愛川今生の演劇世界

演劇って、ほんとうに楽しいですね。

全体表示

[ リスト ]

一九八八年、シェイクスピア『じゃじゃ馬ならし』千田是也演出。十二場面からなる。俳優座第百九十六回公演で、栗原小巻、小笠原良知が主演し、全国を巡演した。パディアの老紳士パプティスタには二人の娘がいる。姉のキャタリーナは周りが手を焼くじゃじゃ馬、妹のビアンカはおしとやかな娘。もちろん、そのじゃじゃ馬を演ずるのが小巻である。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事