ここから本文です
スイーツを特にアイスクリームとソフトクリームを品評します。ときどき詩と旅。そして齧った哲学などを少々

書庫全体表示

タイトルで刺激的なことを書きましたが、ほんとにそう思います。
「私のような考え方」とは、どのような考え方か?
それは、この世界はすべて「たてまえ」で動いている。
それが許せない。
信じられない。
「『たてまえ』で動いている」とは、どういうことか?
たとえば、就職がそうです。
あるメーカーに就職したとします。
優れた製品をつくる大企業のトヨタ自動車などは例外として、たいていの人が就職するのは、その企業の商品に自信があるから、好きで人に勧めたいからではないはずです。
生活費を得るためにやむなく就職する。
そして、自分が是が非でも欲しいと思う商品でなくても、営業職につけば、それを人に勧めて売る。
そこに大きな嘘や欺瞞を感じてならない。
タレントもそう。
コマーシャルに出て、笑顔を振りまいてその商品の宣伝をする。
でも、本当にその商品のすべてがわかっているわけではない。
自分で選んで出ているわけではない。
タレントが所属する事務所の都合で出演して、さも素晴らしい商品であるかのようにして、いわば人を騙して自分だけ巨額の出演料をせしめている。
お金の大半は事務所に入り、タレント本人に行くお金はわずかであっても、そこに嘘や欺瞞を感じます。
だから、コマーシャルや電車の広告を見ると、いつも不愉快になります。
ほんとうに自信を持って仕事をして、やましい思いをせずにお金を手にしている人はどれくらいいるのでしょうか?
ほとんどの人は、そんなに難しいことは考えずに仕事をして当たり前のように給料を手にしている。
そんな生活に慣れてしまっている。
私のようなことを言いだしても、結局お互いさまだから、意味がない、とでも思っている。
あるいは、自分を追い詰めても生きてゆけないから、理由をつけて自分を納得させている。
このうちのどれかでしょう。
自分をごまかさずに生きていくことは本当に難しい。
最近、こんなネガティブなことを考えています。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事