全体表示

[ リスト ]

ノンシリコントリートメントは意味がない!?

トリートメントの役割を考えると、ノンシリコンには疑問が……?
トリートメントの役割を考えると、ノンシリコンには疑問が……?
ノンシリコンシャンプーのブームとともに、ノンシリコントリートメントという商品も登場しました。ここで注意しなければならないのは「ノンシリコン」の定義。「シリコンが入っていない」ということで「ノンシリコン」と謳っている商品もあるようです。

つまり、そうしたノンシリコントリートメントには、シリコン以外の髪をスベスベにする成分や髪に被膜をつくる成分が入っている、ということになります。髪をスベスベにする成分が配合されていないと、トリートメントの役割を果たすことはできません。シリコン以外の成分の安全性は確認されているとは思います。しかし、最悪の場合、個人差はありますが、髪と頭皮に悪影響を及ぼすことがありますので、注意が必要です。

シリコンは安全性が確認されている成分であり、シリコンだけが髪や頭皮に残留して、何らかの悪影響を及ぼすことはありません。トリートメントに関しては、ノンシリコンである意味がないのでは?と、私は考えます。

宣伝文句やイメージだけにとらわれて、ヘアケア製品を選ばないようにしてほしいと思います。

あなたの髪と頭皮にマッチするシャンプー選びを

あなたの髪と頭皮にマッチしたシャンプーを選びましょう
あなたの髪と頭皮にマッチしたシャンプーを選びましょう
では、ヘアケア製品を選ぶ上で何が一番大事なのでしょうか。それは「あなたの髪と頭皮にマッチしているか」ということです。

そのシャンプーが女性の髪の悩みの原因!?」では、頭皮タイプによってシャンプーを選びましょうという提案をしています。自分の頭皮のタイプによって、シャンプーを見直してみてはいかがでしょうか。

自分の頭皮タイプがよくわからないという女性には、アミノ酸系シャンプーをおすすめしています。女性は25歳を過ぎると、頭皮から皮脂が出にくいドライ頭皮になる傾向にありますが、アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドで、髪と頭皮に対して低刺激である点(特長)がよいのです。

また、アミノ酸系シャンプーは洗浄成分が天然素材であることから、分解されて自然に還りやすいので、ヒトの身体だけでなく自然にもやさしいシャンプーです。


「ノンシリコン」という言葉やブームに振り回されることなく、あなたの髪と頭皮にマッチしたシャンプーを選んでください。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事