脱島国根性!

井のなかの蛙 大海を知らず

全体表示

[ リスト ]

死刑廃止論

イメージ 1

[死刑廃止論] ブログ村キーワード

死刑廃止論 第六版/団藤重光著/有斐閣 2900円


 昨年、私は、突如として「死刑廃止論」者となった。だれかの意見に触発されたわけでもない。それは、次のようなことをふと思ったからだ。

 90年代以降、人の命がこれほどまでに軽いものかと思わせる凶悪事件が相次いだ。坂本弁護士一家殺害事件、地下鉄サリン事件などをひき起こしたオウム真理教事件。神戸市須磨区連続児童殺傷事件、所謂「酒鬼薔薇聖斗」事件。世田谷一家4人殺害事件。大阪教育大学附属池田小学校児童8名殺害事件。このような凄惨な事件が相次げば、世論はどうしても「死刑存続」に賛成する。私自身、少なくとも昨年の今頃までは、「死刑を絶対に廃止すべきではない」と考えていた。
 
 それが、突如、「死刑廃止論」に考えが180度転向したのは、昨年の4月に米国のバージニア工科大学で発生した銃乱射事件と、8月に中国で日本人2名が死刑判決を受けたという報道がきっかけだった。バージニアの事件は、米国の銃乱射事件でも最悪の被害(学生、教員合わせて32名が死亡。犯人の韓国人学生は、直後に自殺。)となり、世界に衝撃を与えた。事件後、犯人の韓国人学生が、犯行前に撮影した犯行声明ともいえるビデオテープが公開された。彼は、迷彩服に身を包み、両手には銃を構え、自分に対するいじめや人種差別についての恨みつらみを語っていた。その顔は無表情で、これから人を殺すことについて何のためらいもない様子であった。自分の武装した姿に酔った狂気のナルシズム。精神のひ弱さの反動から来る残虐性と自己中心的性格。自暴自棄。わたしは、この背筋の寒くなるようなビデオを見た時に、おそらく、このような犯人には、「死刑は、全く抑止効果は持たないだろう」と思った。(昨年末、日本の佐世保で、この事件の模倣とも思える猟銃マニア男のスポーツジム乱射事件が発生した。男女2名を射殺し、子どもを含む6名が負傷した。犯人は、バージニアの犯人同様、迷彩服を着て、散弾銃、サバイバルナイフなどを所持し完全武装状態で犯行におよび、翌朝自殺。)私は、また池田小学校事件の宅間守を思い出した。彼は、8人もの無抵抗な子どもの命を奪っておきながら、遺族へ対してろくに謝罪の弁もなく、自ら死刑を希望して、控訴せず、むしろ、喜んで死刑台の露と消えてしまった。死刑確定から1年後のスピード処刑となったわけだが、反省もしないまま宅間が死刑になったところで、遺族の悲しみが癒えるどころか、むしろ、その憎しみや憤りが行き場をなくしてしまったのではないだろうか。犯人が死刑になって「ああ、よかった。これで犠牲者も少しは浮かばれた。」とは思えない、全くやりきれない気持ちだったことを思い出したのだ。

こうして、私は、死刑の「犯罪の抑止・予防効果」について疑問をいだいた。


アムネスティ・インターナショナルのサイトで死刑廃止の動向について調べてみた。そして、愕然とした。東欧諸国を含むヨーロッパ諸国は、ベラルーシなどを除いてほぼすべての国が死刑を廃止している。世界の2/3の国が、法律上又は事実上の死刑廃止国である。先進国と言われる国で死刑を存置しているのは、米国と日本だけである。その他の存置国は、悪名高い中国やサウジアラビアなどアジア、中東、アフリカ諸国がほとんどだ。わが国は、恥ずべきことに、そういう国の仲間入りをしているわけだ。他国が廃止しているから日本も廃止すべきだなどどいうつもりはない。しかしながら、このデータを見れば、少なくとも「死刑廃止」というのは、一つの「考え(廃止論)」という次元ではなくて、もはや国際的な常識(常識という言葉が嫌なら、多数派といえば否定はできまい。)といってもいい状況になっている。
 
 昨年、中国で、日本人2名が麻薬密輸疑惑で死刑判決を受けたという報道を聞いた。中国は、一説では、年間千人以上の死刑が執行されているという国だ。「麻薬」所持、密輸という犯罪が、死刑に値するものなのか、はなはだ疑問がある。しかし、日本政府は、中国政府に抗議する権利はない。日本だって、死刑存置国家なのだから。その時、中国を野蛮な全体主義国家だと非難できない自分に気がついた。死刑廃止を確信した。

