ここから本文です
八兵衛・影虎・豆兄妹
ようこそいらっしゃいました。どうぞ、ゆっくりして行って下さいね!

書庫全体表示

記事検索
検索

全230ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

みにゃ様こんにちは〜〜。

WBCでは日本チームが頑張ってくれていて
観ていてこちらも熱くなっている今日この頃です。



先週の話ですが近くの小学校に行ってまいりました。
(ブログへの写真のお顔だしOKの許可を取っています。)

6年生を対象とした
「動物と共生。〜そして命の大切さ〜」という題目で
近所に住む Nさんからお声がかかりました。

Nさんはご自身が住む地域のノラさんのTNRを一人で
済ませた他、お腹の大きな猫さんを迎い入れその親子4にゃんと
保健所に持ち込まれた、ワンコを引き取って暮らしていらっしゃる方です。

Nさん自ら学校側に話を持ちかけ卒業式前の貴重な1時間を
授業としてお話をする機会を許可してもらったそうです。

そんなNさんから 我が家に声がかかったのは
捨てられていた8にゃんを迎い入れたという経歴を知っていたからです。

ボスに命の大切さを話して欲しい ということでした。

イメージ 1

Nさんともうお一方 Uさんも出席してくださいました。
Uさんはドックトレナーをしていらっしゃる方です。
家族のロイくんと一緒に参加です。

イメージ 2


とっても賢くて大勢の人がいても全く動じず
しっかりとUさんの指示どうりに動けます。


イメージ 3


拍手喝采でした。


ニャンコも来たんですよ!!
Nさんのお宅の寿くん。生まれつき下顎かなく右耳も奇形です。

イメージ 4

寿くんはお母さんがいるのですが他の子供たちは育てるも
寿の面倒は見なかったそうです。
なので寿はミルクで育ちました。

イメージ 5

どこに連れて行ってもビビることはなく大物です。
こんなニャンコもいるんですね。
初対面のボスに抱っこされてもなんともない。


イメージ 6

寿くんは下顎がないので食事の世話も毎日
Nさんがフードを柔らかくしたりしてあげているそうです。





ボスは



イメージ 11



我が家の8ニャンの中の


イメージ 7

めかぶとひじきの話を題材にしました。
目も開いていない生後3〜4日目であろう時にダンボールに入れられて
雨の日に捨てられていたこと
それは間違いなく人間のしたこと。


母猫がいないので哺乳瓶で人工飼育をしたことを

イメージ 8

この写真を子供達に回して見てもらいながら
話をしました。

昔は犬は番犬として。猫はネズミ捕りとして飼われていたことも
話の中で出て来ました。
(さすが長老!!)


Nさんは TNRの事と殺処分されてしまう命があることを
動画を流して細かく説明していました。
イメージ 9



殺処分に関しての動画には 子供達も真剣な眼差しで


イメージ 10

見入っていましたよ。

また、ペットショップに来るまでの小さな命の流れや
そこで売れ残った命たちがどうなるのか というお話もありました。


子供達それぞれに 何か! が伝わったことを実感することができる経験でした。


家に帰って来てボスと・・・・
先生たち・・・みんな若かったねぇ〜〜〜。としみじみ。

先生たちが若いというよりも自分たちが歳をとっていることを
実感。笑


この記事に

えぇ〜っと・・みにゃさまっ!!

恥ずかしいことに、にゃんと...今年初の記事にゃのだっ!
あひゃひゃ。。

しかしすでに3月って。。
もう明けましておめでとぉ〜...にゃんて言えるわけもにゃく・・とほほっ。。
ほんっと失礼極まりなく申し訳にゃいですぅ〜〜!

すっかりと、にゃん太家ブログでは無くなっていて
告知ブログと化してきていることにも
さらに不義理を重ね続けすまにゃい気持ちいっぱいです。。

そして今年一発目も・・告知になっちゃったっす。。


イメージ




すでにご存じの方もおられると思いますが
今年もやりますっ!!
東京の表参道にて「にゃっ展」を5月3,4,5日に開催しますっ!

参加作家数もこれまでで一番多く、
今日もまたお一人増えることになって現在35名となっており

ポスターやチラシ、DMも刷り上がって
配布に協力頂ける方には順次発送も行っておりますぅ〜っ!


