ジージャー・ヤーニン応援ブログ!

マッド・ウォーリアーズ 頂上決戦、発売決定!!

チョコレート・ファイター

すべて表示

いつか、どこかで

ふと、思います。 わたしが「燃えよドラゴン」のリメイクを思いつくのと同じように、いつか誰かが「チョコレート・ファイター」のリメイクを想像するのではないか、と。 そのときジージャーは、どこで何をしているのでしょう。 これからまだまだたくさんのチャンスが、彼女を待っているのだと想像します。 そのチャンスは、彼女をどんなふうに変え、成長させていくのだろうと、わたしは、果てのない夢をみます。 たのしみなことです。

その他の最新記事

すべて表示

募る想い

2016/12/31(土) 午後 9:19

そして、あっというまに1年が過ぎました。 わたしの見たどんなテレビにも雑誌にも、この1年、現在のジージャーの活躍をしらせる記事を扱ったものは無かったようにおもいます。 せいぜいが、端役のクレジットに載るだけ、それが、いまのジージャーの現実です。 みなさんは、これでいいんでしょうか? こういう現状で。 よくわか ...すべて表示すべて表示

愛の戦士たち

2016/9/6(火) 午前 8:02

先行しての発表では2016年末の公開予定とありましたが、やはりムリだったようで、2017年2月の公開を目指すこととなった「宇宙戦艦ヤマト2022 愛の戦士たち」。 以下、制作側コメントについての記事の抜粋です。 悲劇的で壮絶な結末が話題となった映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の展開を、新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」でも受 ...すべて表示すべて表示

物語りの終わりに。

2016/9/5(月) 午後 7:55

たゆまず、嘘と揶揄されそうな見本の繰り返しのなかに「希望」を描き続けること。 これが生きていくということなのでしょう。 かえりみて、実は「映画」というものの役割も同じであり、物語りとはこれほどに重い「娯楽」であるのだと、わたしは思うのです。 発しない声、それは実は「積極的な否定」なのだということ、おぼえておいてください。 カンケイない、なんて ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事