 私自身、大学の法学部で刑法を専攻していたこともあって、著名な刑法学者であり、最高裁判事を務めた団藤重光氏をもちろん知っていたが、氏が1990年以降、熱心な死刑廃止論を主張されていたことは、恥ずかしいことに全く知らなかった。死刑廃止に関心がなければ、私は、書店でこの本の背表紙に目が止まることはなかっただろう。氏の「死刑廃止論」は、既に何度も改訂され、「第六版」となっていた。しかし、この本は2900円という値段で、決して安くない本であり、一般的な読者には縁遠い装丁になっていることは非常に残念だ。しかし、本書は、平易な口語体で書かれており、一般国民に死刑廃止を訴える熱意に満ちあふれている。死刑賛成派から廃止派へ転向するのは、人それぞれの経験があるようだが、団藤氏の場合は、自らの裁判官時代のある経験がきっかけだった。氏が携わったある殺人事件の上告審において、誤判の可能性を否定できないまま、しかし、現行法制度上では、控訴審での死刑判決を棄却する理由がなかったため、刑が確定した。しかし、その判決の直後、傍聴席から「人殺し!」と罵声を浴びせられたという。氏は、その経験から、人間が人間を裁く以上、「誤判」の可能性は否定できず、他の刑罰と違って、死刑の場合は、無実の人間を死刑にしてしまっては、取り返しがつかないと説く。最高裁判事として、このような発言をするのは、非常に勇気があることだと思うし、また説得力がある。

 死刑廃止へのアプローチはいろいろあるが、私は前に述べたように、

「死刑はもはや、犯罪の予防、抑止効果はない。」と確信するに至っている。


愛する人を失った遺族としては、その犯人を「殺してやりたい。」と憎しみの感情を抱くのは人間として当然だ。遺族でなくても、冷血な殺人犯に対してはそういう思いがある。しかし、これは、「私憤をはらす目的=復讐心」だと思う。「暴力」で「暴力」の連鎖は断ち切れないのではないだろうか。国家が犯罪者に刑罰を課するのは、犯罪の予防という社会全体の安定を維持するという目的がある。その効果がない死刑を今後も存続するのは、私的な復讐を国家が代理しているだけにすぎなくなる。国家は、崇高な理想や理念のために、法制度を健全なものにするべきなのだ。ソクラテスは、言った。「愚か者は、気分や感情でのみ考える。賢者は、理性で考える」と。われわれは、憎しみを乗り越え、理性的にならねばならない。団藤氏の「死刑廃止論」から、私が最も重要と思う論点が書かれた部分を抜き書きする。
「「人を殺すなかれ」という規範を法が掲げるのは、世の中に殺人が行われないようにするためです。それなのに法じしんが死刑によって人を殺すことを規定したのでは、法がみずから規範を破ることになりはしないか。むしろ、法が自ら悪い手本を示すことになりはしないか。」(204ページ)

「人を殺してはいけない。」ということを法が、国家がまず、お手本を示すべきだということです。


 1981年に死刑を廃止したフランスでは、当時国民の62%が死刑存続に賛成していたにもかかわらず、時のミッテラン政権の法務大臣バダンテール氏は、死刑廃止を実現させた。彼は、このように言っていたそうです。
「民主主義と世論調査を混同してはいけない。民主主義は世論に追従することではありません.市民の意思を尊重することです。国会議員たちは、自分たちの政治的見解をはっきりと打ち出し、選出された上で突き進むことが必要です。逆に自分の政治的見解を世論に追従させるのは、デモクラシーではなくて、デマゴジーです。」(43ページ)
 国連が採択した「死刑廃止条約」の批准を日本政府は、米国と一緒になって拒否し続けている。こんな国の政治家に「民主主義」や「人権」ということを理解させることは、並大抵のことではないとないと思う。フランスのバダンデールのような政治家が、早く登場してくれることを願う。死刑存置国家としては、日本は、中国やサウジアラビア同様に世界から見られていることをわれわれ日本人は自省しなければならない。

おすすめ度 ★★★★☆

この記事に

閉じる コメント(42)

