら悩みを抱えている様子。
鮎川誠演じる父は、3度目の結婚生活もうまくいってない様子(そんなにモテるようには見えないけどw)。
息子の堺雅人は、仕事を辞めて小説家をめざしている様子、そして妻が浮気をしている様子・・・。
腹違いの妹の田中あさみ(役名は花子でしたね・・・そう言えばこの親子で名前付いてるのって花子だけだな〜)はレンタルビデオで映画鑑賞に夢中、そして友達がいない様子・・・。
堺雅人の妻の水野美紀は、浮気をしていて浮気相手の子供を作りたい様子・・・。
鮎川誠の友人のダンカン(役名は岡田さん)は奥さんとなにやら問題がある様子。
隣人の大楠道代(役名は遠山さん)はどうやら魔女ではなくて忍者?
皆何かしら問題を抱えていますが、深刻なはずなのに深刻には見えない様子。

夏休み、山荘でのスローライフ・・・と言うよりは現実逃避です。。。
でも現実逃避って、ずっと逃げ続けることなど出来るはずも無く、少し現実と距離を置くことで何かが見えてくる・・・・または一呼吸置くことで現実に立ち向かえる気力が沸いてくる・・・良く言えばそう言う解釈も出来るはず。
私も好きな映画を見たり、好きな野球のチームを応援したりすることで現実逃避して英気を養い、その結果現実に立ち向かう勇気が湧いて来るところもあります。

現実をちょっと離れることで、仲間・友人の大切さや、今いる環境が何気に恵まれているものであることを実感したりすることも出来るはずで、私にとっては現実逃避って人生において絶対必要なものです。
のんびりスローな日々を過ごしたら、飯食って風呂入っておいしい空気吸って何気ない会話して・・・そんな何気ない日常が、逆にどれだけ素晴らしいものなのか実感できるでしょう!

現実逃避で重い荷物を降ろすことはできませんが、現実と対面するための準備をすることは出来るはずです。
この山荘じゃなくても、どこか避暑地で現実に立ち向かうために英気を養うのも悪くないですね!
この映画でも出てきましたが、ほんの少しだけ微妙に携帯の電波が届く場所があるのも、現実を忘れないためにはいいのかも^^

で、この山荘・・・虫が出てくるのは嫌だな〜w
カマドウマ(便所コオロギ)とご対面したら、寝れなさそう・・・。
ファミコンは懐かしかった〜。

堺雅人の演技・雰囲気の素晴らしさは言うまでもないけど、なんかこう〜〜鮎川誠がなんとも言えずいいんですよね〜^^
シーナ&ロケッツの人って言われても正直よく知りませんが、なんかこう〜〜あの雰囲気が最高w
棒読みでも、なんかこう〜〜いいんです。。。
ジャイアントコーンのパフパフ感も、なんかこう〜いいんですよね〜!!
なんかこう〜この映画見終わったら、なんかこう〜が口癖になってしまったんですがw

そして、【踊る大捜査線3】には何でか出演されていなかった水野美紀をここで見れて良かった☆
水野美紀のスローモーションのアップ画は、ファンサービス?(笑)

それにしても・・・なんかこう〜〜35℃の時に、北軽井沢の避暑地は20℃なんですね〜・・・。
うらやましい・・・。
毎日暑い。。。

そんな映画の予告編はこちら↓ 

この記事に

閉じる コメント(10)

大楠道代さんは、やはり忍者でしたか。。(断定しちゃったわw)
この独特の感じは、本当に魅力ですよね。
作ろうとしても実は大変難しいのではないかしら・・・って、そこまでこの暑さの中で考えることもないのでしょうけど。。
鮎川さんと堺さんの組み合わせもとてもよかったし、20度・・・これには本当に憧れを今抱きます。。^^; 暑いっ!
トラバさせて下さいませ。

2010/7/26(月) 午前 8:35 恋 返信する

私は緑のジャージを着てたけど、もっと濃い色で
ここで着ている緑じゃなくてよかった(笑)
あずき色はやっぱり女子には人気でした(^^)
水野美紀ったら「踊る」に出ないでこんなところにいたのね。。。

2010/7/26(月) 午前 10:56 MINA 返信する

この前、深夜にTVでやってましたよね〜。
レンタル店で気になってたからちょうど良かった!と
思ってたのに、録画し忘れました・・・(>_<。)
カマドウマ、子供の頃よく実家の土間で出現してましたよ〜
大人になって話しても、知ってる人いませんでした(笑)

2010/7/26(月) 午後 10:31 カフェオレ 返信する

アバター

なんかこう〜なんかこう〜〜
癒し系と言われがちなミカちゃんもお忘れなく〜♪
(ノ≧▽≦)ノポ♡チ-ンッ*‥…。o○☆*゚クリチャンッ゚♡

2010/7/26(月) 午後 10:57 おそらくカラオケ☆彡 返信する

恋さん>大楠さんはやっぱり忍者でしょう(笑)怪しいもん(笑)
この映画、ホント何も起こらない感じが逆にすごいですよね〜。
ゆる笑にしようと思えば出来たんでしょうけど、三木監督の得意分野には勝てないでしょうし、ある意味この作風は狙って作ったとしたら凄いですよ^^
20℃は憧れますよね〜〜・・・今年の夏、暑すぎです><
トラバどうもです☆

2010/7/27(火) 午前 7:26 36 サブロー 返信する

みなさん>濃い緑はいいけど、この映画のような黄緑はいやですね^^;
罰ゲームっぽくて^^;
女性のあずきはいいけど、男であずき色のジャージは絶対いやでしたねw
水野美紀は、事務所独立したのでフジテレビ出資の踊るからは外されたようです・・・。
内田有紀は元水野美紀がいた事務所・・・なんか商業的で嫌な感じですね^^;

2010/7/27(火) 午前 7:32 36 サブロー 返信する

カフェオレさん>深夜にやってましたか^^
どうしてもパッケージのジャージ姿が気になって借りちゃった映画でしたww
なんかこう〜〜学校のジャージなんか着られたら気になってしょうがないですよね(笑)
カマドウマ、私も子供の頃実家で見て以来お目にかかってません・・・現存するんですかねw
ゴキよりはマシかな・・・。

2010/7/27(火) 午前 7:35 36 サブロー 返信する

美果さん>なんかこう〜〜
忘れてないですよ(笑)
なんかこう〜〜癒されたいっす^^
ポチどうもです☆

2010/7/27(火) 午前 7:41 36 サブロー 返信する

劇場観賞でした〜。

堺さん目当てでいきましたが、ジャイアントコーンの下りとか
なんだか、微笑ましい笑いがたくさんで素敵でしたよね。

ちなみに私中学時代はあずきジャージでした。
しかも、ブレザーの制服もあずきでした。
男子は黒の詰襟制服だったのに、女子だけあずき・・・。

学校内にいる時は、みんな同じなので違和感無いんですけど、
なんか校外学習とかで外に行く時は恥ずかしかったぁ〜。

2010/7/27(火) 午前 11:06 ココロ_kibou 返信する

ココロさん>あずき色・黄緑色のジャージ、今考えると何であの色のジャージを普通に着てるんだろう?って感じですよねw
もう少しかっこいいジャージ作って欲しかったような^^;
パッケージで2人が仲良くジャージ着ている姿が脳裏からはなれず借りてきちゃいました^^
堺雅人さんもよかったですが、鮎川誠さんの父役もかなりはまってましたよね☆
なんかこう〜良かったですねw
無理やり感のないゆる笑もいちいちツボにはまって、なかなか面白い映画でした^^

2010/7/28(水) 午後 2:06 36 サブロー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事