全体表示

[ リスト ]

ノンシリコンシャンプーの真実

「ノンシリコンは髪にいい」というイメージだけでシャンプーを選んでいませんか?
「ノンシリコンは髪にいい」というイメージだけでシャンプーを選んでいませんか?
近年、「髪にいい」という口コミで大ブームとなっているノンシリコンシャンプー。まるでシリコンが、髪と頭皮に悪影響を及ぼすかのようなイメージを持っている女性が多いようですが、実はシリコンはヘアケア製品だけでなく、化粧品にも使われていて、安全性が高い成分です。今回は、ノンシリコンシャンプーの真実について紹介します。

そもそも、シリコンって何?

ノンシリコンシャンプーとは、文字通りシリコンが入っていないシャンプーのこと。そもそも、シリコンがなぜシャンプーに配合されているかというと、シャンプーの洗浄剤で髪がゴワゴワするのを防ぐためです。シリコンは髪に吸着してスベスベ感をアップし、指どおりをよくする効果があります。

シリコンは、ジメチコンなど「○○メチコン」、ポリクオタニウムなど「ポリ○○」などと表示されます。ただ、種類が多様で、一般の方が成分表示を見てシリコンが入っているかどうかを判断するのは難しいでしょう。

シリコンは毛穴につまるってホント?

よくシリコンが「毛穴につまる」「髪や頭皮に吸着して膜をつくる」「アレルギーを引き起こす」などと言われていますが、そんなことはありません。

シリコンはシャンプーだけでなく、ファンデーションやサンスクリーン、化粧水、マスカラ、口紅など、多くのスキンケア化粧品に使われています。それらに使われているシリコンが毛穴につまったら……世界中の女性の肌は、たいへんなことになるでしょう。

毛穴につまるのは余分な皮脂や汗が混ざった汚れであり、シリコンだけではありません。シャンプーは洗い流すものであり、シリコンだけが毛穴に残るということは、とても考えられません。間違ったイメージで、シャンプーを選ばないようにしてください。 むしろ、シャンプーにシリコンなどの髪をスベスベにする成分が全く入っておらず、シャンプーの際、髪が摩擦することの方が良くないと考えています。

宣伝文句やブームにとらわれることなく、シャンプーは髪と頭皮にマッチするものを選ぶことが大切です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事