ここから本文です

書庫福岡市長ブログ

すべて表示

 「HAPPY BOX」は、福岡市立内浜中学校 花岡 桜さんの提案で始まった、学校のみんなに笑顔を広げ、いじめゼロをめざすチャレンジです。生徒の皆さんがうれしかったことなどを「HAPPY CARD」に書いて投稿すると、昼休みの校内放送で紹介され、一人のハッピーを共有することで、みんなのハッピーに広がっていくという取り組みです。すでに、他の小中学校約50校に広がっています。
イメージ 2

 私自身も定例会見等で、市民の皆さんが元気に、笑顔になるような、このまちに住んでいてよかったなと思っていただけるような発信を心がけてきていますので、「いじめゼロサミット」の時に、その取組みを聞いて、非常に素晴らしい取組みだと感じました。
 そして、福岡市でも、ひとり一人のうれしかったこと・よかったことを、多くの市民の方のうれしかったこと・よかったことにできたら素敵だなと思いました。
 そこで、私が、直接花岡さんに、ぜひ福岡市政だよりでも「HAPPY BOX」と同じような取組みにさせていただけないかとお願いし、了解をいただきましたので、今度の4月から、福岡市政だよりでも、同じように「ハッピーボックスコーナー」で市民の方のうれしかったこと、よかったことを紹介することにしました。
 内浜中学校でも、そして、福岡市全体でも、「HAPPY」と、笑顔の輪が広がっていくことを願っています。

 国家戦略特区を活かしてこれから30棟のビルの建て替えを促していく「天神ビッグバン」プロジェクトの建替え第1号「天神ビジネスセンター」の概要がいよいよ明らかになりました。5棟のビルが一つにまとまって、素晴らしいデザインのビルができます。 
イメージ 1

 福岡には警固断層がありますが、天神ビジネスセンターは免震構造が採用され、ビジネスの誘致の面でも、市民の皆さんにとっても、安全・安心が確保されたビルになる予定です。
 この天神ビジネスセンターをきっかけにして、天神ビッグバンの民間の動きがますます加速することを期待しています。

■1月4日 定例会見の動画はこちら↓

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事