せちせちの社壊人的見解

次回参加予定イベント 3/19(日)コスチュームカフェ35号店

お絵かきのこと

さて、誰に言われたわけでもありませんが、
自分がいつも絵を描くときの手順をさらしてみます。

以前はポーズ寄りの絵を描きたいという思いが強かったのですが、
最近はきちんと「服を着てる」ように見える絵を描きたいと思うようになりました。
壁はとてもとても高いですが、それが制服をもっと魅力的にみせることにつながればな・・・と。

イメージ 1

あ、ちなみに京都鉄道博物館にいってきたのですが、
鉄道好きにはたまらん空間かと思います。

個人的につぼにはまったのは、
「回転変流機」:機械的に交流から直流に変換するもの
「余部橋梁橋脚」:約100年にわたって使われたもの
にじーんときてしまいました。

イメージ 2

イメージ 3





この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

この3連休に18切符を利用して、喫茶メルトに行ってきた。
富山小矢部市にある、メイドさんが一人で切り盛りしている英国風喫茶です。

イメージ 1
紅茶の名前忘れましたが、葉が入ってても苦味が出にくく美味。
右手側がココナッツミルクぜんざい、それも美味。
イメージ 2
バナナチーズケーキ
イメージ 3
帰りの夕暮れどきに。


最寄駅は、「石動(いするぎ)」駅。
金沢からは第三セクターのIRいしかわ鉄道〜あいの風とやま鉄道で約25分、500円。
お店は駅からは2.5kmほどのところにあります。

移動手段は下記
①レンタサイクル 無料
駅出て右側にある、観光案内所で借りれます。
但し4〜11月のみ利用可。12〜3月は路面凍結の危険があるため、雪が無くても利用不可。

②タクシー 約1200円(実際に利用したときは1190円でした。)
事前に住所の用意をしておきましょう。
けち臭い話ですが、お店の前までいくと(ゴルフ場の駐車場まで入ると)、
上記よりも1メーター上がるかもしれません。

③徒歩
グーグルマップで30分ほどと出ますが、行きは登り坂のため
時間には余裕が必要です。

④バス
「埴生北」降車、そこからは徒歩(登り坂)となります。
休日は特に本数が少ないので、利便性は低いかも。

あくまでもメイドさん一人での応対となります。
メイドカフェでいうところの、萌え萌えアトラクション的なものや、チェキなるものはありません。
が、「メイドさん」が丁寧に入れてくれる珈琲、紅茶、そして手作りお菓子を味わえます。
それを提供してくれる姿を見るだけで萌えるってもんですよ。
店内にもいろいろと趣向を凝らしたものが置いてあったりするので、
見てみると面白いです。余裕があればメイドさんに話を聞いてみるのもいいでしょう。
お客さんが多い(3〜4人以上くらい)場合、飲食の提供に時間を要することがあるので、
時間に余裕(滞在予定時間のプラス1時間ほど)を持っての訪問をお勧めします。

喫茶メルト
富山県小矢部市埴生(はにゅう)3232
ロイヤルメドウゴルフ倶楽部内
(打ちっぱなしの建物の一角)

11:00〜18:00(12月〜3月の冬季は17:00)
営業日、定休日はブログの営業スケジュールを要確認。
行く直前までブログのチェックはしておいたほうがいいです。


ちなみに金沢近郊の個人的かわいい制服のお店は下記です。
他にもありましたら、情報お願いします。

・めいどりぃた/メイド喫茶
 石川県金沢市竪町24 ベルセルビル3F
 土日祝14〜20時、平日17〜20時
 ※営業日、時間はtwitterを都度確認してください。
 (都合により時間が変わることあり。)
 HP

現在、金沢唯一のメイド喫茶。(バーとかは含まず)
ワンオーダー+500円/90分、ドリンクは800円だったかな・・・
なので1300円〜からになります。
お客さんの数にもよりますが、私が訪れたときはかなり話してくれました。
メイド服は既成品かと思いますが、
小さくかわいくデザインされたメイド服だと思います。


・森八/和菓子
 HP

金沢ゆかりの老舗和菓子屋です。なんと創業1625年。
基本は対面販売となり、店舗は金沢駅 金沢百番街(あんと)ほか、あちこちにあります。
制服は着物風2ピース(制服がないところもあります)。
夏(水色系)と冬(桃色系)で色が異なります。
着物風制服ではよく見る形ですが、色使いがいいですし、かわいく見えます。


・ティーラウンジ パルティ/ホテル山楽/喫茶
 石川県金沢市丸の内6-3
 7:30〜19:30(LO 19:00)
 HP

金沢駅からだと、バス亭「兼六園下」が近いです。
兼六園シャトルバス(平日200円、土日は100円)、
もしくは城下町金沢周遊右周りルート(200円)が便利です。
まぁ、徒歩でも20分くらいで着くでしょう。
ホテル内喫茶ですが、宿泊客でなくても利用できます。
昼過ぎにおとずれましたが、ホテル客は外に出ているのか、利用客は少なかったです。
その分店員さんの動きも少なかったので、制服はよくチェックできず。
制服は襟無しワンピース+サロンエプロンと、黒のブラウスと白のフルエプロン(割烹着かも)
後者の下側はよく見えず・・・。
黒系の制服は縫い目のラインが非常に見づらいので、チェックの際難儀します・・・。
ドリンク650円〜、ケーキセットなどで1000円程度です。
店内の装飾はそりゃもう、非常に素晴らしいです。
制服チェックだけのために訪れるのがなんとも申し訳ない・・・。


