全体表示

[ リスト ]

nigga 歩行周期の筋 nigga

踵接地 ⇒ 足底接地
 
股関節 : 大臀筋、背筋群、ハムストリングス が屈曲を防ぎ、大腿筋膜張筋、中殿筋 が骨盤を水平位に保つ。
 
膝関節 : 大腿四頭筋 と、拮抗筋である ハムストリングス により膝折れ防止。
 
足関節 : 前脛骨筋、長拇指伸筋、長指伸筋 の遠心性収縮により足底接地への衝撃を緩和。
 
大殿筋、大腿四頭筋、前脛骨筋 は、この時期に最大活動。
 
骨盤 : 右回旋4°
 
 
足底接地 ⇒ 立脚中期 
 
 股関節 : 大臀筋 が立脚初期まで大腿筋膜張筋、中殿筋 が立脚中期まで骨盤を水平位に保つ。
 
膝関節 : 大腿四頭筋 が中期まで働く。後は慣性により膝が進展していく。
 
足関節 : 下腿三頭筋、足関節底屈筋 (長腓骨筋、、足底筋(補)、短腓骨筋、後脛骨筋、長指屈筋、長母指屈筋)が遠心性収縮で足部の運動を制御。
 
ちなみに足関節背屈筋 : 前脛骨筋、長指伸筋、第三腓骨筋
 
骨盤 : 右回旋減少 
 
 
立脚中期 ⇒ 踵離れ
 
股関節 : 中殿筋 が弱まり 大腿筋膜張筋 脚中期まで骨盤を水平位に保つ。膝は慣性で依然伸展。
 
膝関節 : 筋活動なし。慣性で上体が前方へ。
 
足関節 : 下腿三頭筋、足関節底屈筋 (長腓骨筋、、足底筋(補)、短腓骨筋、後脛骨筋、長指屈筋、長母指屈筋)が遠心性収縮で足部の運動を変わらずに制御、底屈筋が推進力としても作用開始。
 
骨盤 : 前額面で 左側方に 5°傾斜
 
 
踵離れ ⇒ つま先離れ
 
股関節 : 腸腰筋大腿四頭筋(大腿直筋) が股関節を屈曲しはじめる。
 
膝関節 : 下腿三頭筋 の強い収縮で膝が伸展位から屈曲位になる。
 
足関節 : 下腿三頭筋 が求心性で強く収縮その後 長指屈筋、長・短腓骨筋、後脛骨筋 などの底屈筋も参加。
 
骨盤 : 左回旋4°
 
 
つま先離れ ⇒ 加速期
 
股関節 : 腸腰筋大腿直筋、大内転筋 が求心性に股関節を屈曲。
 
膝関節 : 慣性で屈曲が進み、大腿直筋 により踵を上げすぎないよう制御。
 
足関節 : 前脛骨筋 が フットクリアランス保持、つま先が地面に着かないために足部を背屈。
 
骨盤 : 左回旋
 
 
加速期 ⇒ 遊脚中期
 
股関節 : 腸腰筋 の求心性の収縮により股関節を屈曲し下肢を加速させる。
 
膝関節 : 慣性で屈曲が進み、大腿直筋 により踵を上げすぎないよう制御。
 
足関節 : 前脛骨筋 が相変わらず足を床に着かないように働く。
 
骨盤 : 左回旋減少
 
 
 
 
遊脚中期 ⇒ 減速期
 
 
股関節 : 腸腰筋 は収縮を中止。 慣性により前へ、重力により下へ(軽度屈曲位)。
 
膝関節 : ハムストリングス が遠心性に収縮し、空中で減速した足をどこにつくかというブレーキ状態。
 
足関節 : 前脛骨筋 が相変わらず足を床に着かないように働く(軽度背屈位)。
 
骨盤 : 前額面上で右側方に 5°傾斜
 
 
 
減速期 ⇒ 踵接地
 
股関節 : ハムストリングスが収縮して踵をどこに着くか決める。
 
膝関節 : ハムストリングス が最大に収縮、終期から踵接地にかけて大腿四頭筋が収縮し、空中で減速した足をどこにつくか決める。
 
足関節 : 前脛骨筋 が中間位に足を保ち踵接地に向かう。
 
骨盤 : 右回旋 4°
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

フジTVの加藤あやこ Eカップポロリ放送事故動画をご紹介!

加藤がバラエティ番組でゲームに挑戦した際にエキサイトした加藤の胸元から見えてポロリ放送事故となったそうです
b140 削除

2011/12/30(金) 午後 2:18 [ 動画はコチラ ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事