ここから本文です
エクセル excelで便利なこと 初めて知った事など
エクセル セルの値にダブルコーテーションをつけたい

エクセルの文字操作
文字編集
cell(セル)の値の前後に「" 文字 "」をつけたい

excellなら簡単なはず
これでいける?→無理なようです
= " & A1 & "

検索して調べてみました

excellの
cell(セル)の値の前後に「" 文字 "」をつけるには

= """" & A1 & """"

これでいけました

なんと、文字の前後に「"」が4つもいるようです
エクセルよく使うはずなのに、まだまだ
理解できていない所ありそうです

エクセルをしっかり学ぶの必要そうです
エクセルの基本からしっかりExcel勉強しないと

この記事に

エクセルで行や列の削除 ショートカットキー
いまさらながら、分かりました

excelでのショートカットキー

他の人が使用しているの見た事ありましたが

やっぱり、マウスでするより
キーボードの方が楽です

ショートカットキー

行や列の削除のショートカットキーは
行を選択し、Ctrlキーと「-」
列を選択し、Ctrlキーと「-」

(コントロールキーを押しながら、マイナスを押す)

その逆の行や列の追加のショートカットキーは
削除の逆で
行を選択し、Ctrlキーと「+」
列を選択し、Ctrlキーと「+」

(コントロールキーを押しながら、プラスを押す)

これから意識的に、エクセルのショートカットキーを使うようにして
忘れないようにしないと

エクセルを使いこなすには、まだまだ勉強しないと
エクセルの知らない機能たくさんあるはずです
一度、エクセルの事勉強できれば、実践でも楽に仕事できるはずです

この記事に

excel(エクセル) 「#N/A」を判定する

VLOOKUPなどの結果、「#N/A」と表示されることが

「#N/A」とは、値がない
VLOOKUPであれば、VLOOKUPにヒットする値がないとき
「#N/A」が表示されるようです

「#N/A」が表示されているもの
正しく値が表示されているものを集計するとき

「#N/A」であるかどうかを判定します


=IF(ISNA(D1),0,1)
「#N/A」であれば、「0」を表示
「#N/A」でなければ、「1」を表示

このISNA関数の結果を集計すれば
「#N/A」でない数を知る事ができます。

後は、SUM関数で合計をとれば
VLOOKUP関数の結果、値があるものの
集計が可能になります

excel入門から応用まで おすすめ勉強方法

この記事に

excelでVLOOKUP関数

excelでVLOOKUP関数

VLOOKUPは結構使う機会が多い様です

=VLOOKUP(B1,A1:A7,1,0)

絶対参照というだったと思います
=VLOOKUP(B$1,A1:A7,1,0)

=VLOOKUP(B$1,A$1:A$7,1,0)

「$」を付けることがポイント

VLOOKUPは、恐らく
完全一致をほぼ使う機会多いはず
完全一致
=VLOOKUP(B1,A1:A7,1,FALSE)
=VLOOKUP(B1,A1:A7,1,0)

近似一致
=VLOOKUP(B1,A1:A7,1,TRUE)
=VLOOKUP(B1,A1:A7,1,1)


エクセル(excel)でVLOOKUP関数

Excel 2016の初心者を基本から
勉強できます

この記事に

エクセル(excel)でシート名を取得したい

エクセルのシート名を書きだしたい

目次的なもの
シート名の一覧を作りたい

そのようなときに
'-------------ここから-----------------------------
Sub sheetsname_get()
    Dim i As Integer
    Dim r As Integer
    r = 1
    For i = 1 To Worksheets.Count
        Range("A" & r) = Worksheets(i).Name
        r = r + 1
    Next i
End Sub

'-------------ここまで-----------------------------

エクセルを開いて

Alt + F11を押して
上のソースをコピーして
F5を押すと

エクセル(excel)のシート名を取得できます

excel入門から応用まで おすすめ勉強方法があれば
もっとexcelを使いこなせるようにならないと

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事