顔アイコン

いろいろとご意見をいただいきありがとうございます。質問いただいたことの回答ではありませんが、光市の事件は非常に特殊な事件だったと思います。被害者の家族の方は「社会全体の犯罪被害者の家族を代表」するような冷静な発言をされる方だった。私も、この被害者の方に同情するし、ご本人が犯人を死刑にしてほしいと思っていることはよく分ります。同じ状況なら私もそう思うだろう。問題はマスコミの過剰な(被害者側からみた一方的な)報道にあった。マスコミの報道で世論は全て「検察官」と化した。ネット上が「死刑支持」の大合唱。いとも簡単にマスコミに鼓舞されていまう状況では、もう来年からスタートする裁判員制度に早くも危険信号が出ているといっていい。個々の事件において、世論は、このようにマスコミの報道によるステレオタイプに影響を受けるものなら、被害者の人権も考慮した公平な裁判など不可能になります。悪人を訴追するのは、「検察官」の役割であって、「裁判官」の役割ではない。「裁判官」は、被告人と検察官の両方の言い分を聞いて、公平な判決を下す。そこを勘違いしないようにしなければなりません。 削除

2008/4/27(日) 午前 9:15 [ fctokyo1964 ] 返信する

このブログにも死刑大賛成という連中が押しかけているようだな。
犯罪者が死ぬのがよっぽどうれしいのだろう。
ご苦労様だ。
トラックバックありがとう。
ファン登録もしておくよ。

2008/4/27(日) 午後 6:21 [ gar*act*ca_*a*nu* ] 返信する

はじめまして。
私は光市母子殺害事件の記事について書いたことがきっかけで、沢山の死刑に対する意見や見解を知ることが出来ました。
私個人としては、死刑が犯罪の抑止になるかと言えば100%そうであるとも言えないし、免罪が起こりうる可能性や国際倫理みたいな部分から見ても死刑は廃止するべきと言う意見は分からなくはないです。
かといって死刑廃止に賛成ともいえません。
世界が死刑廃止の動きにあるなかですが、だから日本もなくしていいとは思えないのです。それは、日本人一人一人の“生の重み”に対する意識レベルの低さ、倫理観の低さを、日々の生活や事件などを見ても痛感してしまうからです。
死刑廃止の議論をする以前に、死刑を廃止しても皆がそれをちゃんと理解し秩序を保っていけるような土壌(国)を作ることが先決なのではないかと思います。
もちろん、人の“生”を奪うことは許されがたいことで、とても悲しいことですが…。

2008/4/29(火) 午前 3:08 ひぃ 返信する

団藤重光氏の裁判官時代の例にしても、あの状況で『一人でも裁判官がその事件の死刑判決に疑問を持っているのに死刑にならざるを得なかった』という、裁判の在り方というか体制みたいなのに問題があるのではないですか?
えん罪の可能性を含みつつも死刑判決を出さざるを得ない状況から、ある種一番逃れやすい方法が死刑廃止なのかと思ってしまいます。
今の日本で変えていかなければならないことは、もっと沢山あると思うのです。
死刑廃止に関しては、その延長上にあるものだと思います。
今、死刑廃止に労力を費やすなら、それ以前にある問題をまず解決してからではないでしょうか…。
すみません。あまり法のことは詳しくないのですが、生意気に言い過ぎました。

2008/4/29(火) 午前 3:08 ひぃ 返信する

顔アイコン

たとえ物的証拠が揃っていても、本人が無実を主張し、それが真に迫った様子だったら、もしかしたら無実じゃないか、証拠は捜査官によって捏造されたものではないか、という疑いが出るような気がします。
警察の不祥事が頻発している今の世の中では、なおさらそう思えそうです。
そこに疑問を持ったら、これはきりがないですよね。
でも、裁判官は、そういう思いとも戦いながら、死刑判決を下すのだろう、なんて思いました。
実際に犯行現場を見ているわけではないですからね。本当に大変な仕事だと思います。

生の重み、をいかにして教えるか、これは難しい問題でしょうね。
子供はよく、戦争で人を殺しているじゃないか、という反論をしますよね。
そのときに、殺してもいい場合があるのだよ、と言うことは、何とも白々しい感じがします。

2008/4/29(火) 午前 10:00 [ mag**iok ] 返信する

顔アイコン

死刑を廃止すべきという私の意見に賛同していただく方がいることは本当に勇気づけられます。また、死刑を存続すべきという応報刑論も刑罰の歴史においては重要な要素ですので、存置派の方の意見もわかります。私だって、1年前までは死刑賛成派でした。ところで、死刑肯定論と死刑廃止論は、天動説と地動説に例えられる気がします。だれもが最初は死刑肯定論だった。しかし、ある日突然、死刑廃止論に目覚めると、もう二度と死刑肯定論には戻ることはないでしょう。今でも星空が回転していると信じている人がいないように。
amazonで、バダンテールの「そして、死刑は廃止された」という本を見つけて即購入しました。これから読んでみようと思います。 削除

