パーツ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

車高調整キット"クアドラ"

イメージ 1

イメージ 2

スプリングをダンパーに組みました。採用のダンパーは、クアンタム製の"QUADRUM"!!
クアンタムはアルミ製の高性能ダンパーとして有名ですが、40万オーバーという価格のため、
なかなか手がでません。そこで発売されたのが、材質をスチールに変更し価格を抑えたモデル"QUADRUM"
です。抑えたといっても30万は超えてます(笑)
 私はAPEX製のN1ダンパーをインプレッサで使用したことがありますが、これも30万円近い価格でした。
でもこれは、とても柔らかくしなやかでコントロール性が非常に優れていました。それまで車高調は
"低く!" "硬い!"のがエライと思ってきた私には衝撃的な出来事でした(笑)
 やはり足にはある程度コストをかけるのは大事だと思います。クアンタム以外にもアラゴスタ、
オーリンズなど価格が高い車高調はあります。いまどき10万円代の車高調もたくさんあるのに、この
ような高級車高調を選択する人は少なくありません。そこには使用している人にしかわからない魅力が
あるのではないでしょうか?じゃなきゃ3倍も4倍もするもの、買わないって・・・
 ところで、写真の私の指に注目。ドリルに吹っ飛ばされて負傷しました(泣)ちょっと肉がえぐられた
ので、超痛い!

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

サスペンションスプリング

イメージ 1

 バネです!採用したのは"SWIFT"。バネレートや自由長は今回採用するダンパーメーカーからの
指定に従います。フロント10Kg,リア9Kg。
サスペンションメーカーもいろいろありますよね。エスペリア、ハイパコ、ベステックス、そして
今回採用のスイフトなどなど・・・機能部品の多くは、形状や多機能さなど多くの違いがあり、
ユーザーが選択する判断材料が豊富にあります。でもサスペンションは、メーカーは違えどレート、
直径、自由長が同じものを選択すれば、違うのは色くらい(笑)
 おそらく詳細をみれば使用している金属成分や固有振動数など違うのでしょうけどそんなのみても
普通わかりませんよね。
 実際クチコミくらいの情報しかないので、この選択に関しては"勘"と"コスト"のみです!当たると
いいなぁ・・

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

オイルクーラーコア取付け

イメージ 1

イメージ 2

 オイルクーラーのコア、設置しました。ラジエターの前面にもってきてます。
この車、ラジエターのコアサポートなど下側に何もないので、ステーの立上げに苦労しますね・・・
 オイルクーラーの取り付けは大変な作業の部類に入るのではないでしょうか?

1・オイルもはいるので結構な重量物なため、しっかりしたステーで取り付けなければならない。
2・風が確実にあたるところに取り付ける。
3・ホースがかなり太いので、自由がきかず無理のない取り回しが要求される。
4・フィッティングからオイルが漏れやすいので、細心の注意を払いホースとコアを連結する。

これら条件をクリアーしてつけていかなければなりません。ホント面倒くさい作業です(笑)
 エンジンかけたとき、オイル漏れしないことを祈るばかりですね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

メーター関係取り付け終了

イメージ 1

イメージ 2

 車内に追加メーターを取り付けします。エンジンルーム内につけたセンサー類を車内に引き込み
配線作業中。どの線が常時電源かACCかイルミネーションかをテスターを使用して調べ、半田ゴテで
結線していきます。今回使ったメーターは、トラストの60mmで今ドキのリンクメーターではなく
ひとつひとつ独立のタイプ。インプレッサに使ってたやつです。ちょっと古臭いですね(笑)
 油音、油圧、水温をセンターに、ステアリングの上にノックメーターを装着終了です。

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

マフラー到着

イメージ 1

 今回装着するマフラーが到着しました。ロードスター通の人ならすぐわかるかな?このマフラーは
有名な"K-1レーシング"です!何が有名かって・・・・・値段ですよ(笑)オールステン、新品で
29,900円です。安い、安過ぎる!
 当初の計画では、ステージ製の"二寸管"をつけようかと思っていましたが、部材の不足とかで納期が
かかる様子・・そこで次にあがったのがコーンズ製の"コーンズマフラー"。いろいろネットで情報収集
していたところ、このマフラーにとても似た激安マフラーの存在がわかりました。しかも値段のわりにものはいいみたい。
 総合的に判断してこのマフラーを試してみることにしました。具体的な判断基準を以下に記します。
1・・・値段が圧倒的に安い。RS専門ショップのマフラーは6〜8万円はします。その半分以下の
    価格はとても魅力ですね。マフラーは劣化しますし、車体の低いとこに設置され、破損の可能性
    もとても高いので、消耗品に近いのに大金かけたくないです。
2・・・かなりシンプルな構造(タイコが一個だけ)のため重量が軽い。
3・・・マフラーエンドが細めで純正チックですっきりしてる。
4・・・ネットの情報からすると、音もそれなりに良く、造りもいいとの意見がかなりあった。
 
 一言でいうと”安いわりにいいんじゃない?”ってことです(笑)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者450450
ブログリンク022
コメント0596
トラックバック00

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

標準グループ

くるま(ロードスター以外)

くるま(ロードスター関連)

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事