全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

筒描を・・飾ってみた


その他

2017.03.25


 筒描を・・飾ってみた 



先週 木曜日から 伊那に行き20日に帰ってきた。


毎日の 騒音から逃れて 静かな生活・・・。の 筈が、


 寒かったですぅ 〜


まだまだ 枯れ木状態で 冬 そのもの


春らしさと言えば ふきのとう が 顔をだしていた。


芍薬 の新芽も・・・。


あとは ナズナなどの雑草が・・・いっぱい


 

今回は 筒描き 4枚を持って行って


どの場所がいいか かけてみることにして・・・・


3枚は きっと この場所が定位置になると思うので


ピンで 留めて・・・。


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3


あとの1枚は・・・


場所は決まったが、


棒に吊るしたいので....。


縫うため 持ち帰って 次回・・・・に


移住まで あと 数ヶ月  。

 



この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

絵緯紋織り


織り

2017.03.12

絵緯紋織り(えもんおり)



いつも木枠で織っていたけれど 


あの銘仙の裂き織の経糸が余っていたので


キリム用の糸ではないけれど 織り始めたら・・


織り機では 面倒で 面倒で・・


いっこうにはかどらない。


木のスティックを使い 必要な本数を拾い 


2色使いなので 2色で 一段。


3色使いだと 3色で・・。


とても規則的な織りなのに 集中しないと 間違える 


イメージ 1



寒〜い信州で 機織りをする のに


織り機用の座布団に 分厚い織りで  


織れる長さまで織る予定。

 

 



この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

もぐら生活


織り

2017.03.12


もぐら生活



今日は日曜日なので マンションの大規模修繕工事は お休み


朝から カーテンを開けられるので 久々の 陽ざし   


気持ちいい


月曜日から土曜日まで カーテンを閉め


 ガーガー ゴーゴー トントン カンカン・・などとてもうるさい音に耐え


カーテン越しにベランダに人の動く姿が映り 


不意に キッチンの窓から 人が見え・・・・


工事の職人さんたちが 家の中など 覗いているわけではないけれど


つい じっと固まったりしてしまって ストレス かなり たまってるぅ〜〜〜〜。


集中力がなくなってしまって 何かをやる気も 失せてしまったので


 裂き布を 単純なことをやって クルクルで巻いて・・・。


イメージ 1
大島紬 6種類

藍染の糸は触っただけでかなり色落ちするので 


渋木(やまもも)をかけて染めたものを 巻いたり


イメージ 2

渋木の濃さによって 藍の色が変わりますが


藍の色が落ちないと言われているようです。


私は この藍の色 好きです


いまのところ 色落ちしないのは 成功してますが 

理論的な根拠はわかりません。


渋木はタンニンが多く含まれています。


タンニンと藍と関係があるということ  


かもしれない


まぁ どうでもよいようなことをやっている。


と いうことで 矢車(やしゃ)も タンニンがあるので 


矢車をかけた藍 もあるけれど


まだ それは 試していない。

 

 



この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

このバッグの他に数点


バッグ
2017.03.11
 
このバッグの他に数点 



裂き織作品を嫁がせようと思っています 

イメージ 1


知人からの依頼です。


お役に立ってくれることを願って 


彼女の 新規開店 までに もう少し 何か協力できるものはないか・・・


古布のセットがいいかと思ったり 何が 喜ばれるか 今思案中・・。


 
今日で 東北大震災 から 6経った

自分があの時 何をしていたか 今でも鮮明に 覚えている。
(この茅ケ崎でも かなり揺れたのです。)

その日のテレビの映像や 


実際に見た仙台のあちらこちらの想像を絶する光景


決して 忘れられない


復興できてきてはいるが 望んだものとは 大きくかけ離れているんだろうなとは


想像できる・・・。
 
 

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

作品展


その他

2017.03.08

作品展



場所は 銀座4丁目


歌舞伎座のすぐ右横を入ったところ


GALLERY  


徳永美代子 徳永陽祐 刺し子と陶の二人展


イメージ 1


 以前 そのすぐ近くのギャラリーで 


知人が草木染の作品展を数回行っていたので


お上りさんだけど なんとか…行けた


写真撮らせて下さいとは 会期中だったので


遠慮してしまったが


是非どうぞとおっしゃるので  試着させていただいた。


ふんわりと  やわらかな刺し子が 体を包んだ 


着たとたん これが クオリティの高さと 実感


贅沢な贅沢な 洋服


高価だけど 手間の時間を考えると


決して 高価ではない価値ある1着に違いない。


朝起きてから 1日中ずっとチクチクしていますと


在廊していらした陶芸家の陽祐氏が・・・。


刺し子柄や 布のイメージ ・・

そして陽祐氏の作品に愛まで感じてしまったので


行った記念に1枚 飾り皿


イメージ 2



そして 茶香炉 を 買って帰ってきた。


イメージ 3


あっ!


歌舞伎座の売店のある東京メトロ日比谷線東銀座駅


そこで 甘味も・・


イメージ 4



この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

全108ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事