・加賀屋 金沢/金沢駅 金沢百番街(あんと)/和食レストラン
 11:00〜21:00(LO 20:30) 

和倉温泉にある、有名旅館「加賀屋」の和食レストランです。
食事はお高いですが、15時前後の客が少ない時間帯は
ドリンクのみでの利用もしやすいかと。
豆腐デザートみたいなのが540円だったかな・・・。
制服は黒〜紺のワンピース(だと思う)にダークグレーのサロンエプロン。
キャップが特徴的です。


興味がありましたら合わせて訪れてみてください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

5日から仕事始めでした。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
さて、戦利品紹介のその2です。
夜遅くになにやっているんだか・・・。

イメージ 1


○fancy cafe reporters/さくさくパンコ

リルフェアリーと一緒に巡るシリーズ
「秋葉原老舗メイド喫茶と新規メイド喫茶」
「秋葉原メイド喫茶&コンセプトカフェ」
「秋葉原以外のメイド喫茶」

ドールのリルフェアリーをキャラクターにみたてて、
一緒にメイドのお店を巡るレポート本です。
秋葉原、関東を中心にレポートされています。
単価の高さから、気軽に訪れることが減ってしまった自分には
いい情報源になります。


○M.A.I.D.

「ザ・同人 メイド喫茶評論本6」

メイド喫茶の卒業について論じている内容があり、
昔、お気にのメイドさんがいるメイド喫茶によく通っていたころを
思い出してしまいました。
必死こいて卒業イベントに参加したものです(苦笑)
しかし、どう論じようと、楽しみ方は人それぞれ、千差万別ってことで。
それ以上はもう言うまい。


○いんてぐら/Beatさん

今はもう無いけれど
本気なメイドさんが居た
素敵なレストランの
思い出語り本
「文明堂レストラン・ファンBook」

文明堂武蔵村山工場に併設されたレストラン
店員さんの制服がメイドであった「びすこーちょ亭」について語られています。
平成4年(1992年頃)から3年間ほど営業していたのでは?と記されています。

自分が強く影響を受けたお店はというと・・・
・メイリッシュ・・・初めて訪れたメイド喫茶
・アンナミラーズ・・・メイド喫茶にはまってから以降に、訪れたかわいい制服系の飲食店
・神戸屋キッチン・・・新大阪店が最初の出会い。
・コカルド・・・京橋に本店兼イートインがあったころ(現在は閉店、一部売店のみで見れる)。
 黒ワンピに白エプロンのミドルのメイド制服には感動しました。
・ウィーンの森・・・九州地方にいったときに旧制服を見たときは本当に衝撃を受けました。
 現行最強のメイド制服と思っています。


○純情キャリコ/雑煮モチ子さん・猫屋368さん

「メイド喫茶でランデブー13」

基本的にメイド喫茶(いわゆるコンセプト系カフェ)のみに絞って、
お店のレポートを続けられています。
宮古島にある「白ウサギの珈琲屋さん」の紹介にはびっくらこきました。


○UNIFORM KISS/工藤うきさん

「神戸屋で働く女の子を紹介します」
「男子の制服着ても良いですか?足立区の男子中学生の制服を女子が着ちゃいます!」

今回のお隣さんサークル。
好きなサークルさんの横に配置されるって、たまらんぜよ!
うきさんの描かれる漫画にはほんわかさがあっていつも癒されます。

神戸屋本は神戸屋制服ファンの方には超絶おすすめです。
服の構造解説もばっちりあります。外から見ているだけでは絶対にわかりません!
漫画には、にやりとできる面白みがあっていい塩梅です。

それはそうと、念願の「神戸屋制服風ポーチ」をゲットしましたよ!
文房具入れとして、こっそり使っていこうと思います。
イメージ 2


○中華ゆにっと/飯坂さん

「BUNNY GIRL STYLE」

UNIFORM KISSさんとの合同本。
イラストでの紹介だけにとどまらず、バニー制服の歴史、うんちくも
書かれており、非常に濃い内容になっています。
バニーさんのお店にはまだ足を運んだことは無いのですが、
一度は訪れてみたいものです。


○深黒小豆夢(みくろこずむ)さん

「チャイナドレスのウエイトレスさん 4.2+」

ペーパー扱いで、東京板橋区「和唐」というお店を紹介されています。

台湾での歴史や香港での変化についてもネタに取り入れるとのこと。
今後の動向に期待です。


○Yorkshire Bell/なるおさん

「Rakugaki 2016 winter」
「Lovely Heart」
「Princess Heart」

ロリータファッションの女の子をテーマにしたイラスト本。
家庭用インクジェットプリンタでも発色が綺麗なのに驚きです。
私はカラーからは完全においてけぼり状態です・・・。

