ここから本文です
MODEL STUDIO IS
〜 (^_^*) 1/72アポロ11サターンⅤ LUT製作中 (^_^;) 〜

書庫全体表示

1/72アポロサターンLUT 39

ドロオフ後、モチベが下がってなかなか進まない状態でしたが、やっとタワーの細い配管が出来ました。 (^_^*)
 
この細い配管は、φ1mmの材料を何で行なうか前から悩みまくっておりましたが、百均のアルミ針金を使うことにしました。
これなら安いので、失敗しても気楽に作り直すことが出来ます。
イメージ 1
画像の様に折れ曲がった所の原寸図を書いて、それに合わしてラジペンで曲げて行くやり方です。
 
で、取り付けた画像です。
イメージ 2
 
イメージ 3
この難しい作業がそこそこ上手く出来たので、少し気が楽になりました。
 
この後キャットウォークを作る予定ですが、此れも又難しくて悩んでおります。 (^_^;)
 

この記事に

  • アバター

    凄いものが出来そうですね・・・原寸図まで描いて製作。
    いやいや頭が下がります、100均は本当に有りがたい存在。

    kojikoji

    2015/10/4(日) 午後 7:45

    返信する
  • 顔アイコン

    kojikojiさんこんばんは。
    こんな配管は苦手なので苦労しました。
    アルミ棒はホームセンターでも結構な値段ですので、100均で見つけたのはラッキーでした。

    Grasser

    2015/10/5(月) 午後 9:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ドロオフお疲れ様でした。これだけの物を会場に運ぶのには非常に苦労されたのではないでしょうか。アルミ棒の配管追加により、一層精密感が増しましたね。

    [ pur*m*1526 ]

    2015/10/6(火) 午後 4:20

    返信する
  • 顔アイコン

    pur*m*1526さん、おはようございます。
    タワーは梱包もせずにそのまま運んだので、ぶつけない様気を使いました。
    まだまだ難しい作業が残っているので大変です。

    Grasser

    2015/10/7(水) 午前 7:54

    返信する
  • ドロオフおつかれさまでした
    良いものを見せていただきました!
    こちらのアルミ線、私も使ったことありますが、Rが付いてて直線にするのが大変そうに見えます、、、お茶の子さいさい、ですかね⁈

    mack

    2015/10/10(土) 午後 11:01

    返信する
  • 顔アイコン

    MACKん、こんばんは。
    アルミ線を真直ぐにするのは簡単です。
    まず必要な長さより少し長く切って端を机の脚などに結び、反対の端をペンチで挟んで引っ張れば真直ぐに成ります。
    一度試して下さい。(^_^*)

    Grasser

    2015/10/11(日) 午後 7:04

    返信する
  • さっそくありがとうございます!
    なるほど!
    強度が必要ないとこなら、安くて良いですね〜金属棒は高いので

    そういう工作が必要な製作してませんが(^_^;)せいぜい接続か芯用です

    mack

    2015/10/15(木) 午前 10:59

    返信する
  • いやいや、やっぱりハリガネは曲がりクセがついちゃってるだろからと、、、
    上記の手法でピィィ〜〜〜ンと、、、行けるかなぁ〜
    とにかく、このハリガネ配管、美しいです!!

    ぴろんちょ

    2015/10/17(土) 午前 1:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴろんちょさん、こんにちは。
    アルミの針金なのでグイーと引っ張れば真直ぐに成りますが、鉄などの硬い金属では両側をしっかりした物に固定して真ん中辺りを横に引っ張ってへの字すると真直ぐになります。(^_^*)

    Grasser

    2015/10/17(土) 午後 5:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事