全体表示

[ リスト ]

女性でも加齢臭!? 女性の頭皮、臭いの原因とは

ちょっと気になる頭皮の臭い……これって加齢臭?ちょっと気になる頭皮の臭い……これって加齢臭?
最近、頭皮の臭いが気になって……というあなた! それ、加齢臭かもしれません。加齢臭は、男性特有の臭いだと思っていませんか。実は、加齢臭は、ホルモン分泌が減少し始める40代女性でも起こりうるものなのです。今回は、加齢による頭皮の臭いの原因とその対処法について、お話します

そもそも、加齢臭って何?

加齢臭とは、皮脂から発生する臭いのことです。臭いの主な原因はノネナールという体臭成分。ノネナールは、皮脂に含まれるヘキサデセン酸(脂肪酸の一種)が分解されることで発生します。加齢臭を抑えるためには、ヘキサデセン酸を減らすこと、つまり、過剰な皮脂の分泌を抑えることが大切です。
毛穴にたまった皮脂は、頭皮の保湿をしてくれる反面、加齢臭の原因にもなっています毛穴にたまった皮脂は、頭皮の保湿をしてくれる反面、加齢臭の原因にもなっています
頭皮の皮脂は、バターぐらいの濃さで、毛穴にたまっています。毛穴には、常在菌(ニキビ球菌、ニキビ棹(かん)菌、ブドウ球菌、マラセチア菌など)という、良い働きをする菌が存在しています。常在菌はリパーゼという脂肪分解酵素を持っていて、皮脂を食べて分解してくれます。分解された皮脂は汗と混ざり合って乳液状になり、頭皮に広がって保湿しています。

40代になると加齢臭の原因物質が発生!

しかし、40代になると、男性も女性も皮脂の中に、若いころにはなかったヘキサデセン酸が増加してきます。常在菌がヘキサデセン酸を含んだ皮脂を分解することで、ノネナールが発生します。これが、40代になると加齢臭が強くなってくる原因です。
男性の方が加齢臭が強いのは、皮脂量が女性よりも多いからです。合わせて、女性ホルモンが皮脂の分泌を抑える働きを持っているため、ホルモンバランスが正常な場合、皮脂が過剰に出ることがありません。ただ、加齢により女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが優位になり、皮脂が増えてきます。皮脂の増加、つまり、加齢臭の原因が増加するというわけです。
皮脂腺が多い身体の部位はどこか、ご存じですか? 顔面だと考える女性が多いと思いますが、正解は「頭皮」です! お父さんの枕から加齢臭がする……といわれる理由は、ここにあります。男性も女性も、皮脂腺が多い頭皮から加齢臭が出やすいのです。

活性酸素が引き起こす、皮脂の酸化

加齢臭の原因は、もうひとつあります。皮脂の酸化です。皮脂の酸化には、活性酸素が関わっています。活性酸素とは、酸素が活性化したもので、体内の細胞を酸化(=サビ)させます。
若いうちは、体内にある抗酸化物質が働いて、酸化を防いでいるのですが、40歳過ぎると、体内の抗酸化物質の働きが弱ってきます。これにより、皮脂の酸化が促進してしまいます。皮脂が酸化すると、動物性蛋白質が腐ったような臭いが発生します。活性酸素が増加する原因には、バランスの悪い食事や飲酒・喫煙、ストレス、乱れた生活リズムが挙げられます。
加齢によるノネナールの発生、皮脂の増加、皮脂の酸化。これらの要因が重なって、40代以降、女性の頭皮の臭いが気になってきます

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事