愛川今生の演劇世界

演劇って、ほんとうに楽しいですね。

はじめまして

 2016年4月、「愛川今生のブログ」をはじめました。3つのブログを運営しています。こちらは演劇関係のものです。私と演劇の関わりや、演劇のすばらしさが少しでも伝えられたらと思っています。よろしくお願い申し上げます。   2016年6月、これまで『近代劇全集 別冊 舞台写真帖』のうち30枚ほどを短い解説付きで掲載してきました。これ以降は Blogger  http://profdrih.blogspot.jp/ のほうで順次掲載していきたいと思います。是非、そちらをご利用ください。

その他の最新記事

すべて表示

「花咲く頃に」を観た。

2017/3/25(土) 午後 6:59

 「花咲く頃に」を観た。こんな演劇もよい。テレビでなじみの大和田獏さんと音無美紀子さんの二人が中心に演ずるので、そう感じるのかもしれないが、上質のテレビドラマを劇場で観た感じである。家族の問題を取り上げているが、現代の社会的問題をきちんどバ ...すべて表示すべて表示

二〇一五年 、チェーホフ 『桜の園』 に出演。この『桜の園』に栗原小巻はすでに一九八一年に主演している。『ワーニャ伯父さん』、『三人姉妹』、『桜の園』とともにチェーホフの四大戯曲と呼ばれる。小巻は生涯で、このうち三作品に出演したことに ...すべて表示すべて表示

二〇一四年 、 『松井須磨子 』に出演。宣伝文句がいい。まるで演歌だ。「近代演劇史上に、一瞬の花を咲かせ、儚く散った、日本新劇最初の女優、松井須磨子。芸術への深い愛、人生の機微を独自の形で、物語は進行する。」出演は栗原小巻と城所潔(ピ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事