イメージ
イメージA2ポスター・A4チラシ・DMハガキの配布に
          ご協力頂ける方はお知らせくださいませっ♪








そして・・
昨年好評だった「アンニイさんのお話し会」も
アンニイさんを口説き落として?
今年は「保護」と「譲渡」の2つのテーマにわけて2回講演にして
さらに詳しくにゃっ展会場内でお話ししてもらうことになってますっ!


イメージ
【5月5日のお話し会】保護の仕方・・
  ☆捕獲器って抵抗があるけど大丈夫?
  ☆保護して最初にしなければならないことって?

【5月6日のお話し会】譲渡の方法・・
  ☆ネット譲渡が不安・・
  ☆なかなか里親さんが見つからない時どうすれば?

イメージ

このお話し会はにゃっ展の開場時間外で
片付けや撤去作業などをやってる時に平行して行いますので
昨年よりゆったりスペースで
アンニイさんが出来るだけ緊張しないように?!
ざっくばらんにお話しできるスタイルにしようと思ってます!

イメージ参加応募締め切り:4月20日 詳細→→







そして・・
こちらもまたやりまぁ〜っす!

イメージ


にゃっ展会場内にエントリー写真を掲示して
来場者に投票いただく「ニャンコにゾッコンテスト」を開催!
うちの子ゾッコン自慢写真をどしどし送ってくださいにゃぁ〜っ♪


イメージ

イメージ写真応募締め切り:3月末日 詳細→→







そして・・
今回はワークショップもやりまぁ〜っす♪
来場者さんと一緒に羊毛フェルトブローチを作って
にゃっ展を盛り上げたいっ!っとお話しいただきました♪

イメージ

トムトム(Tommy.Hana felt)さんは「True Style Lab.」太田光美先生に師事し
しっかりと勉強されてきた方です。


今回はじめてニードルをされる方を対象に
可愛いハチワレちゃんのブローチを一緒に作ろう!っということで
2時間程度のワークショップとなっております。

一緒にチクチクしたい方まってまぁ〜っす♪

イメージ
イメージ参加募集締め切り:4月15日 詳細→→







それから・・
これも「にゃっ展」で恒例となってる
チャリティブースを設置して
ここでの売り上げの全額をワンニャンの保護活動をされている方へ寄付する企画ですが・・

一点でも多く売れれば・・
それだけ寄付額が増えるので
今回はこのブースで販売する作品も募集することにしましたっ!


イメージ


多くの方に見ていただく機会になる「にゃっ展」です!

ここで自分の作品を展示販売してみたいっ!っという方で
ワンニャンのためになるなら提供してもいいよぉ〜〜っと言っていただける方は
1点でも2点でもかまいませんので
出品お待ちしてますっ!

イメージ応募締め切り:4月15日 詳細→→






っと・・いうわけで。。。
告知満載になってしまいましたが
それぞれの企画に興味のある方は
ご協力よろしくお願いいたしまするぅ〜!


あっ!最近twitterも始動しておりまぁ〜す♪
にゃんタマも放出中ぅ〜っ!
イメージ




イメージ





それから・・最後にもう一つ・・

にゃっ展でお話し会をやっていただくアンニイさんが保護した実葉ちゃんが
とうとう!!里親募集スタートしてますっ!


イメージ



とうとう!!っというのは・・
この実葉ちゃんは昨年10月ベランダの2階から投げ落とされ
前足と骨盤骨折の重傷を追って大手術をした三毛猫の女の子です。

(詳しくは下記アンニイさんのブログを見てください)



この時に「猫十字」の方から、みんなよりお預かりしていた15万円を
手術代などの治療費にご支援させていただいてました。
報告が遅くなってすみませんですっ!


