パーツ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

エンジンオイル NUTEC

イメージ 1

これは今回使用するエンジンオイルです。NUTECのNC-51 0W-30。
ロードスターによく使用されるオイルとしては まず専用オイルがあります。
GULFとRESPOというメーカーから販売されていますが、調べてみると特別走りに振ったオイルでも
なさそうです。それからロードスター専門プロショップでよく使われているのがMOTULの300Vですね。
 そのほかにWAKOSの4CRやOMEGAなどいろいろ検討しました。
そして、決定したのが"NUTEC"です! このオイル、ホンダ系などNAマシンに使用されることが多いみたいでエステル系の高性能オイルです。パワーがなく発熱量も少ないNAなので粘度は低めのものを使い
極力フリクションロスを抑えようと思います。
 このオイルに関してはまったくデータがなく、ちょっとギャンブルですが勢いと勘で使用を決めました。ちなみにミッションオイルも同社のNC-70というオイルを入れました。
 今日はこのオイルに入れ替え、内装配線、CPUの固定、リアの車高調整、バンパーの本留めをしました。明日アライメントをチェックし、いよいよ実装セッティングに入りたいと思います!


アフィリエイト   私のおすすめ:
ニューテックオイルNC50 1リッターNUTEC ESTER RACING OIL

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

空燃比計

イメージ 1

 いったいこの計画どこまでいくのでしょうか!?誰かとめてくれ!
ってことで、空燃比計を装着します。この空燃比計というもの、一昔前は100万コースのどえらい高い
もので、プライベーターはもとよりプロでも持ってない代物でした。しかし、インテグラルから発売
された空燃比計DM-20Mでいっきに手が届く価格になり、今ではたいていのプロショップやいっちゃった
プライベーターは持っていると思います。でも、いくら安くなったといっても12万くらいしますし、
センサーだけでも5万!しかもこのセンサー、寿命が短く、また経年変化の誤差を修正するメーカー較正
が必要でちょっとやっかいです。セッティングが終わった時点で取り外さないといくらあっても足りま
せん。また、純正のO2センサーやその延長上の安価なジルコニア素子センサーを使った空燃比計を
使う方法がありますが、これは理想空燃比付近以外不正確だし、温度にも影響されやすく使い物に
ならないと思います。 
 そこで今回登場の"イノヴェート"!日本ではGRIDさんが正規輸入しているメーカーなのですが
ここの空燃比計は、BOSCH製・ワイドバンドUEGOリニアO2センサー を使用した優れもの!このセンサー
自動車メーカーが純正採用しているほどのものなので、大量生産しており低価格です。温度変化にも
影響されにくく、メーカー較正も自主較正機能がありいらないらしいです。寿命も10年はイケるらしく
センサーの値段も1万くらい。これなら常時車に装着しておけますね。
 技術の進歩のすばらしさを実感しました。つけてないのでホントにいい物かわからないけど(笑)

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

車高調整キット"クアドラ"

イメージ 1

イメージ 2

スプリングをダンパーに組みました。採用のダンパーは、クアンタム製の"QUADRUM"!!
クアンタムはアルミ製の高性能ダンパーとして有名ですが、40万オーバーという価格のため、
なかなか手がでません。そこで発売されたのが、材質をスチールに変更し価格を抑えたモデル"QUADRUM"
です。抑えたといっても30万は超えてます(笑)
 私はAPEX製のN1ダンパーをインプレッサで使用したことがありますが、これも30万円近い価格でした。
でもこれは、とても柔らかくしなやかでコントロール性が非常に優れていました。それまで車高調は
"低く!" "硬い!"のがエライと思ってきた私には衝撃的な出来事でした(笑)
 やはり足にはある程度コストをかけるのは大事だと思います。クアンタム以外にもアラゴスタ、
オーリンズなど価格が高い車高調はあります。いまどき10万円代の車高調もたくさんあるのに、この
ような高級車高調を選択する人は少なくありません。そこには使用している人にしかわからない魅力が
あるのではないでしょうか?じゃなきゃ3倍も4倍もするもの、買わないって・・・
 ところで、写真の私の指に注目。ドリルに吹っ飛ばされて負傷しました(泣)ちょっと肉がえぐられた
ので、超痛い!

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

サスペンションスプリング

イメージ 1

 バネです!採用したのは"SWIFT"。バネレートや自由長は今回採用するダンパーメーカーからの
指定に従います。フロント10Kg,リア9Kg。
サスペンションメーカーもいろいろありますよね。エスペリア、ハイパコ、ベステックス、そして
今回採用のスイフトなどなど・・・機能部品の多くは、形状や多機能さなど多くの違いがあり、
ユーザーが選択する判断材料が豊富にあります。でもサスペンションは、メーカーは違えどレート、
直径、自由長が同じものを選択すれば、違うのは色くらい(笑)
 おそらく詳細をみれば使用している金属成分や固有振動数など違うのでしょうけどそんなのみても
普通わかりませんよね。
 実際クチコミくらいの情報しかないので、この選択に関しては"勘"と"コスト"のみです!当たると
いいなぁ・・

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

オイルクーラーコア取付け

イメージ 1

イメージ 2

 オイルクーラーのコア、設置しました。ラジエターの前面にもってきてます。
この車、ラジエターのコアサポートなど下側に何もないので、ステーの立上げに苦労しますね・・・
 オイルクーラーの取り付けは大変な作業の部類に入るのではないでしょうか?

1・オイルもはいるので結構な重量物なため、しっかりしたステーで取り付けなければならない。
2・風が確実にあたるところに取り付ける。
3・ホースがかなり太いので、自由がきかず無理のない取り回しが要求される。
4・フィッティングからオイルが漏れやすいので、細心の注意を払いホースとコアを連結する。

これら条件をクリアーしてつけていかなければなりません。ホント面倒くさい作業です(笑)
 エンジンかけたとき、オイル漏れしないことを祈るばかりですね。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

Yahoo! Chocotle みんなの観戦動画

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

 今日全体
訪問者651455
ブログリンク022
コメント0596
トラックバック00

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

標準グループ

くるま(ロードスター以外)

くるま(ロードスター関連)

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事