マンガ「淋しいのはアンタだけじゃない」

【 マンガ「淋しいのはアンタだけじゃない」 
  

大阪府 吹田市の 【 認定補聴器専門店 】 

【はじめて補聴器】 です。

当店は、

スタッフは【 認定補聴器技能者 】として、

店舗は【 認定補聴器専門店 】として、

補聴器プロフェッショナルの資格を有する補聴器専門店として

認められているお店です。
 

北大阪急行(御堂筋線)桃山台駅 徒歩1分

アザール桃山台 2階

郵便局さん向かい ・ カプリチョーザさん横


カスタムIEM(イヤモニ)専用ページ:http://hajimete-iem.jimdo.com/





当ブログに 訪問していただき、ありがとうございます!


メールでのお問い合わせも、お待ちしております。

最近は、メール質問が多く 大変うれしく思っております。

また、店舗には 他店購入の補聴器調整のお客様が

非常に多くご来店になります。

大歓迎ですので お気軽にご来店ください。

「その補聴器。あきらめないで!」という感じです。


店舗前には、チラシと 店舗ハンドビラ を準備しています。

ご自由にお持ち帰り下さい。


また当店は事前予約をお勧めしています。

買う買わない関係なく一人一人のお客様に

じっくり時間をかけてお話させていただいています。

お気軽に電話にてご予約下さい。

06-6170-1615です



少しずつ暖かくなってきて

たくさんのお客様にご来店いただいています。

ありがとうございます。

そこでコーヒーマシンを新しくしました

今のコーヒーマシンはスマホやアイフォンから抽出を指示できるんですね。

コーヒー濃度も量も思いのまま

すごいです♪

ちなみに当店のコーヒーに使っているお水は

阪急オアシスのおいしいグルメウォーターを使っています




今回のタイトルは、

【 マンガ 「淋しいのはアンタだけじゃない」 】  です。


私は補聴器という製品が大好きです。

メーカーやグレードによる機種の特徴を調べたり

お客様それぞれの聴力や生活環境・予算・音の好みを考慮し、

どの商品が本当にフィットするのかを考えることが大好きです。

自称補聴器マニアの私は定休日の今日もお店でブログを書いたりしながら

オーティコンの補聴器「OPEN 1」を検証しています。


補聴器は聞こえに困っておられる方の生活を助けます。


例えば、補聴器で聴力を補うことで

途絶えそうになっていたコミニュケーションを復活させたり、

聞こえにくいということで認知症と勘違いされたり

ボーっとしていると思われてしまっていたお客様を

決してそうではなく

ただ聞こえにくかったことでそう見られていたいう事が証明できます。

聞こえるようになれば反応も早くなる。

年だから認知症と決めつけられたり

ボーっとした人だと思われるなんて悲しい。

そうじゃないというお力添えをしたいんです。


またご本人だけでなく周りの方にもメリットがあります。

ご家庭でいつも大きい声で話かけなければいけなかった生活を

普通の声で会話できる日常に戻すことができますし

何度も同じ説明をしなければいけないという事なども

概ね解消できます。


ただその為には

・きちんとした静寂下で行う聴力測定

・気導、骨導測定をより多くのポイントで測定する

・明瞭度の測定を最高明瞭度から50%を切る値まで測定する

・正しい機種選定をする

・お客様に合わせた音の出し方を微調整する

・調整者が最終的な調整目標を認識していて購入後も調整を行っている

・すべてにおいて何度でも説明する

と言ったことが出来ていて

・お客様との信頼関係が築けている

それがあってはじめて成り立つものだと私は考えています。


当店に他店で購入されたお客様の

ご来店が多いことをブログにもよく書いていますが

なぜそのような方が購入された店に行かずに

当店にお出でになるのか。

さながら「駆け込み寺」の様な感じです。

つまり補聴器に「満足されていない」・「合っていない」から

ご来店になります。


なぜそんなに補聴器に対して不満なお客さまがいるのか?