イメージ



実葉ちゃんは手術後、4ヶ月あまりの長い間リハビリ生活を
マイ太郎さんのお母様のお家で・・
スペシャルお姫様待遇で素晴らしいケアを受けて過ごしてきました。

そしてやっと。。やっと。。
里親募集のスタートラインに立つ事ができるようになりました。




術後の姿を見た時には・・
多くの方が涙して・・実葉ちゃんをこんな目に合わせた人を
心底憎みました。


イメージ




人間にあんなヒドイ恐怖を味合わされ
痛みに耐え、辛い思いをしてきたのにも
その後も一度だって人間を嫌いにならず
疑う事もなく・・信じ続けてきた実葉ちゃん。


イメージ



涙が出るほど健気で・・健気で・・
ほんっとに天使のような女の子です。



あんな目にあってもなお、人間が大好きで決して信じることを止めない実葉ちゃんには
もう裏切られることの決してない、
温かな愛情いっぱいの極上の幸せを手にしてほしい。。



イメージ
実葉ちゃんの写真は全てアンニイさんよりお借りしてます。



エイズキャリアだけど・・
大ケガもしちゃったけど・・


イメージ


今はおしとやか・・ではにゃいっ! にゃははっ♪
元気印のおテンバな女の子になりましたっ♪

実葉ちゃんの家族絶賛募集中だよぉ〜〜〜っ!




イメージ

イメージ

転載元転載元: 三毛猫にゃん太

この記事に

お雛様

大変ご無沙汰しております。

みんにゃ元気です。

昨日はひな祭りでしたね〜〜〜。

2月に入ると確定申告のことで頭がいっぱいでそれが終わるまで
お雛様モードに切り替えられないのです。

今年は早めに申告を終わらせましたが
お雛様がどこの天袋に入っているのかボスじゃないとわからないので(笑)
天袋から降ろしてもらえるのを待っていました。

2月25日・・・出しました。
(毎年姉から 今年は出した??と聞かれていました)


私たち姉妹の50年前のもの

イメージ 1





娘のお雛様 30年前のもの
偶然にも両方とも作り方が 「木目込み雛」です。

イメージ 2

お店の受付カウンターでお客様を出迎えてくれています。


同世代のお客様は喜んでくださいます。
お雛様も時代とともに髪型やお顔が変わってきていますね〜〜。

(このままいったらお雛様がつけまつげとかする様になるんじゃないかと心配)



昨夜は ばらちらし寿司と潮汁(写真撮り忘れた)にしました写真撮り忘れた。


イメージ 3


他にも大量にあったニラを消費すべくニラチジミ

イメージ 4


サラダ2品と大根の煮物


イメージ 5
イメージ 6
















先日、買い物から帰ってくると
勢揃いしていてびっくり!!思わず
「どうしたの??」って言ってしまいました。

ボスが動くとみんなが付いて回る日が存在するのです。


イメージ 7




この記事に

七福神ならぬ・・・・

ご無沙汰しておりました。

2017年も明けて1週間がすぎてしまいました。

本年もよろしくお願い致します。

毎年、成田山新勝寺に初詣に行っているのですが
今年は千葉県から静岡まで移動して温泉に1泊という計画でした。

途中横浜中華街でお昼を食べようということになり
中華街を散策中に 見つけた雑貨のお話です。

なにやらキンキラキンの龍や豚 の置物が置いてあるお店で
可愛いニャンコ3ニャンを発見

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

最初は「あ!!ニャンコだ!!」
としか思わなかったのですが1080円以上のものは半額です という声。
ニャンコの裏を見ると1080円と書いてある。
っていうことは540円か・・・

3ニャン、一緒にウチにくるか??と考えていると
隣でボスも無言で見ている。

ふ「ねぇ?!これって何かのシリーズじゃない??」

ボ「そうかぁ??違うと思うけど」

ふ「だって、持ってるもの違うし来てる着物の色も違うじゃん」

ボ「聞いてみれば?!」

ということで店員さんに聞いて見ると店長さんが出て来て
こう言いました。

「あ〜〜!!七福神ですね。
ウチにはこれしかないけれどちょっと待ってくださいね。
支店にあるはずですから!!」

それから姉妹店2件に電話をしてくれ、在庫確認やら
取りに行くの・持ってくるの のやり取りの結果
他の子達も全て揃っちゃって

全員連れて帰って来ました。笑
半額という値段だったからまぁ、いいかぁ!!と

見てください。

イメージ 4


七福神か??

