ここから本文です
古蜘蛛庵 (fdj*d1*3)
古い下手物、際物、腕時計が大好物。

書庫最新記事

すべて表示

  • 1934年頃 精工舎 CHRONO...

    1930年代、精工舎は19型、17型SEIKOSHA、RIGHT、そして本MINISTERを送り出した後、創業者の服部金太郎氏が亡くなり、戦時へと突入していきます。時計の製造販売にも統制がかかったと思われます。現時点ではやはりMINISTERにも ...すべて表示すべて表示

  • 1940年頃 大日本帝国陸軍 軍司...

    2017/1/20(金) 午前 8:37

    1930年代半ばに15石の19型SEIKOSHA が発表され、1941年末頃大東亜戦争開戦に伴う各部隊編成が成されています、その後戦局が悪化する年代とは考え難いので、時代的にはその辺りかと推測します。 MOVADO製で、裏蓋内側に『関東軍司令官 賞』刻印の懐中時計を見たことが有りますので、本個体の ...すべて表示すべて表示

  • 1938年頃 大日本帝国陸軍 航空...

    2017/1/14(土) 午後 3:04

    以前17型 SEIKOSHA RIGHTの航空総監 賞を紹介しましたが、今回19型 SEIKOSHAの航空総監 賞 懐中時計を入手しましたので紹介します。戦前戦中型、7石の24時間表記文字盤で時代的にはどちらが前なのか微妙なところで、 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事