neko-shippo ののほほん日記

「ハーボニー」スタート、後遺症に甲状腺だって。。。

最新記事

すべて表示

猫のキー・ガスケル症候群 byジミー


『ジミーの病気について』
年末にジミーの体調が悪くなり
かかりつけの動物病院で検査してもらったところ
レントゲンには食道から胃にかけて
発酵したガズが溜まり動いていないことがわかりました。

先生から
「これをしたら(治療したら)確実に治る」という
治療法が無いんだよって言われました。
食事が摂れなくなりと衰弱してしまう恐れがある為
食事をしたらその都度15分縦だっこで食べた物を
胃まで落りるようにしてあげるか、
縦だっこが大変ななら(体重が7kgもあるから)(^^;;
縦座りができる大きさの筒の中に
入れてあげてくださいとアドバイスいただきました。

円筒形のゴミ箱に袋状に縫ったフリースを
入れてそこに食事の済んだジミーを入れています
こんな感じに^ - ^
かわいそうだけど今のところ未消化の
フードの嘔吐は止まっています

先生からお話を聞きながら
『うぎゃあ〜』と恥ずかしながら大泣きました😱😨💦
きっと猫の神様がジミーのこと
見守ってくれていると思っています。



猫のキー・ガスケル症候群(Key-Gaskell syndrome)とは、
原因不明の自律神経失調症のこと。
 
自律神経(じりつしんけい)とは「交感神経」と
「副交感神経」が対になって機能している神経系で
「発汗」、「立毛」、「消化器の運動」といった意志では
コントロールできない部分の体調管理を担っています。
この病気は、1982年にイギリスで初めて報告された後
ヨーロッパ、アメリカなどでも散見されるようになりました
症状としては以下のようなものが挙げられます。
猫のキー・ガスケル症候群の主症状
  • 元気がない
  • 食欲不振
  • 便秘
  • 食後の嘔吐
  • 涙の分泌減少とドライアイ
  • 唾液の分泌減少と口臭の悪化
  • 散瞳(瞳孔が開きっぱなし)
  • 瞬膜の露出
  • 腹部の膨張
  • 食道アカラシア
  • 徐脈

イメージ 1




今日も読んでいただきありがとうございます














その他の最新記事

すべて表示

こんにちは。 早いもので、11月15日ですよねぇ 10月の採決結果もウイルス検出せずでした。 アンデミルミルでスヌードを編み始めて 出来上がり段 ...すべて表示すべて表示

こんにちは。 先日、Amazon見てたら『アンデミルミル』の 新刊本が発刊されていました📖 アンデミルミルファンの私❤ 購入し ...すべて表示すべて表示

アンデミルミルで、アクリルたわしを作ってみましたd(^_^o) 『赤パプリカ』のつもりが『りんご』可愛いや〜んって 友だちに言われちゃいました 。。。。 トホホ ...すべて表示すべて表示

ブログリンク

更新

にゃんこのばあやの日記

今年も子猫シーズン開幕

花粉、乾燥、寒暖差を「春の3K」と気象予報士さんがうまいことを言っていました。今日はまさに暖かく風もあり、その花粉がジャカスカ飛びまくった一日でした。...

未登録です


.


みんなの更新記事