私の描く線の性質上、ロリータファッションは絶対に描けないです・・・。


○かわいい制服倶楽部/ぶんちょさん

「かわいい制服倶楽部 Vol.48」

メイド喫茶、コンセプトカフェも含め、デパ地下、飲食店系等の
かわいい制服全般を扱う数少ないサークルです。


○おねがい天国/み〜みさん

「制服むすめぷち」

今回、お手伝していただいた方の制服本です。
あまり取り上げられていないような実在制服を
鉄道むすめに着せて紹介されています。
twitterで紹介されることもあるので、要チェックですよ。
特に「立川・ベースボール」というお店。
名前から連想するに、かわいい制服があるなんて思いもよらないですよね?
そういったお店を引き当てる嗅覚がすごいです・・・。


そういえば、最近自分が作っている本に、
ブログのアドレスや、メールアドレスすら書いてないことが発覚。
見てほしいだか、見てほしくないんだか・・・。
そんな中、カタログの情報だけで訪れていただける方がいることに本当に感謝です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

そういえば、昨日神戸めぐりしてきたのですが、
2店舗ある「ティーパレス ゴンチャロフ」の制服が共にパンツスタイルに変わっていました。
メイドスタイルじゃなくなったのかなぁ・・・。
だとすると、残念です・・・。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

みなさんtwitterやっているなぁ・・・。
そして描いているなぁ・・・。
同人やってて言うのもなんですが、私の場合、絵を描くのってちっとも楽しくないんです。
でも描かないと上達しないわけで。
イベント前は完全に火事場のくそ力状態です。
みなさんどういう精神状態で絵を描いているんだろうか?

しかし、自分が求めるレベルの絵描きさんはごまんといるわけで、
そんな方々に制服本作ってーッ!と言いたくなります。

さて、悩みをぶちまけてすっきりしたところで、今回のお宝紹介です。

イメージ 1


サークル/作者

○ko-wa's Inn/こーわさん

「乳化する女子たち」
「制服深層学習」
「制服の幾何学」
「総集編2 スーパーサイエンスハイスクールガールズ編」

今まで買いそびれていた既刊もゲット。
本人にも会うことが出来て、涙ものです。
尊敬する同人作家の一人です。
サイエンスとかわいいの融合。
毎回テーマを変えて、読み手を飽きさせません。
それにしても、作中の萌え表現がたまりませんなぁ。
視覚的にもお腹いっぱいになります。
女子同士のきゃっきゃうふふや、「神戸屋」が好きな方には特におすすめ!


○オオバン書店/竹井(焼肉魔王)さん

「メイドカフェABC いまさら聞けないはじめてのメイドカフェ講座」

読み手視点で本作りをされている良本。
各お店の制服を着たデフォルメキャラの絵もかわいいです。
ここのスペースに訪れてようとしたとき、
偶然にも同じスペースに訪れようとしていた知り合いと遭遇!
こういうことってあるものなんですねぇ。
そして、このサークルの作者の名前(ペンネーム)を知ってさらにびっくり。
知っている方でした。


○C-ARTS/まぐ太さん

「まぐ太ノート 準備号 バニーガールについて」

お隣のサークルさんでした。
バニーガールの落書き本ですが、ボールペンで描かれた線!のむっちり感にメロメロです。
そうくるならこっちも!ぐらいの気持ちがないとだめなんだろうな。
本当に上達したかったら・・・。

○tricotcafe/秋村テイクさん

「タイツっ娘画報VOL.4」

出ました、第4弾!
街角スケッチがこんなにも魅力であふれかえっているなんて。
目とペンとメモ帳があればできるわけですから!
お絵描きアプリ「MediBang Paint」による作例も紹介されています。
本人は初老に入ったといっていますが、やっていることは若々過ぎます。
自分にはまだまだ覚悟が足りていないことを実感させてくれます。
どちらにしてもいい刺激になります!

あ、あと「おっさん画報」も気持ちいいい描きっぷりでございます!

○カエルのきもち/ケンジさん

「くすり屋の良佳さん1 薬剤師の仕事編」
「はたらく良佳さん01 血液編」

同人仲間では古くからの知り合いです。
本作りに本職(薬剤師)を絡められて、磨きがかかっています。
うわべだけの物言いではなく、きちんと中身がともなっています。
いい加減にやっている自分だと、言い合ったら絶対に勝てないタイプです。
悪くなったから病院にいくのではなく、悪くならないように健康に気をつけること。
ハッと気づかせてくれます。

○Mille-feuille

「Maid fetishism 5 -こんなメイド、いかがですか-」
「Maid fetishism 6 -とあるメイドのひみつ部屋-」

千葉大学でのメイド喫茶イベントがきっかけで、活動を続けられているサークルさん。
もしも、自分がカメラを構えている立場だったなら、鼻血ものです。
私にはやろうとする行動力もありませんので、こういった作品はとてもありがたいです。
メイド服は背中がいいですね。エプロンのばってんが立体さ(丸み)を見せるからです。

その2に続く〜

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事