フォルクス君が行く!!

のんびり空冷ライフ!最高っ。。
CB Performance Black Box導入を決めてから約半年。

MSDのトラブル解明に時間を取られて実現できずにいましたが
ようやく作業開始。

仮配線して、初期セッティング完了。

イメージ 2


イメージ 1




呆気なく掛かって一安心。

とりあえず、プリセットされていたマップで走行して見る。

感想としては、特に3速のトルクが大幅に改善されて、乗りやすくなった。

全体的には、無難な設定なのかも。

もう少し攻めてもいいかな。

少しづつ設定していきますかね〜。

この記事に

開く コメント(0)

デスビのアースを増設

アドバイスをいただいたデスビのアース増設。

アース無しで、デスビのベースプレートからバッテリーのマイナス間の抵抗値は0.0〜0.1くらいだったので、特に問題はない数値。

しかしながら、何があるかわからないので、デスビにアースを増設する。外して、各所を清掃チェック。
イメージ 2


ピックアップのプラス配線の被覆が切れていた。
(赤線の真ん中あたりの線が入ってるところ)

イメージ 1

あけといてよかった。配線を処理をしてアースも同じスリーブから通した。イメージ 3

イメージ 4

これで、当分は安心かな。


※午後の部追加。

次のステップを考えて、作業をば。

進角固定でございます。今回はピアノ線でチャレンジ。

イメージ 5

硬くて、結構大変。。普通の針金でよかったかも。。笑

ローターと、キャップのチェック。イメージ 6

一ヶ月くらいなのに緑青がすごい。。
シコシコ磨きました。

早速取り付けて、点火タイミングは目視で適当合わせて試走。

エンジンがあったまってきたところで、タイミングライトを当ててみるとだいたい狙った辺りの、30度。

2度ほど遅らせて28度で固定にしました。

街乗りするなら、進角固定の方が乗りやすいんじゃないかなーって思ったりして。

そんなこんなで次のステップへ進みます。。

今日も楽しかった。。。

この記事に

開く コメント(0)

謹賀新年。。

あけましておめでとうございます。
本年もBUS共々よろしくお願い致します。

昨年から引き続き、MSDのトラブルについての続報でございます。

仮配線で問題のなかった点火系ですが、配線を一つにまとめると症状が出るという、
ことが判明。。

イメージ 1


ピックアップ配線は動かしても改善しなかったのですが、タコ配線を動かすと改善したので、これはなんかあるなと思い、コイル電源、デスビピックアップ配線。タコメータ配線を別々に取り回すことにしました。

イメージ 2

イメージ 3

すると。。

不具合改善。。。

なんとなく、思っていたノイズが悪さをしているというのはあながち間違い無かったのかな。。

そういうことで、ひとまず決着。。

今年もよろしくお願い致します。。。

この記事に

開く コメント(0)

点火系のトラブルを解消すべくいろいろ奮闘しているわけですが、
念のためMSDのプラグコードを発注。

到着する前に、点火周りの配線やリークのチェックをしてみることにしました。

プラグコードは特にリークしてるような後は見当たらなかった。
端子の金具に若干錆が出ていたがその程度。。
クリーニングして終了。

イメージ 1


5年前に購入した予備達をスタンバイ。
トラブルを追求する為に、まだ交換はしません。。
イメージ 2

 
プラグコードを元に戻して、ブーツがきつめなのでお湿りさせて、しっかりと「カチッ」というまで差し込み始動してみる。。
PERTORONIXの点火システムだと、何ら変化なし。

MSDをチェック。
プラグコードの緩みとかもあるかもなので念のため。

コイルのセンターコードの差し込みが若干緩い気がしたので、
端子を調整してしっかりハマってることも確認。

ダメな可能性もあるので仮配線で接続。。
イメージ 3

KEY ONしてみる。

やはり問題なく始動する。

念のため見た目の問題はないか確認。
MSD本体のLEDランプもちゃんと点灯している。

アクセルを煽ってみる。。スムーズにエンジンは回っている。

いけそうなんで、試運転。

念のため、信号のたびにアイドリングストップしてみるがトラブルは出ない。

うーん。。調子が悪いとは到底思えない。

なんなんだろう。。

家に帰り、今回のことを最初からいろいろ考えたのだが、
問題はデスビ側のセンタープラグの差し込みが甘かったのではないかと推察する。

イメージ 4

なぜかというと、
今回抜いた時に、やけに簡単に抜けたような気がしたのだ。

思い返せば、デスビキャップを外してもデスビ側のセンターコードは抜かずに作業している事が多かった。

ブーツ部分はかなりキツイ為、なんかの拍子でプラグから端子が抜けても、ブーツの力で外れることはなく、端子が触れているだけという可能性は十分ありうる。

コイル側だけ抜いて作業して、元に戻した直後は若干接触が良くなって調子が戻ったようになっていたのかもしれない。

とコジツケてみる。。笑

しかし・・・・MSDだけで症状が出るのがなんか解せない。

ということは、コイル側の端子を広げたことがよかったのか? 

うーむ。。良くわからん。。

当分様子見だな。

この記事に

開く コメント(0)

点火系のチェックへ箱根にでもドライブしよう!!!

プラグを交換してやる気満々。。。

始動して。。。

いいねーーーっ。トルクフルだぜ。。。


最初の信号待ち・・・・・

発進しようとしたら、吹けない。。
「ババっバババーーーー」

MSDの抵抗カンケーねーのかヨーーー。。

我が子も慣れたもんで、「そこ左に入ればなんとかなる!!」と助言。。

スルスルと空き地に入り。。

「ちょっと待ってろ」と父ちゃん。。

10分ほどで点火系をPERTORONIXに入れ替え復活。。。

父ちゃん。。納得いかず。。。。笑

こんなトラブルじゃ動揺しなくなった自分が怖い。。。

順調に箱根強羅の温泉に到着。。

イメージ 1


白濁の温泉に浸かり満足満足。

速攻家に戻り妬け酒を煽り撃沈。。

日が変わり、今回の点火系のトラブルについて、考えていた。。
起こったことを思い出して見る。

1.エンジンはかかるしアイドリングもする。

2.アクセルを踏み込むと失火する。。

3.MSDだと症状が起こるが、PERTRONIXだと症状は出ない。

4.MSDでも症状が出る時と出ない時がある。

5.症状が出る時はエンジンをかけた瞬間から不調。

が主な症状である。

その上で、コイルは新品にし、配線の見直し、MSD本体の目視でわかる範囲の不具合は改善した。

それと、具体的にトラブルが起こったのは、バッテリーを新品に変えた時と思っていたが、もしかしたらゲリラ豪雨の時にエンジンが吹けなかった時のあれも同じ原因ではないか? などと思う。

以上踏まえた上で冷静になり一度考えて見る。

1・2の症状は、ご指摘いただいたように端子の接続不良や、リークなどの症状に非常に似ている。
プラグコードはいつ変えたか調べたら5年前だった。(そんな前だっけ。。)電解コンデンサの不良もあるか・・・

3は2次電圧のちがいからくるものか?

4・5を考えると熱からくるトラブルではないのは間違いない。

ひとまず基本的なプラグコードとプラグの見直しから始めて見るのも悪くないか。。。

なんてMSD自体のトラブルだったら泣けるな。。爆

正直よくわからん。。。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事