七福神だとしたら並ぶ順番って決まっているはずだと思い
ボスに見てもらった。
でボスがこの順番ダァ〜〜と並べてくれたんだけど
持ってるもんがなんか違うよね?!

イメージ 5

七福神には詳しくないけれど

ボスが釣り竿をの代わりに魚持ってるとか
袋持ってるのは布袋様か?とか

本物の七福神を頭に浮かべながら並べてくれたんだけど

maid in〇〇なので今流行りのパクリ?? 笑

イメージ 6

後ろ姿見て吹き出したよ!!
尻尾と後頭部の柄が一緒じゃん。
猫さんであることは間違いないみたい。笑


現在この子達は店のカウンターでお客様を出迎えております。


ちなみに・・・
今年のおみくじは 大吉でした。

皆様にとっても素敵な一年でありますように素敵な一年でありますように。


この記事に

みにゃさまっ!!

にゃんにゃんBOXが届いたよぉ〜〜っと
中身を公開する記事を沢山書いていただきありがとうございましたっ!
全くお礼にも伺えず申し訳にゃいです。。


そして今年もBOXを滞り無くみんなの元へお届けできたようで
肩の荷がやっと降りて、ほっと・・一安心・・でしたが


発送が終わってからも
にゃん太通販の方がちょいと忙しくなってしまって
せっかく書いていただいたみんなの記事を
探して見ることもできずにバタバタしていたところ・・
marimoさんが検索して探しまくって教えてくれたにゃぁ〜っ!

お陰で今年も一覧を作ることができましたっ!
イメージ
個別に掲載お願いにも伺わず勝手にリンクしちゃってます。すみません。
もし、私も書いたよぉ〜っとか・・掲載しないでぇ〜って方は
お知らせくださいませぇ〜!





さてさて・・
みんなの熱意で3時間あまりで完売することができたBOXデシタガ・・

その後、第一陣の発送までには1週間もかかってしまいました。とほほっ。。


受注メールや入金確認メールなどの業務だけでも、どんくさく数日かかってしまって・・

その間に宛名を入力してシールを作る作業は旦那ちゃまがやってくれて・・

最後は一気にBOXに貼っていく作業が待ってるにゃり!

イメージ


まずは・・
送料確定のために1個1個重さを計るのだが・・
500g以下かそれ以上かで送料が変わるっす!

これって中身は240個全部違うからにゃ・・。



イメージ


そして貼るシールは3つ!

イメージ


この時に絶対間違えてはいけないのが・・
「BOX番号」と「送り先」の間違いっ!!

これをなんとしても防ぐために
宛名シールに印字したBOX番号が重要にゃのだっ!

イメージ


そんにゃこんにゃ・・
チマチマこの作業を240個やっていると・・

集まる野次馬たち。。

イメージ

イメージ


しまいにゃ・・・
電気ストーブの前に陣取る。。

イメージ


なんだかんだと・・
朝からやっても
夜までかかってしまったっす。。ははは。。





そして入金前の方とそうじゃない方を分けながら箱詰めして・・

イメージ


11月30日に・・
第一便の213BOXが発送となったぁ〜〜!

イメージ




もちろんっ!特別BOXもバッチリ運んでいただいたのですが・・

イメージ


品名の直しが発生っ!!

BOXは中身に何が入っているかにゃんて・・
わかるわけがにゃいので・・

適当に書いて語尾に「など」と書いたら・・
「など」だと運べないそうで・・

イメージ


「布物」と修正したっす。。あひゃひゃ。。


イメージ



そんにゃこんにゃで・・
240BOX全ての発送が終わったのが・・12月7日でしたっ!


発売からお届けまで時間がかかってしまってすまにゃかったですぅ〜!




そして・・
ここからは収支報告のお伝えですっ♪



まずはBOX経費の方ですが・・
この1年間で88,500円も寄せられました!

