日本丹頂ツールブログ編

写真メインのグルメブログです。
前橋の寿司博士が「うな長さんの蒲焼がすごい!うまい!」と絶賛するので、2年ぶりに行って来ました。
イメージ 1




















メニューはこちら
イメージ 2
2年経ちましたが100円値上げされただけだった事に驚きです。
てゆうか、これ以上値上げ出来なかったと推測できます。
さて、本日も寿司博士の奢りで松を頂きます。


『うな重(松)』3,500円+大盛110円
イメージ 3
まず、蓋を開けると見事な大きさの蒲焼がお目見えです。


炭の香りは感じませんが蒲焼きの中心から熱を感じ炭で焼いたとしか思えない出来栄えです。
イメージ 4
表面はパリッと中はフワトロ、皮目は以前よりしっかりしていますが柔らかです。
御飯の炊き具合、タレの味も私好み。
最近食べた蒲焼の中でも上位の美味しさでした☆
ちなみに、炭火ではなくヒゴグリラーという電気調理器で焼いているそうです。
調べてみると炭火と同じ遠赤外線効果で焼くらしいです。
炭火でも上手く焼けない店もあれば、電気でも旨く焼く店もある。
結局、技術だなと再確認させられた次第です。
しかし、ヒゴグリラー侮れません☆


先生は、うなぎ食べません。
まぐろぶつ&コーラです(笑)
イメージ 5
お昼に3軒食べ歩いてお腹が減らないそうです。
美味しかったです!
ごちそうさまでした☆


【うな長】
群馬県前橋市六供町1-5-1
TEL 027-223-7002
営業時間 11:00〜14:30(L.O.14:00)17:00〜21:00(L.O.20:00)
定休日 月曜日、第3火曜日(1月、7月、12月の第3火曜日は営業)
駐車場 あり

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ひたちなか市湊本町の『ヤマサ水産』に行って来ました。
イメージ 1


まず最初に言いたい!
どんなに儲けても自由だが[b:客を騙すような商売]をしてはいけない!
多くの食べ歩きをしていると、お店のミスや間違いなど起こらないことはない。
まあ、ほとんどの場合は偶然に私のときに起こってしまったことなので、たいていのことは水に流している。
でも、今回はどうしても腑に落ちないので書くことにする☆
てゆうか白地だしw

こちらの店頭で岩牡蠣を購入し、その場で開けてもらって食べたときの出来事。
1個だと500円、2個買うと800円の設定。
ここまでは良い。

なので同行したナツメグ氏と1個づつ食べようと2個購入する。
イメージ 2
2個800円の岩牡蠣が並ぶコーナーにはなかなか粒揃いの見事な牡蠣が鎮座している。
そこで、店の人に「選んで良いか?」聞いたところ。
「あんた見たって分からないだろ!」と強気な発言。
牡蠣の前から離れてオヤジの捌く横に来るように言われる。
ちょっとカチンとくる☆
私はそれなりに目利きは出来る岩牡蠣マニアでもある(爆)

問題はここから・・・
店のオヤジは大きな牡蠣をスルーして氷の下の方をゴソゴソと掘る。
出てきた牡蠣は見るからにディスプレイされたものとは雲泥の差。
小さくぺっちゃんこの牡蠣。
まさにイリュージョン☆
あれだけ強く、あんたが見たって分からないだろ!と言い放ったくせにソレはないだろ!
と小声で叫ぶw
そう!明らかに氷の下に小さい牡蠣が入っており、それを売っているのだ!

殻を開けてもらいレモンを絞って食す。
イメージ 3
身は薄く岩牡蠣の楽しみであるプリプリしたミルキーな感じはなく残念。
どうしても「1個400円だったからしょうがない」とは言えず悔しさだけが残る。
実際には250円前後の価値くらいしかないと思う。

[b:氷の下から小さい牡蠣が出るイリュージョンを見たい方は是非☆]

何年も前にもコチラで嫌な思いをしたことがある。
もっと誠実な商売をして欲しい。
ヤマサ水産、他に経営するレストランも含めて二度と行かないぜぇベイビー(爆)

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

成田市仲町の『駿河屋』に行って来ました。
イメージ 1
千葉鰻行脚2軒目は成田山でといことで香取市から移動して来ました。
観光地ということもあって、この近辺の鰻屋(うなぎを扱う店)は通し営業が殆どなので食べ歩きにはもってこいです☆

成田山の観光用リーフレットによると、成田は利根川や印旛沼の漁場に恵まれ、川魚料理が食べられていたそうです。
この界隈には約60店がうなぎ料理を扱っているとのことで、趣のある成田山表参道には多くの鰻屋が軒を連ねていました。
 
中でも駿河屋と川豊本店はウナギを裂き蒲焼を焼くところを店先で見ることが出来ます。
イメージ 7
 
 
イメージ 8
特に駿河屋は炭火焼であることを確認しましたので、まずはコチラで頂くことにしました。
 

13:00ちょっと前に店内の予約機にて予約券を発行します。
待ち時間は表参道を散策、20分くらいして店に戻ると直ぐに2階席へ案内されました。
注文してから30分かかるとのことでした。
望むところです、大人しく待ちましょう。
イメージ 2
注文したのは「うな重」ですが、
グレードの違いはうなぎの大きさではなく量が増えるとのことで、上は1匹半になるそうです。
また米の量も増えるようでした。
 

