ここから本文です
ふるぼうのページ 別館へようこそ!
長らくピンクリボンの背景を使ってきましたが、唐突に変えてみました。アドベンチャーワールドの海浜と陽浜(2013年撮影)です。

書庫全体表示

宮殿

イメージ 1

イメージ 2

今日は私と娘は松山の友達ご一家と一緒にドライブでした。同じ病気を体験したママ友達です。

午前中、私たちが滞在している義父母の家の前まで車で迎えに来てくださいました。今日のドライバーはパパさんです。
(ちなみにうちの夫は明日の義母の還暦のお祝いのプレゼントを義弟たちと「3兄弟」で買いに行くために松山市内へ出かけました)

松山道を一路新居浜へ。行き先はどこにでもありそうなフードコートなのですが、実はここには全国的にも珍しい「じゃこてんバーガー」なるものがあり「めざましテレビ」の大塚さんが食べに来たと言うのです!

さっそくじゃこてんバーガーセットをオーダー。娘はじゃこてんうどんです。

テリヤキソースのようなタレを絡めたじゃこてんとシャキシャキレタス、辛子が絶妙なコンビネーションでした。
最近の「メガ指向」に比べるとヘルシーかも。

で、ここでおしゃべりが弾みまして「次どこ行こうか」となりましたが新居浜で子供たちがこの寒い中喜びそうな場所も思いつかず、今治の方を回って戻ろうということにしました。

その時私は思い出したのです。

「今治って、宮殿があるんじゃない?」

携帯のインターネットとカーナビを駆使して「宮殿」の場所を探しました。そして今治の港のすぐ近く、造船所の並びに目指す「宮殿」を見つけたのです!

その宮殿とは「日本食研 KO宮殿工場」

CMで見たのです。晩餐館の焼き肉のタレ(焼き肉焼いても家焼くな〜♪というアレ)を「宮殿工場」で作ってるというのを。ホントに工場の建物が宮殿になってるというのを。

私は新婚旅行でベルサイユ宮殿を見ました。
2003年の夏、夫とロンドンに旅行してバッキンガム宮殿を見ました。

それらにも劣らない「宮殿」が目の前にある!
(この宮殿工場、他に食文化の博物館などもあり見学は要予約なのですが、庭園から宮殿工場を見るだけならタダでできるのでした)

♪ああ、宮殿、宮殿、焼肉のタレ〜♪は本当だったよー!!

宮殿の前は「オーストリア式庭園」です。
一見優雅な雰囲気が漂う庭園のそこかしこに「ウシ」がいるのです。エプロンをつけた「晩餐館」のウシです…

娘たちは寒空の下庭園を思いっきり走り回っていました。

私たちは感動して笑いながら庭園を散策し宮殿を眺めました。その感動はベルサイユ宮殿やバッキンガム宮殿を見学した時とは大きく異なるものでした…
今治を訪れる機会があったら話のタネに見学をオススメいたします。
写真は横浜に戻ったらアップしますね。

夫の実家に帰省する期間に楽しい時間を過ごせる友人たちにはいつも感謝しています♪普段の育児の中ではしない病気の話が出ても、お互い経験したから話せることもあるから。また次回会えるのを楽しみにしています。

ちなみに「KO宮殿工場」のKOとは日本食研の社長のイニシャルだそうです。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事