ここからBOXでかかった経費を引いて
さらに仕分けで来てもらったマイ太郎さんfukkoさん
交通費の一部をお渡しさせていただき、残金56,893円はBOXの寄付と一緒にしました。

イメージ


その他にも、BOXを購入いただいた際に
多めにお振り込みいただいた22名の方々のご寄付68,652円なども一緒に合わせて
下記の通りとなりました。




■A■■にゃんにゃんBOX240セットの総売上げ額:784,700円
    <2,800円×217セット + 7,700円×23セット> 

■B■■にゃんにゃんBOX発送でかかった送料:38,363円
    <ゆうメール217個 19,490円  + ゆうパック23箱 18,873円>

■C■■猫十字2番の残金:56,893円
<猫十字でにゃんにゃんBOXの経費としてご支援いただいたお金よりかかった経費を引いたもの>

■D■■にゃんにゃんBOXのためにお送り頂いた3名様からのご支援:25,000円

■E■■にゃんにゃんBOXの購入の際に多くお振り込みいただいた22名様からのご寄付:68,652円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○寄付額合計:896,882円
 BOX総売上額(A) 784,700円 - 送料(B) 38,363円 + その他の寄付(C+D+E)= 896,882円
○4カ所への各寄付額:896,882円 ÷ 4 = お一人様 224,220円



今年は・・BOXの価格を上げたこともあって
今までで最高額の90万近い寄付が可能になりました。
そこで、お渡しさせていただく人数も
一カ所多く4カ所へ支援することができましたっ!!




支援先はまたいつものように・・
マイ太郎さんと何度も話し合って
悩み悩んで今年は次の方々へお渡しいたしました。
(どうやって決めてるのかは・・昨年の記事を参照してください


イメージ
イメージ



埼玉県で活動されている小梅さんへは
一昨年よりお渡ししており今回で3回目となりますが
相変わらず保健所からの引き出しもかなりの頭数されていて
常時里親会も開催して殺処分されそうな多くの命を救っています。

イメージ
※写真は小梅さんよりお借りしております


現在、里親募集ができてる子は・・
ニャンコ22匹 ワンコ17匹となっています・・



また、常時「一時預かり」「里親会の手伝い」「保護動物を車での運搬」などの
ボランティアさんも募集していますが・・
「里親募集サイトへ定期的な募集記事掲載」をしてくれる方も求めておりました。


確かに!これってここまで手が回らなくなるよにゃぁっ・・


埼玉の川越近辺でお手伝いが可能な方は
ぜひぜひ!小梅さんの手助けをお願いしまぁ〜っす!






イメージ
イメージ


支援金をお届けするのは2回目となりますが
とにかく!長崎猫の会は近隣から依頼を受けて行うTNR頭数がとても多く
今までに1,000頭以上も避妊去勢をしているそうです。


保護譲渡においては、多くを里親さまが費用を負担する体勢になってきていますが
TNR費用だけは、どこからも入らないので支援金だけが頼りな活動です。

このTNRだけ見ても8月で30万ちょっと、9月は20万っと・・
毎月のTNRの負担額が大きいのがわかります。

イメージ
※写真はろーずまりーさんよりお借りしております


毎年長崎猫の会では購入すると支援になるカレンダーも販売してますが
これをにゃんにゃんBOXの中身として
今年はマイ太郎さんのお母様が提供してくれてたよにゃっ!


イメージ


そして、この会の中心となっている「ろーずまりーさん」は・・
みなさんご存じ!「こはる日和」を書かれているお方でありまする!


現実はすごく大変なことや悲惨な出来事も多いと思うのですが・・
保護っ子達に楽しくスポットライトを当ててあげることで
譲渡へとぐぐっと結びつけられているのを感じます。

これって、ものすごく重要で大事なことで
保護っ子に光を当てて上げることは
特にネットを介した譲渡活動には一番必要なことなんだよにゃぁ。。


必要だとわかていてもこんな風にはなかなか・・
簡単に出来るものではにゃいですっ!!