たぶんそのお客様は上記に示した6つのポイントを

きちんと抑えた販売店で購入されていないのではと

思ってしまいます。

補聴器が「合わない」とか「うるさいだけ」とか

「高いの買ったのに使っていない」とかいう言葉を聞くと、

補聴器が大好きな私は本当に悲しくなってしまいます・・。


そういったお客様の補聴器を拝見させていただき、

聴力を測定し調整をすれば、

ほとんどの方に満足いく調整ができます。

なぜならば、なぜ今迄ダメだったか

概ね察しがつきます。


ただし、そもそも聴力に合っていない補聴器を持っておられたり

到底到着できない聞こえを希望された場合には

私でもご満足いく調整はできません。

これは販売の時点で売ったお店が

その点を説明していたのか疑問に感じます。


以前のブログでも述べましたが

補聴器相談や購入を決意された際、

最寄りの認定補聴器技能者が常駐する補聴器専門店で

相談されることをおすすめします。

または認定補聴器専門店に行くことを勧めます。

認定補聴器専門店は1年間も認定に期間を要し査定されます。

ですので補聴器販売において信頼できる店であるという

物差しになると思います。

そしてそのお店のスタッフが

時間をかけて対応してくださるのかを見極めていただきたいと思います。


「補聴器なんか高いだけで全然あかん」

そんな事ないんです。

きちっとした知識を持ったお店で購入すれば

大丈夫です。

でもなんだか変だと思うんです。

なぜ知識を持っていないお店でも売っているのか?

そもそもそこが間違っているのではと思ってなりません。

日本の補聴器販売の問題は結構深刻だという事を

最近特に身に染みて感じています。




さてそんな中、

やっとブログのタイトルですが

「淋しいのはアンタだけじゃない」というマンガに出会いました。

ご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

この漫画は「難聴」がテーマになっているマンガです。↓↓↓

イメージ 1


聞こえにくいという事がどういう事で

その世界がどういう世界で

どういう気持ちで生活しているのかを

実にわかりやすくマンガにしてくださっています。


私はこのマンガがもっと有名になって

「難聴」や「ろう」の方の気持ちを

多くの世の中の人に知ってもらいたいです。


私自身、認定補聴器技能者ですから

ある程度難聴者や補聴器装用者の気持ちを理解しているつもりでしたが

この漫画を読んで

改めて「そうだったのか」と思う事が多々ありました。

それはマンガという視覚情報だからこそです。

視覚情報ならではの表現で、

難聴・耳鳴り・手話と言ったことが本当にわかりやすく書いてあります。

もちろん補聴器に関しても描かれています。

・・ただ補聴器に関して詳しくは

秋ごろ発売の3巻に掲載されるようです。

その3巻には、

先ほど書いた日本の補聴器販売の問題点も

掲載されるはずです。

あっ、ちなみに連載は「ビッグコミック スペリオール」という

マンガ雑誌です。


ちなみに私が大好きなサッカーマンガ「フットボールネイション」も
連載されています。


私は作者とも小学館ともなんの関係もありませんが

是非皆さんこの漫画を是非お読み下さい。


※amazonの「なか見!検索⤵」をクリックすると一話分読めますよ

2巻の試し読みはこちら↓


当店の待合スペースには

1巻2巻とも、ご自由にお読みいただけるように置いてあります。

よろしければ読みに来て下さい

コーヒーもお出ししますよ



最近はお客様が本当に増えて

終日予約でいっぱいという日もあります。

本当にありがたいことで感謝しきれません。

そういった中で最近特に感じるのが

他店購入の調整でお出でになるお客様の中に

「なんでこんな調整になっているの?」というお客様が多いという現実。


難聴や補聴器をしっかり理解された方が老若男女世の中に増えて

正しい知識を広く世間に知っていただくいい方法が

ないかなあと思っているところで出会ったのが

この「淋しいのはアンタだけじゃない」というマンガ。


社会派マンガとしてヒットしてほしいです。


そして「難聴」や「ろう」の方が住みよい社会、

補聴器ユーザーが理解される社会が

もっと広がってほしいと願って止みません。







皆さまからのご意見や ご質問 大歓迎です。


ブログに コメントを入れていただくのは大歓迎ですが、

「コメントはチョット・・・」というお客様は、お気軽にメールをくだされば

個別にて ご返答いたします。

メールアドレス:n.makoto.ha@gmail.com



お読みいただき ありがとうございました!




大阪府吹田市 補聴器専門店

補聴器を「優しく易しく」

【 はじめて補聴器 】

桃山台店

大阪府吹田市桃山台5−2−2
アザール桃山台2F
06-6170-1615

認定補聴器技能者が常駐しています。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


みんなの更新記事