2008/4/29(火) 午前 10:49 [ fctokyo1964 ] 返信する

顔アイコン

【死刑正当論(公理命題死刑論)】と題しました「まったく新しい発想によって構築された新死刑正当論」を紹介します。
URLは http://www1.odn.ne.jp/shikei-ron です。
「死刑正当論」のキーワードで検索しますとgoogleでもYahoo!でも掲載順位の第一位となっておりますので一度読んでみて下さい。 削除

2008/10/15(水) 午前 0:43 [ 竹本護 ] 返信する

顔アイコン

竹本さん、ご紹介ありがとうございます。というか、ご自身のサイトですよね。「死刑正当論」という言葉を初めて聞きました。まえがきにも「タイトルもそのつもりであえて【完璧なる死刑正当論】と(反対論者なら一読爛チン瓩藩茲修Δ福膨発的な惹句を選んで付けています。」とかなり熱の入った研究のようなので、わたしの「死刑廃止」の決心もゆらいでしまうかもしれません。あらためて拝見します。

2008/10/15(水) 午後 7:37 [ FCTOKYO1964 ] 返信する

果たしてそうでしょうか?「私憤をはらす目的=復讐心」は悪い事でしょうか?「「人を殺すなかれ」という規範を法が掲げるのは、世の中に殺人が行われないようにするためです。それなのに法じしんが死刑によって人を殺すことを規定したのでは、法がみずから規範を破ることになりはしないか。むしろ、法が自ら悪い手本を示すことになりはしないか。」って…そんな事はないでしょう。詐欺が起きない様する為国は詐欺をしない、国はひき逃げをしない、国は痴漢をしない…そうなるんだがなあ…法は罪刑に応じた罰則を説いて国の治安を維持する道具であり、それ以上でもそれ以下の物でもない。だから法の欠陥があちこちで露呈している。気づいて欲しい、これだけ論理的な文章を書けるのであれば、死刑廃止論が空しい机上の空論に過ぎない事を…被害者の無念を再び思い起こして欲しい。それが出来れば目出度いが出来なきゃ馬鹿として今直ぐ舌噛んで体にガソリン塗して火点火して死んで欲しい。

2009/9/11(金) 午前 10:55 [ 辛抱しんちゃん ] 返信する

顔アイコン

「人を殺した人間は死刑に処されるべきだ。」というのが真理であるならば、一人でも殺した人間は死刑にならないといけない。日本の永山基準は私もおかしいと思います。2人以上殺したものは死刑で、そうでなければ何故無期懲役なのか。被害者の側から見れば理屈が通っていないからです。一人殺した場合も死刑にするなら、それはそれで論理一環しています。そうなれば、日本では毎年1200人以上を死刑にする必要があります。昨年、全世界で死刑を執行された人数は、約2400人だから、その半分が日本ということになり、中国(昨年1700名を処刑)に次いで名誉ある死刑大国の地位に就くことになる。あなたはそれをお望みのようだが。
あなたが死刑に賛成でも、わたしはそれに異議をとなえるつもりはないが、考え方が違うからといって、見ず知らずの人間に「それが出来れば目出度いが出来なきゃ馬鹿として今直ぐ舌噛んで体にガソリン塗して火点火して死んで欲しい。」と言われたら、あなたは嫌な気にならないかね。自分が言われていやなことは人に言うべきではないよ。死刑に賛成している人すべてが、あなたのような品格の持ち主だと誤解されかねませんよ。

2009/9/12(土) 午後 3:21 [ FCTOKYO1964 ] 返信する

顔アイコン

非常に興味深い内容ですね。私は死刑廃止に次の理由から納得できないでいます。

●あらゆる人の人権は等しく尊重されるべき

●「殺人者Aの人権」=「被害者Bの人権」となるべき

●「殺人者Aの人権」は「被害者Bの逸失権利(寿命まで生きる権利)」と同等に制限されるべき

●現状では、その手段が「死刑」のみ(?)

●もし死刑をなくすなら、殺人者Aに対する「被害者Bの逸失権利」と同等の人権剥奪措置を。

●そうでなければ、「殺人者Aの人権」>「被害者Bの人権」となってしまう。

●それでは、「殺したもの勝ち」では?