とにかく!愉快で楽しい日記ですぅ〜♪

その一コマをご紹介です!
(写真は全てろーずまりーさんの許可をいただきお借りしてます)
イメージ


イメージ

イメージ

イメージ


ファンが多く、はまる読者が多いのはうなずけまする。。

もっと読みたくてうずうずしちゃった人は・・







イメージ
イメージ


時折、譲渡会のお手伝いに伺った際には
記事にしているのでご存じかと思いますが・・
来月の15日で結成1年となります。



イメージ

ちょうど今月の3日に行われた22回目の譲渡会へ行ってきました。

お天気が良かったせいもあってか
たくさんの人が足を止めていました。



そして感じたのは
1年前とは明らかに違って
「HPで見たあの子に会いたい!」と来られる方や
支援者が物資を持って来てくれたり
確実に地元で認知されてきていると思いました。

イメージ


この子は・・
ちょうど前日に保健所から引き出されたケン君

イメージ

性格も穏やかで、無駄吠えなどせず、カミ癖があるわけでもなく
大勢の人がいっぱい居ても、まったく吠える事も無く、
健康状態もバッチリで・・

そんなケン君が殺処分されることに耐えられず・・
メンバーが引き出ししてきました。


すると・・幸運にも・・
長年飼っていた子を見送り
新しい家族を探しているという方からの連絡があって
岩手から車でケン君に会いに来てくれました。

イメージ

和装の素敵な女性とご対面・・

二人はすぐに相思相愛になって
トライアルが決まり、その後正式譲渡となりました。



また・・
この日はなかなかご縁がなかった三毛猫ぷっすちゃんにもお声がかかったり・・
TNR中に保護した子猫2匹もペアで決まり・・
嬉しいお知らせが相次ぎましたっ!

イメージ


でも、他にも保健所引き出しの
マルチーズのまる君や・・
シェルターに居る子達など・・
ご縁を待っている子がいっぱいいます。

イメージ



冬の宮城はとても寒くて譲渡会は3月までお休みとなるので
これからネットでの広報活動がさらに重要になります。


イメージ


わんにゃん輪っかの新しいHPを、現在我が家で急ピッチで作っていますが
早くアップできるように・・
この子達の明るい未来を引き寄せるためにも急がねばっ!!







イメージ
イメージ


今回、初めて支援させていただいたの「福猫舎」さま。。


福猫舎」を立ち上げてから・・
今も・・この瞬間も・・
猫達に自分の時間と身体の全てを捧げ続けている彼女の事を
知ってる方も多いかもしれません。

「福猫舎」という名前を知らなくても・・
「犬班A」という彼女のHNの方が「あっ!」って気付く方も多いかも。。


東日本大震災の直後から、当時東京に住んでいた「犬班A」さんは
個人ボランティアで現地に入りました。




そこで見たこと...
触れたこと...
そのすさまじい光景に溢れる涙を流し続け無力感に襲われながらも
決してひるむ事なく、目の前の助けを求める命を振り払わずに引き受けてきた彼女。。


何度も、何度も、
身体全身に襲いかかる無力感・絶望感に打ちのめされならがも
手を止めず・・諦めず・・
警戒区域の福島に残された犬猫達の
「生きたい」「助けて!」というすさまじく強烈な叫びに
目を背けずに全身全霊で受け止めてきた「犬班A」さん



東京での生活を全て捨て去り・・
実家の福島の会津へと移り住んでから
福猫舎」として活動を開始し
さらに福島県郡山市にハウス型シェルターを設置して
ここに一人で住み続けながら、現在およそ90匹のお世話をしています。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております



「当初保護は45匹までが自分で設定したラインだったんだけどね・・」っと
電話口で笑いながら話す彼女。。


でも・・この現場は普通の状況下ではありません。

我々の周りで野良として生きてる子は
ヒトが生活している暮らしの中だからこそ
なんとか生きていくことが出来ますが・・

飯館村などの人が居ない避難区域に残された子達は・・
彼女達ボランティアが居なくなったら・・
生きていくことは困難です。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


明らかに・・
この場所では・・やすやすとキャパのラインは
粉砕されちゃうよにゃ。。



そして今!さらに新たな厳しい現実が突きつけられています。

それは・・
来春の飯館村の村民避難指示解除に伴って
猫達が生きてこられた唯一の餌場や寝ぐらになっている家屋、納屋などの
解体作業が急ピッチで行われています。

このままでは命を繋いでいた餌場を失って
厳しい冬を越す事ができなくなり
これまで歯を食いしばって、ボランティアの方々が必死に守ってきた
猫達の命を見殺しにしてしまうことになります。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております



そこで現在、緊急に捕獲器をかけて保護しているために
シェルターでの保護も増えているのです。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


なんとか!
一匹でも多くの命を救うために
これからやって来る厳しい冬が来る前に・・
マイナス10度の凍てつく寒さと雪で一面が覆い尽くされる前に・・
一匹でも多く守り続けてきた命を救いたい!!!

