全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

★Freaks★
トッド・ブラウニング
(Freaks)1932年アメリカ

昨日、美容院で雑誌を読んでいたら(たしかあれはFIGAROか?)
このフリークスという映画が、11/5〜デジタルリマスター版で公開と
記事が載ってました。(記事の写真も撮りましたけど、まあいいね)

知ってる人は少ないかなー・・・
アタシも、なぜこれを発見して観たのか分からないんだけど、
ちょっと、いや結構?重い映画だねー。
重さもまたちょっと違うんだけど、なんてーの?
笑えませんという映画。

モノクロなんで、また重さが倍増なカンジです。


<解説(個人様のページより収集)>
1932年2月にアメリカで公開。(日本でも同年11月に「怪物團」のタイトルで公開)は、あまりに衝撃的な内容だったことから全米各地で上映禁止となったほか、イギリスでは32年に渡って上映禁止が続いた「呪われた映画」として知られる作品。

「フリークス」とは、「畸形・異形のこと」。つまり、身体的な不自由を持った人々。
かつてサーカスや見世物小屋が全盛の時代、アメリカのみならず日本を含めた
どこの国でもフリークスが「芸人」として活躍し、
その中からはスターとして観客に迎え入れられる人々も。
この映画「フリークス」は、全米の見世物小屋からスカウトされた
実際のスター・フリークスが出演・製作された作品。

公開当初はビジュアルや内容に衝撃を受けて上映中に逃げ出す人が相次ぎ、
映画を観たショックで流産したと映画会社を訴える妊婦まで現れる始末。
また、当時のニューヨークタイムズは「これは人間に見せるべき映画ではない」と評論し、
全米で上映禁止措置が取られることになったいう。
そして、「フリークス」の公開前まではホラー映画のヒットメーカーとして活躍していた
トッド・ブラウニング監督は、この作品と共に映画史から抹殺されることに。

その後、30年に渡って陽の目を見ることが無かった「フリークス」が、
1962年のヴェネチア国際映画祭で上映されたのをきっかけに再評価の動きが出始め、
現在では人間の残虐さと逆説的なヒューマニズムをあぶり出した作品として、
「単なる見世物映画には終わらない映画史に残る唯一無二の傑作」
「カウンターカルチャーのバイブル」
「ミッドナイトムービー・ブームの火付け役」(公式ページより)と評価されるまでになった。

日本では1932年の劇場公開以降は、映画評論家の佐藤重臣氏がフィルムを個人輸入して
地下上映会を行ったり、1996年にリバイバル上映されたほか、
1980年には「フリークス 神の子ら」のタイトルでビデオも発売。

☆ストーリー
 舞台はサーカス。小人のハンス(ハリー・アールズ)は、同じ小人の婚約者フリーダ(デイジー・アールズ)がありながら、美しい空中ブランコ乗りクレオパトラ(オルガ・バクラノヴァ)に心を奪われる。恋に目がくらんだハンスは、クレオパトラに弄ばれているというフリーダの忠告も聞かず、乞われるまま に彼女に貢ぎ物を贈り続けていた。

 サーカス団では、アシカ使いのヴィーナス(リーラ・ハイアムズ)が、怪力男・ヘラクレス(ヘンリー・ヴィクター)と喧嘩別れをしていた。そんな傷心のヴィーナスに救いの手を差し伸べたのは、優しいピエロ・フロソ(ウォレ ス・フォード)。一方、ヘラクレスは、早速クレオパトラとねんごろに。そして、ハンスが莫大な財産を相続したことを知った2人は、遺産金目当でハンスと結婚、その上で彼を毒殺するという計画を企てるのだった……。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

なーんかコアな作品を観てますねー。 僕もこの作品の存在は昔から知っていましたが、観たいとは一度も思いませんでした。ので、まだ観ていません。さすがフルーティさんはリンチがお好きなだけありますね。話変わりますけど、昔のおしゃれ(?)なコメディ映画はお好きですか? 削除

2005/10/25(火) 午後 11:31 [ moronobu ] 返信する

顔アイコン

この映画はわかりませんが・・美容院に実はもう1年近く行けていない・・行きたいよ・・

2005/10/26(水) 午前 1:17 Princess 返信する

顔アイコン

moronobuさん 確かに観る必要性ありませんねーコレ。アタシは、結構新しい作品はいつでも観れる気がして(結局観てないけど;)古い映画とか、マニアックそうなのを拾っちゃうんです。だから観たんですけどねー。オシャレな昔のコメディって、観たことあるかな〜・・ウディアレンとかじゃなくて?ぼくの伯父さんの休暇(ジャックタチ監督1952年)とか??

2005/10/26(水) 午後 1:07 Fruity 返信する

顔アイコン

princessさん 普通この映画知らないと思います^^美容院はアタシも、3ヶ月ぶり;髪伸ばしてるんで、あんまり行く気にならない;が、行かなきゃですよねやっぱり><

2005/10/26(水) 午後 1:08 Fruity 返信する

顔アイコン

ジャック・タチがすぐに出てくるあたり、フルーティさんをあなどれませんねぇ。(笑)しかも「ぼくの伯父さん」ではなく「ぼくの伯父さんの休暇」のほうを持ち出してくるとは。僕が言っているのはソフィスティケイテッド・コメディです。このジャンル分けは結構いい加減なんですが、ちょっと長くなりそうなので、今度ゲストブックのほうに書かせてもらいまーす。 削除

2005/10/27(木) 午前 0:53 [ moronobu ] 返信する

顔アイコン

moronobuさん いやいや、アタシの場合はたまたまですよ;監督云々わかりませんから殆ど。アタシが行ってた前の地元のツ○ヤがマニアっくだったのかな〜(笑)でかかったけど、かなり。

2005/10/27(木) 午前 10:27 Fruity 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事