結局、「被害者Bの逸失権利」を酌んで「殺人者A」を裁く方法が死刑の他にあれば、私も死刑廃止論に納得できる気がします。

2010/4/7(水) 午後 0:47 [ - ] 返信する

顔アイコン

kamibossabosaさん、ご訪問&コメントありがとうございました。私も、「殺したもの勝ち」にはならないように、死刑を廃止する場合の被害者感情への配慮としては、仮釈放付きの終身刑で十分ではないかと思っています。一生、刑務所で生活するということは、その者の人生は終わったのも同じ。死刑は一瞬の苦痛の後は、永遠の無が訪れるだけですが、刑務所で生きるということは、継続的な罰を与えることができます。しかし、どんな悪人でも刑務所暮らしの中で、改心する「こともある」ことを私は信じています。そのため、仮釈放付きの終身刑にするべきと思います。しかし、仮釈放を認める場合は、被害者の家族等の意見を求めるべきと考えます。

2010/4/8(木) 午後 7:38 [ FCTOKYO1964 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。私は、死刑を廃止する代わりに「終身刑を導入」して、殺人罪だけでなく「全犯罪に適用するべき」だと、考えています。特に詐欺罪は、再犯率が高く、被害者の生活力を奪う「殺人罪に匹敵する悪質な犯罪」です。「初犯即終身刑」に、するべきです 削除

2010/9/13(月) 午前 7:30 [ 花の刑事 ] 返信する

顔アイコン

花の刑事さん、ご訪問&コメントありがとうございました。詐欺罪でも結果が重大な場合は、厳しい量刑は必要でしょうね。金を右から左へ転がす悪徳金融、インサイダーまがいのマネーゲームでで巨万の富を得ている連中、、、確かに、殺人犯以上の悪党は、世の中に五万といそうですね。

2010/9/13(月) 午後 9:47 [ FCTOKYO1964 ] 返信する

顔アイコン

FCTOKYO1964さん、お言葉を返すようですが、本当に「改心」して善人に変身すれば、その瞬間にそいつは自殺しますよ。FCTOKYOさんは、例えば自分の全財産をだましとった詐欺師が「改心」すれば水に流すんですかね? 削除

2010/11/15(月) 午後 7:14 [ 瀬戸内Jackson ] 返信する

顔アイコン

重ねて投稿します。ここにいる皆さんにお尋ねしたいんですが、もしもテロリストの爆弾でふっとばされて両手両足、両目を失明した身体にされたら、犯人を「改心したら許す」と残った口で言えますか?あるいは終身刑で納得できるんですか?殺される、とは被害者にとってそれ程重い事なんですよ。
それから、死刑に抑止力が無い、というのは大嘘です。死刑以上に抑止力を持った刑罰はありません。もし無かったらアメリカでの大量射殺事件の犯人はもっとはるかに早く犯行を行っていたはずです。宮崎勤も氏家克直、加藤智成も処刑を恐れ、精神異常や反省を装って死刑から逃れようとしたじゃないですか。これのどこに抑止力がないとでも? 削除

2010/12/17(金) 午後 8:56 [ 瀬戸内Jackson ] 返信する

顔アイコン

死刑廃止論者は人命とか言ってるけどたとえどんな理由があろうとも殺人をおかした人間に(戦争を除く)更正の余地はない! 削除

2010/12/17(金) 午後 10:51 [ しんじ ] 返信する

顔アイコン

本文、コメントを読ませていただくと、理性で判断を下すと、死刑はなくせばよいことのなります。

本文を読んでも、理性よりも、感情が勝る人は、死刑存続でしょう。


本文を読まず、理性的な人は、最終段階ではどちらか決められないでしょう

このブログのように、落ち着いていて、穏やかなブログで、お話しされれば、閲覧される方も心落ち着き、理性的になれ、死刑は間違いな事に気づくでしょう。 削除

2013/4/20(土) 午後 0:57 [ 才木広之 ] 返信する

顔アイコン

この世の中が住みにくい、という人は、刑務所のようなサイテーラインでの生活に快適さを感じる可能性はあります。またその様な方が犯罪に至ります。

理性的な生活を好まない、野生動物のような生活を好む人も犯罪に至りやすいでしょう。 削除

2013/4/20(土) 午後 1:11 [ 才木広之 ] 返信する

顔アイコン

どれにしろ、人を殺すのはとんでもないことだ、そんなことをするくらいなら、死んだ方がましだ。

と思えるような人に、育たなかったのです。

その上死刑にしてしまうなんて、かわいそうすぎです。

結果を気にするまでもなく、育てなおしてあげる、 削除

2013/4/20(土) 午後 1:17 [ 才木広之 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


みんなの更新記事