その一心で彼女達は懸命に動いていますが到底限界は越えています。





もしも・・
この子を1匹でも・・っと名乗り出たいと思われた方は

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております



彼女が大震災を機に、過去を切り離して
今に至った経緯や気持ちが
二つの記事に書かれているので
時間がある時にぜひ読んでみてください。


イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております



■■ある日の彼女のブログより・・

「トータル85匹にちゅ〜るをあげて、喧嘩にならないように仲裁しつつ、
もっともっとと強請りに来る子たちをかき分けて、
要した時間はなんと4時間…ふへぇ…疲れたよーw。」


「時間がかかり過ぎていたから途中で止めようかと思ったけど、
いんや今日は全員満足するまであげると決めたんだから…と頑張ってみたら、
100本入りと60本入りのボックス入りのちゅ〜るが空になり、
エナジーちゅ〜るにした子もいるから、
トータル200本以上がみんにゃさんの腹の中w。」

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


一つでも多くの命を助けるために
捕獲器を設置しながら回る圏内レスキューの時は・・
給餌用のフードを350キロも積み走り回ります。
イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております



福猫舎のもう一人のメンバー「日比さん」も
震災後に個人ボランティアで兵庫から福島に移り住んだ方。


彼は毎日、毎日・・飯館村へ通い続け給餌活動をしている方ですが・・
給餌と一言に言っても、生易しいものではないことが
彼のブログからわかります。

人が居なくなって荒れ果てた大地では、
給餌したフードを、ただ、そのまま置いてくるだけでは
タヌキやハクビシンなどの野生動物に
その多くを食べられてしまいます。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


それを阻止するために、監視カメラを設置して分析し、
どうすれば野生動物達に奪われないようにできるのか?


イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


現状を随時把握しながら、設置場所を工夫したり、
給餌用のBOXを何度も改良して作ったりと・・
その膨大な努力によって、飯館村の猫達は命を繋いできました。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております



震災から・・もう5年9ヶ月も経っているのに・・
まだこんな現状に置かれている被災猫たちがいます。


そして・・
ボランティアの手が明らかに減ってきている現在・・


ここに残された命を決して見捨てることなく
今も24時間フルタイムで突っ走っています。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております

5年9ヶ月という月日によって
保護した子達の命の看取りも増えていき・・
キャリアっ子達の治療や、保護直後の治療などなど・・
半端ない頭数を抱えて
病院通いも365日の日課


イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


その膨大な治療費は寄付によって支えられています。

フードの支援、猫物資の支援、寄付・・

どれが一つ欠けても命を繋げられなくなります。


イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


彼女が電話で発した

「絶対にこの子達をひもじい思いはさせません!
きちんと医療も与え、清潔に過ごせるようにしてます!
それは『意地』です!」

単に可哀想・助けたい・・のキレイゴトの感情だけでは
到底続けて来れなかったであろう数々の苦労が
その『意地』という言葉にギュッと詰まっている気がしました。

それを明るく言ってのける「犬班Aさん」

終わりがいつ訪れるかわからない、まだ見えない出口まで
きっと・・この『意地』という力が
彼女を引っ張っていくんだろうなぁ。。

その『意地』を途切れさせないためにも
我らにできる後方支援をしていきたいと
心に強く宿りました。

イメージ
※写真は福猫舎さんよりお借りしております


にゃんにゃんBOXが今年も無事に終わり
こうして九州〜東北の各地で
みんなが愛して止まない犬猫たちを救うために全力で奮闘している方々へ、
そして・・不遇な犬猫達へ
支援を届けることができたのは
にゃんにゃんBOXを支えて応援していただいた
多くのみなさまのお陰です!


心から・・心から・・
深く感謝の気持ちを込めて・・

ありがとう。。ありがとにゃぁ。。

また来年もよろしくお願いいたしますっ!

イメージ

転載元転載元: 三毛猫にゃん太

この記事に

全230ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事