『うな重』3,600円
イメージ 3
「するがや本店」の彫りが施してある朱塗りの御重で提供されました。
本屋ではありません、うなぎ屋ですw
 
蓋を開けると奇麗な蒲焼きの上には木の芽が載り山椒の香りを感じます。
イメージ 4
 
 
イメージ 5
蒲焼はフワトロ系、タレの味も私好みです。
かけられたタレは少なめ、足りない人用に追加用のタレも用意されていますが私には不要。
米も美味しく、タレの加減も丁度良い具合でした☆
卓上の山椒も薫り高いもの、うなぎを引きたててくれます。
 

成田山にはうなぎを扱う店は多くあるけど、
裂きたて、焼きたて、炭火焼の店は此処だけなのかな?
また成田山に行きたいと思いました。
イメージ 6
成田山表参道散策も楽しかったので☆
 

【駿河屋】
千葉県成田市仲町359
TEL 0476-22-1133
営業時間 11:00〜17:00
定休日 木曜日
駐車場 あり

この記事に

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

香取市玉造の『山田 別館』に行って来ました。
イメージ 1
旅館じゃなくて鰻屋です☆
でも、昔は割烹旅館だったようです。
 
本日は千葉鰻行脚です。
群馬から3時間半かけてやって来ました(爆)
到着したのは開店の30分前、予定通りの到着です。
店内、窓、外のベンチ、女性店員さん達が掃除されていました。
壱番乗りで外のベンチで待ちましたが、続々と行列は延びて開店までには20名を超えていました。

言い忘れましたが、こちらに来た理由は「直焼き」のウナギを食べる為です☆
関西では蒸さないウナギ蒲焼が主流ですが、関東ではあまりお目にかかれません。
イメージ 2
蒸しの入る通常の鰻重もありますが、予定通り目的の直焼きを注文しました。
 

『直鰻重(上)』3,700円
イメージ 3
高さのある御重からは蒲焼がはみ出ています。
一目で大きなウナギであることが確認できます。
蓋を開けると蒲焼が縦に並んでいます。肉厚で見事なサイズです☆
イメージ 4
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 7
蒸しの工程のない直焼きだけあって、皮目がパリッと身はプリッとしています。
特に尻尾の部分はパリパリでした☆
蒸したフワトロ系とは正反対のウナギの力強さを感じとれる食感ですね。
蒸さないので脂が落ちないのを想定していましたが、
思った以上に脂っこさはなく良かったです。
タレは濃いめの甘口、やや粘りが強めです。
米は普通の炊き上がり、蒲焼の見た目通りのタレ多めでした。

肝吸いは肝に特徴があり、初の黄色い肝でした。
イメージ 6
特に味付けがカレーとかではありません(爆)
 

小鉢は茄子の煮浸しでしょうかね。
器ごと凍らせてあったようでルイベ状でしたが、茄子のルイベは初めです☆
この地域の郷土料理だったりするんでしょうか?
解凍が間に合わなかっただけか・・・。

千葉鰻行脚、1軒目は直鰻重を美味しく頂くことができました。
この後は成田山で食べ歩きます☆
 

【山田 別館】
千葉県香取市玉造1-1-22
TEL 0478-52-5354
営業時間 11:15〜14:30 17:00〜20:00
定休日 木曜
駐車場 あり

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

吾妻郡高山村の『restaurante ARAGON』に行って来ました。
イメージ 7
高山村にはレストランが少ないw
私が知っている限りでは蕎麦屋が2軒、定食屋が1軒、あとロックハート城の中のレストランとゴルフ場のレストランとアラゴンくらいかな?
と、食べログの地図を眺めていると10軒くらいあるみたいです☆

中山盆地の田んぼアートを見る前にアラゴンに行って来ました。
店舗は階段を上って2階にあります。
イメージ 6
木の温もり、高い天井、外光が入り開放感のある店内ですね。
窓からは長閑な田舎の風景です。特に何がスゴイというものではありませんが(笑)
 

注文はソパ・デ・アホ、パエリア、ピザをお願いしました。
 

『ソパ・デ・アホ』830円
イメージ 5
スペイン語で「sopa de ajo」アホはニンニクの意味です。
すなわちアホスープ(笑)
注文して店内にニンニクの焦げる香りが漂いました!
ニンニク好きな我が家には超良い感じです。
スープは麩と半熟のホーチドエッグとニンニク、シンプルな構成ですが優しい味にニンニクの風味。
ニンニク好きには、たまらん美味しさでした☆
ちょっと高いですけどね。
 

『ピザ(Sサイズ)』630円
イメージ 4
シーチキンと小エビの選択肢があったのでシーチキンでお願いしました。
ちなみにシーチキンは海鳥ではなくマグロです(爆)
そこそこの大きさがあってお手頃価格☆
何品も食べたい我が家にとってはナイスな1品でした。
 

『パエリア(Mサイズ)』1,800円
イメージ 2
普段、口にするパエリアとは一風変わった感じでした。
何が違うかというと、サフランライスではないので黄色くない。

高山村ではムール貝が獲れないようでムール貝の代わりにソーセージです☆
イメージ 3
海老は獲れるみたいですw
味の方は黒胡椒の香りとアサリとソーセージの旨味が米に染み込んだ感じですね。
 

帰りには中山盆地で田んぼアート見て来ました。
イメージ 1
ミステリーサークルではなく田んぼアートです。
ぐんまちゃん&ふなっしー、宇宙人ぢゃないです☆
 

【レストラン アラゴン】
群馬県吾妻郡高山村大字中山6408-300
TEL 0279-63-3266
営業時間 10:00〜20:00(L.O.19:30)
定休日 火曜・隔週水曜
駐車場 あり

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事